COVID-19の日本と米国の現状 2020年11/14の時点

前回の流行の際、使われる用語とほとんどの政府系機関やマスコミが使用している陽性数と私が計算している陽性率との解釈の違いを解説しました。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2860138790977788


今回の記事は、これを踏まえて、日本とUSA でのCOVID-19の状況を解説します。


はじめに、日本です(図1)。COVID-19の発生初期から現在(2/23〜11/14)までの陽性数、陽性率、死亡数の推移を図に示します。


検査陽性数でみると、現在、日本は現在第3波の始まりに入っているように見えます。 


まず第2波ですが、第1波に比べてピークで3倍程の大きな流行が来たことになります。これが本当であれば、死亡数もそれに比例して3倍程になっていなければなりませんが、実際には約半数程度になりました。


これは治療法が進歩したせいでしょうか?あるいはウイルスが弱毒化したせいでしょうか?それとも再感染だからでしょうか?もちろん、そのように解釈することもできます。


最も大切な点は、第2波時の検査数は第1波時の2〜3倍に増えていることです(正確には7月中旬くらいが境です)。


前回の記事に書いた様に、今回のCOVID-19は不顕性感染がとても多く、ウイルスがいるだけで感染も発症もしていない人が大量にいることが予想されます。


ですから、検査数を増やせば増やすだけ陽性数も増えることになります。つまり検査数が3倍になっているために陽性数も約3倍になっているだけと思われます。

そこで、陽性数/検査数を計算したのが陽性率で補正します。
陽性率で見ると、日本での第2波は第1波よりも少し小さめの流行が来たことになります。実際に死亡数との関係でも、陽性率の方が陽性数よりも明らかに死亡数の推移と近くなっており、こちらが流行の真の姿を反映していると思われます。


また陽性率の増加は、ほとんどの国で死亡数の増加に先行することが多いため、今後の死亡数の増加をいち早く予見することにもつながります。


第2波後の経過ですが、陽性数をみると、第2波収束後はくすぶり時期を経て、10月18日頃からそれ以上の大きな第3波が来ているように見えます。


くすぶり時期の陽性率も第1波後よりも第2波後の方が高い状態でくすぶっていますので、それを反映して死亡数も少し多くくすぶった状態で経過しています。


さらに10月18日頃から陽性率も上昇していますので、実際に第3波が来ているのは間違いないでしょう。上昇の程度も大きいので、この後、少し遅れた死亡数の上昇に注意する必要があります。流行後は例年のインフルエンザや海外の死亡率などと比較することも大切になるでしょう。


次に米国の状況です(図2)。


陽性数から判断すると、現在米国は、第1波とそれ以上に大きな第2波を超えた後も発生数は大きくは減少せず、そのまま第3波に移行しつつあるよう見えます。

つまり、感染は現在も拡大し続けており、全く先が見えない状態という解釈になるのではないでしょうか。


これに対して、陽性率の推移を見ると、大きな第1波があり、その後とても小さな第2波がありましたが、くすぶり状態が続いているだけに見えます。11/8より再び上昇傾向にありますので、今まさに第3波の始まりにあたると思います。そして死亡数は陽性数の推移とは全く異なり、陽性率の推移と完全に一致しています。


選挙期間中は、トランプ大統領はコロナ対策の不備が強調されていましたが、陽性率でみると、最近まで米国はCOVID-19の制圧は出来ていないにせよ、流行後のくすぶりがきているだけで大きな流行はきていません(注:くすぶりはずっと続くため制圧は出来ません)。


このように、現在世界中の政府や報道機関、論文などで示され、ロックダウンなど重要な政策を決める基準になっている陽性数は、流行の規模やトレンド、死亡数との関係など流行の本当の姿をまったく反映していません。


これまでに書いた記事のまとめは以下を参照してください。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2728645230793812
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

no image

PCR検査の問題点を詳しく説明します

PCR検査の問題点を指摘して、検査は当てにならない、意味がないなどと短絡的に結論を出している情報を見かけます。 検査にはそれぞれの特徴があり、必ずメリットとデメリットがありますが、一部の欠点があるから、検査自体が全く当てにならないというのは「思考停止」になります。 今回の記事はPCR検査の何が問題でどのように考えればいいのかの要点をわかりやすくまとめてみます。 まず、あらゆる検査を理解するために避けては通れない「検査の精度」について解説します。今回は専門用語()がわからなくても理解できる様に説明してみます。 検査の精度とは主に次の2点です。①もれなく見つけること(感度)②間違いなく見つけること […]

no image

ワクチンの有効率とは

ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンの第3相試験の中間結果が出ており、有効率90%だそうです。詳しい数字のデータは明らかになっていません。 皆さまはワクチンの有効率90%と聞いてどのような印象を持たれるでしょうか? 100人ワクチンを受けると90人の発症が防げるというのが一般的なイメージになるのではないでしょうか(図1)。 しかし、ワクチンの有効率という科学的な定義は全く違います。 ワクチン学での有効率とは、ワクチンを受けた場合、受けなかった時と比べて発症をどのくらいの割合で減らすかになります。 わかりにくいので、例を図2に挙げて説明します。文章だけでは難しいので、ぜひ図も見てください。 […]

no image

活動制限は第2波の発生や推移に関係していない?

8/19日の記事で、全世界のデータから第2波について検査陽性数と陽性率、さらに死亡数との関係をまとめました。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2781967135461621 前回の記事の結論を簡潔にまとまると以下になります。・陽性者よりも陽性率(陽性数/検査数)の推移が流行の真の実態に近い・第2波に見えても陽性率で補正すると第1波後のくすぶりであることが多い・補正でも第2波と考えられる国は3カ国だけであり、これらの国でのみ死亡数の再増加を認める 今回は、これに活動制限のデータを加えて第2波との関係を解析しました。 行動制限は①各国がと […]

no image

最も伝えたいこと

プロフィールにも書きましたが、私は、地域の勉強会や講演会で主に健康や医療に関してのお話をさせていただいています。   このブログでも、今後様々な話題を取り上げたいと考えています。例えば・・・ 病気の原因と対処法、自然流の生活、自然療法、予防接種(ワクチン)、薬、 アトピー・アレルギー、脱ステロイド、自律神経、 自然食、食養法、砂糖、牛乳、肉食、油、 自然農、発酵食品、微生物、経費毒、放射能、脳毒 など   テーマや内容にはとてもたくさんのものが含まれるのですが、実は、最も伝えたい大切なことはたった一つです。 「病気の原因のすべては自然に反した生活にある」ということです。 & […]

no image

欧州の超過死亡からみえるCOVID-19の真の姿・超過死亡② 「COVID-19第1波のまとめ②」

今回の記事は、検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)の方法や正確性に左右されない超過死亡のデータからCOVID-19の真のインパクトを推定してみます。 超過死亡についての解説は前回の記事を参照してください。 データは超過死亡の解析が詳しくなされている欧州の主要20カ国のデータのまとめサイトをもとにしています。 https://www.euromomo.eu/graphs-and-maps?fbclid=IwAR30F1u-9Rv1F9-_ebil6XYFojxBEyflM6wcBFCc-QSAvZg0uiacdgipeOw 日本の超過死亡の記事を書く予定だったのですが、大きな問題が生じています […]

PageTop