ワクチンの問題点 その2 ワクチンを受けないことが悪いことのように思わされている②

③「ワクチンで防げる病気があるのに受けないのは親の怠慢である」

ワクチンで防げる病気にVPDVaccine Preventable Diseasesという略名を付けてまでワクチンを推奨しています。


ワクチンで防げる病気があるのかもしれませんが、そもそも病気を防ぐことが必ずしも子どもや未来の子孫のために良いことなのでしょうか。

また、ワクチンだけが感染や流行を防ぐ手段ではありませんので、ワクチンを受ける以外の方法で最大限感染を防ぐ対策をします。

 

さらに、人にうつさないように2次感染に対する対策もします(次項にも関係します)。

・幼少児(特に6か月未満)では特に外出自体を控えたり、人ごみの場所には行かない。

・普段から手洗い、うがいなど基本的な衛生管理を心掛ける。ただし、なんでも滅菌、除菌することは良くありません。この事は、今後、微生物やアレルギーの項で詳しく解説します。

・発熱、発疹、かぜ様症状、下痢などを認めるときは登校しない。
・出席停止がふさわしい感染症のときは学校保健安全法施行規則(感染症が発症した時にいつまで出席停止にするかについての決まり)にのっとって欠席する。


ワクチンで防げる病気をさらに詳しくみていきましょう。


1)病気がほとんどない疾患にはワクチンは必要ないですよね(副作用は確実に発生します)。

ジフテリアポリオ日本脳炎


ジフテリアは国内では2000年以降疑い例が1例のみです。

ポリオは自然感染では1981年以降発症例がありません。

日本脳炎の年間患者数は10人以下で20歳未満は02人です。副作用で予防接種を中止していた期間(2006年~2009年)も患者数は増加しませんでした。


2)防ぐ必要がない感染症もワクチンの対象になっています。

風疹ムンプス(おたふく)水痘(水ぼうそう)ロタ


これらは軽症な病気で防ぐ必要がないでしょう(むしろ軽症な小児期に積極的にかかっておき、自分のためにも、次世代のためにも強い免疫を得たい病気です)。


3)常在菌は正常児にも普通に存在する菌で、健康児であれば、基本的に病気を引き起こすことはありません。常在菌を排除することが私たちの健康や環境に対して後にどのような影響があるか全くわかりません。

ヒブ肺炎球菌は常在菌です。


4)効果が定かではないワクチンもあります。

BCGインフルエンザHPV(子宮頸がん)


BCGに肺結核の予防効果はありません。

インフルエンザワクチンに感染予防効果はありません。重症化(脳炎脳症、肺炎)の予防効果もありません。


5)副作用の頻度や重症度が高い(副作用が効果を上回っている)ワクチンは受けない方が良いでしょう。

日本脳炎HPV(子宮頸がん)


日本脳炎の死亡を含む重篤な副作用は患者数を大きく上回っています。

HPVは約10万人のうち1人に有効なワクチンとされていますが、重篤な副作用は3300人に1人ほど発生します。


以上を踏まえた上で、現行の主な予防接種を列記してみましょう。


BCG(肺結核)日本脳炎ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオヒブ肺炎球菌、麻疹(はしか)、風疹水痘(水ぼうそう)ムンプス(おたふく)インフルエンザHPV(子宮頸がん)ロタB型肝炎


色のついているワクチンは上記の理由で必要ないと考えられます。


残ったもののうち、麻疹(はしか)は過去の病気で、現在は自然感染することはほとんどありません。私は20年以上小児科医をしていますが、今まで1人しか見ていません。


また、麻疹(はしか)は確かに熱が長く続いたりする病気ですが、現代の日本人の衛生環境と栄養状態で死亡などの重篤な状態になることはほとんどないでしょう。


B型肝炎は両親(とくに母親)がウイルスのキャリア(ウイルスを持ち続けている人)でなければ感染する可能性はほとんどありません。

現行の接種方法(両親がキャリアであった場合にのみ子どもに予防接種をする)で母子感染の95%以上を防いでおり、世界的にみても優秀な効果をあげており、全員が接種する必要はないでしょう。

