ワクチンの効果を公正に評価してみます

昨日の記事で「無効率」なるものを紹介したのですが、予想通り「難しい!」という声が相次ぎました^^https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2873076219684045

本日の記事は、とっても簡単です!

「無効率」は私が考案しました。なぜこのようなものを考えたかというと「ワクチンを受けなかった時」にどうなるのかの目安がなかったからです。「有効率」という言葉がトリックのような数字ですので、まったく逆のトリック的な計算をしてみたのです^^

難しく考える必要はありません。「無効率」とは、ワクチンを受けなかったらどのくらい損をするのか(発症しないというメリットが減るか)を数字にしたものです。

以下に実際にワクチンの第3相試験の結果を計算してみましょう。正式な数字は論文として出てくると思いますが、今回の数字とほとんど違いないと思います。

それぞれの言葉の意味は次のように考えてください。

有効率:受けるとどのくらい発症率が減るか

無効率:受けないとどのくらい発症しない率が減ってしまうか

接種必要数:1人の発症を防ぐのに何人の接種が必要か

①はじめに、ファイザー社です(図1)。ワクチンを受けた人、受けなかった人が約20000人ずつで、発症した人が、受けた人8人、受けなかった人162人です。

有効率95.1%無効率0.77%接種必要数130人となります。

つまり、このワクチンは「現時点で」以下のように解釈されます。

・「受けた場合」発症する人が95.1%の割合で減る

・「受けない場合」発症しない人がわずかに0.77%の割合でしか減らない

・1人の患者の発生を防ぐために130人にワクチンを接種する必要がある

②次に、モデルナ社です(図2)。

ワクチンを受けた人、受けなかった人が約15000人ずつで、発症した人が、受けた人5人、受けなかった人90人です。

有効率94.4%無効率0.57%接種必要数176人となります。

つまり、このワクチンは「現時点で」以下のように解釈されます。

・「受けた場合」発症する人が94.4%の割合で減る

・「受けない場合」発症しない人がわずかに0.57%の割合でしか減らない

・1人の患者の発生を防ぐために176人にワクチンを接種する必要がある

このように、有効率と無効率では、ワクチンの評価がまったく違うことになります。都合のいい数字だけを出すのは全くフェアーではありません。つまり、有効率という一方的な見方だけで受けるか受けないかを判断しないことが大切です。

新型コロナワクチンの接種が間もなく始まります。多くの人がワクチンを受ける前に、より正確に判断出来るように、ぜひ、この無効率や接種必要数を広めてください(ともに、ワクチンの推奨、反対に関わらずフェアーな数字です)。

どうぞよろしくお願いいたします。

より、詳しく知りたい方は以下を参照してください。ワクチンの有効率https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2861157144209286

ワクチンの無効率、接種必要数https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2873076219684045

この記事は、専門家も含めて議論出来るように数式なども入れたため少し難しくなりました。矛盾は一切ないはずですので、詳しく知りたい人は、何度も熟読してください。

これまでに書いたコロナウイルス関連の記事は以下にまとめています。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2728645230793812

関連記事

no image

「検査陽性と感染と発症の違いをわかりやすく説明します」

新型コロナウイルスでは「検査の陽性者」を「感染者」として報道されていることがほとんどで、これはとてもとても重大な問題です。報道機関をはじめ、医師や専門家がこのことを指摘しないことはそれ以上に問題と言っていいでしょう。 今回の記事はこれらをわかりやすく、明解に説明します。 ①検査陽性とはCOVID-19では、途上国を含め、すべての国で検査はPCR検査によるものがほとんどですので、ここではPCR検査陽性のことを解説します。 PCR検査陽性とはPCR検査でウイルスが検出されたことを意味します。PCR法は何を検出しているのかというと、ウイルス遺伝子(コロナウイルスRNA)の断片(全遺伝子=ゲノムのごく […]

no image

ワクチンの有効率とは

ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンの第3相試験の中間結果が出ており、有効率90%だそうです。詳しい数字のデータは明らかになっていません。 皆さまはワクチンの有効率90%と聞いてどのような印象を持たれるでしょうか? 100人ワクチンを受けると90人の発症が防げるというのが一般的なイメージになるのではないでしょうか(図1)。 しかし、ワクチンの有効率という科学的な定義は全く違います。 ワクチン学での有効率とは、ワクチンを受けた場合、受けなかった時と比べて発症をどのくらいの割合で減らすかになります。 わかりにくいので、例を図2に挙げて説明します。文章だけでは難しいので、ぜひ図も見てください。 […]

no image

西欧のCOVID-19の第2波は本当か?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2派が現在、西欧に来ているとされており、いくつかの国が2回目のロックダウンに入ろうとしています。 今回の記事は、以前から紹介しているデータの解析により、現在の西欧の現状をまとめました。 解析の結果を紹介する前に、今まで私が出してきた記事からわかることをまとめておきます。長いのですが、重要なこともたくさん書いていますので、ぜひリンク先も参照してください。・一つの流行は一時的には収束するが、患者の発生がなくなることはなく、第2波、第3波・・・はいつ来てもおかしくない・流行の第1波と第2波では(PCRの)検査基準などが大きく異なるため単純に数を比較でき […]

no image

東京テレビ「ワールドビジネスサテライト」に出演しました

昨晩、東京テレビ「ワールドビジネスサテライト」に出演しました。生出演ではなく、事前のZoom取材でした。 とても簡潔に編集していただいており、担当の方にも頑張っていただいたのですが、私のお話しした8割位はカットされています。 以下に補足します。 まず、ポビドンヨード(商品名イソジン)は・・・ ①粘膜(口腔内も粘膜)にも使える唯一の消毒薬である ②効果は高くウイルスにも細菌にも効果がある ③使用すれば、今そこにいる(口腔内、唾液などの)ウイルス量を少なくする効果はあるが、一方で、粘膜を傷つけたり、常在菌に確実にダメージを与える。 次に、イソジンの効果を考える上で大切なことは・・・ ①本来は、口腔 […]

no image

新型コロナウイルス感染症の重症化のカギはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)にある COVID-19⑨

新型コロナウイルスの記事を連続で書いています。 今までの記事のリンクのまとめをつくりました。ぜひ合わせてご参照ください。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2641620056162997 前回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化と獲得免疫系の関係の記事を書きました。今回の記事は、COVID-19の重症化のカギはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)にあることを説明します。とても重要な情報でCOVID-19の核心に迫ります^^ぜひ、今後の生活や考え方の参考にもしていただきたいと思います。 前回の記事の重要な点は以下の […]

PageTop