ワクチンの問題点 その2 ワクチンを受けないことが悪いことのように思わされている③

④「ワクチンを受けないと他の人にうつして迷惑をかける」

 

自分のことを差し置いてでも他人の迷惑にならないように考慮するという日本人の気質に訴える実に巧妙な意見と言えます。

まず、かぜなどのほとんどの感染症はいわゆるお互いさまであり、うつしあってお互いに免疫力を高めあうという側面があります。

 

一度感染症にかかると二度目以降は発症しないことを(狭義の意味で)免疫がついたと言います。
実は一度感染して免疫がついた人が、2度目以降に感染すると、発症しないまま免疫が増強されます(これをブースター効果と言います)。

 

ワクチンで集団での感染を防御してしまうとブースター効果が得られなくなり、免疫がすぐに消えてしまいます。

 

これによって実際に以下に示すような弊害が起こっています。

・本来子どもの病気が大人になってから発症する。
・母子免疫(妊娠中に母から子へ渡す免疫)が低下し続けている。

確かにワクチンを受けることで人にうつす(二次感染)ことを防げるものもあります。



しかし、ワクチンで防げる病気の項で述べたのと同様に、この場合でも病気の頻度、重症度、ワクチンの効果、副作用などを考慮する必要があり、二次感染予防のために何でも受ければ良いというわけにはいきません。



実際にどの感染症が人にうつすことで問題になるのでしょうか?

再び、具体的に現行のワクチンで見てみましょう。



まず、破傷風は感染者から他人に移ることはありません。

ヒブ肺炎球菌は常在菌であり、他人への感染を考慮する必要はありません。



日本脳炎も蚊が媒介しますが、患者から直接他人に移ることはありません。



 

さらに、繰り返しになりますが、BCGインフルエンザワクチンに感染予防効果はありません。



ジフテリアポリオは病気自体がありません。

 

風疹水痘(水ぼうそう)ムンプス(おたふく)は軽症の病気のため副作用などに目をつぶってまで人にうつすことを気にする病気ではないでしょう。

B型肝炎は母子感染以外が問題になることはないでしょう。

 

現行のワクチンに色をつけてみましょう。以上の理由で、色()のついたワクチンは必要ないでしょう。

BCG(肺結核)日本脳炎ジフテリア、百日咳、破傷風ポリオヒブ肺炎球菌、麻疹(はしか)、風疹、水痘(水ぼうそう)、ムンプス(おたふく)インフルエンザHPV(子宮頸がん)ロタB型肝炎

 

人にうつすという観点からもワクチンが必要な病気はほとんどないと言えますね。

 

長くなりましたので、今回のまとめをしておきます。
ワクチンを受けないことは決して悪いことでも、必ずしも他の人に迷惑をかけることでもありません。

 

自信を持ってワクチンを受けるかどうか選択しましょう。

私が上記のような指摘を受けた場合は以下のように答えます。

 

「私はワクチンという効果も完全ではなく、また、副作用も多く、安全性も定かでない方法は熟考して必要と思われるもののみを子どもに受けさせます。もちろんそれ以外の方法で最大限感染症に対する対策はしています。」



次回からワクチンの問題点 その3になります。

 

関連記事

no image

ワクチンの問題点 その3 ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない①

20世紀の医学上の最大の功績はワクチンと抗生剤であるという意見があります。 天然痘(死亡率約30%)という病気が、種痘というワクチンにより世界中から根絶された例を代表として、次々と開発されたワクチンが、人類の脅威となる重篤な感染症を制圧して行った救世主であると。 本当でしょうか?   私は、今ではワクチンほど効果が過大に評価され、副作用が過小に評価されているものはないと考えています。 一つずつ見て行きましょう。   1効果が過信されている   ① 歴史的にみてほとんどの致死的な感染症の大幅な減少(患者数、死亡率とも)はワクチン導入以前に起こっている   大正時代以前は様々な伝染病で毎年、数千~ […]

no image

ワクチンの問題点 その3 ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない②

前回の続きでワクチンの効果が過大に評価されている例を見て行きましょう。   ② ワクチンに感染防止効果がないのに効果があるとされている インフルエンザ、BCG(肺結核予防効果はない)   図12 2歳以下でのインフルエンザワクチンの効果(51論文 26万人以上のまとめ) 有効率 0% 図13 年長児でのインフルエンザワクチンの効果(64論文 40年以上のまとめ) 有効率 全くないかほとんどない 注 一般に疫学調査は期間が長ければ長いほど、人数が多ければ多いほど正確なデータとなります。   図14 BCGの肺結核、腺結核予防効果 有効率 0% 図15 0-2.5歳でのBCGの結核予防効 […]

no image

ワクチンの問題点 その3 ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない④

ワクチンの効果が過大に評価されている例の続きです。 ⑥ ワクチンで一時的に患者数を抑えても再び爆発的に患者数が増加することがある 図20 ナイジェリアでのジフテリアの報告数 ワクチン接種開始前から大幅に低下、その後、接種中にもかかわらず大量に発生 図23 ドミニカでのジフテリアの発生率 ワクチン接種開始前から大幅に低下、その後、接種中にもかかわらず上昇 図24 ドミニカでの百日咳の発生率 ワクチン接種開始前から大幅に低下、その後、接種中にもかかわらず上昇   デング熱   Natural Newsから引用。 デング熱ワクチン接種で一時的に患者の発生が減少するが、その後長期的にみれば、 […]

no image

ワクチンの問題点 その3ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない⑦

前回の記事の続きです。   同様の調査で、より明確な結果が出ている報告がいくつも存在します。 図34 VaccineInjury.info という団体による13,753名のワクチンを受けていない子どもでの病気の発症率 すべての病気で、ワクチンを受けていない子どもは、同年齢の一般の子どもの発症率よりも大幅に低くなっています。 例えば、自閉症をみてみますと、ワクチン接種軍は非接種軍に比べて約2倍の発生率があることがわかります。 図29,30 ワクチン接種の有無による小児期の病気の発症率の比較 ワクチン接種群では図のすべての病気の発症率が大きく上昇しています。   はじめに「およそワクチンほど効果( […]

no image

藤岡市でのワクチンのお話会終了しました

昨日は群馬県の藤岡市で「ワクチンのお話会」というタイトルで講演会を開いていただきました。   ワクチンのお話は明るい内容がほとんどなく、重苦しくなることが多いのですが、昨日は小さなお子さんたちが中和してくれたためか、なかなか良い雰囲気の講演になったと思います。   また、講演会後の懇親会ではワクチンのことを超えて少し深い話にもなり、楽しい時間を過ごせました。スタッフの皆様方、ありがとうございました。   私はもともと小児科医で、研究は「感染症学」「ウイルス学」「ワクチン学」が専門です。米国NIH(国立感染症研究所)に留学していた際には、ロタウイルスワクチンの開発にも携わっていたことがあります。 […]

PageTop