 

どうでしょうか?このようにみると現行のワクチンのほとんどが必要ないということになりますね。


さらに続きます・・・

 

関連記事

no image

ワクチンの問題点 その3ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない⑦

前回の記事の続きです。   同様の調査で、より明確な結果が出ている報告がいくつも存在します。 図34 VaccineInjury.info という団体による13,753名のワクチンを受けていない子どもでの病気の発症率 すべての病気で、ワクチンを受けていない子どもは、同年齢の一般の子どもの発症率よりも大幅に低くなっています。 例えば、自閉症をみてみますと、ワクチン接種軍は非接種軍に比べて約2倍の発生率があることがわかります。 図29,30 ワクチン接種の有無による小児期の病気の発症率の比較 ワクチン接種群では図のすべての病気の発症率が大きく上昇しています。   はじめに「およそワクチンほど効果( […]

no image

ワクチンの問題点 その3 ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない①

20世紀の医学上の最大の功績はワクチンと抗生剤であるという意見があります。 天然痘(死亡率約30%)という病気が、種痘というワクチンにより世界中から根絶された例を代表として、次々と開発されたワクチンが、人類の脅威となる重篤な感染症を制圧して行った救世主であると。 本当でしょうか?   私は、今ではワクチンほど効果が過大に評価され、副作用が過小に評価されているものはないと考えています。 一つずつ見て行きましょう。   1効果が過信されている   ① 歴史的にみてほとんどの致死的な感染症の大幅な減少(患者数、死亡率とも)はワクチン導入以前に起こっている   大正時代以前は様々な伝染病で毎年、数千~ […]

no image

藤岡市でのワクチンのお話会終了しました

昨日は群馬県の藤岡市で「ワクチンのお話会」というタイトルで講演会を開いていただきました。   ワクチンのお話は明るい内容がほとんどなく、重苦しくなることが多いのですが、昨日は小さなお子さんたちが中和してくれたためか、なかなか良い雰囲気の講演になったと思います。   また、講演会後の懇親会ではワクチンのことを超えて少し深い話にもなり、楽しい時間を過ごせました。スタッフの皆様方、ありがとうございました。   私はもともと小児科医で、研究は「感染症学」「ウイルス学」「ワクチン学」が専門です。米国NIH(国立感染症研究所)に留学していた際には、ロタウイルスワクチンの開発にも携わっていたことがあります。 […]

no image

予防接種(ワクチン)を受ける前に考えてほしい事

今年の10月から、新たにB型肝炎に対する予防接種が任意接種から定期接種に変更になります。 それに対してネット上でも様々な意見が見られます。 良い機会ですので、私の予防接種についての考え方をまとめます。 ワクチンの講演会でいつも話していますが、まずは、予防接種についての基本的なことの確認です。 ①予防接種は定期接種、任意接種ともに義務ではなく、受けるか受けないかは保護者が決めて良い。 子どもが大きくなり、判断できる年齢であれば、本人の意思も尊重してください。 ②定期接種には保護者が打たせる努力義務が課せられていますが、努力義務は義務ではありません。 つまり、接種しようと努力すれば良いのです。 例 […]

no image

月刊「クーヨン」の今月号2018年9月号の記事

オーガニック系育児雑誌、月刊「クーヨン」の今月号2017年9月号が発売になっています。 今月号のクーヨンの特集は、「だっこ・おんぶを見直してください」です。 赤ちゃんの抱き方が、母乳の飲みからから体幹の発達、脳の育ちにも影響を与えています。赤ちゃんは、だっこやおんぶのたびに脳を覚醒させているのだそうです。はいはいと体幹の発達の関係、体幹と頭、心の発達の関係にも注目です。 私は子ども病院という連載の内科(小児科)部門を担当しています。今月号は「水ぼうそう」についてです。 興味のある方は、ぜひ今月号の「クーヨン」をご覧ください。 帯状疱疹の低年齢化が急速に進んできています。先日当診療所にも、ついに […]

PageTop