藤岡市でのワクチンのお話会終了しました

昨日は群馬県の藤岡市で「ワクチンのお話会」というタイトルで講演会を開いていただきました。

 

ワクチンのお話は明るい内容がほとんどなく、重苦しくなることが多いのですが、昨日は小さなお子さんたちが中和してくれたためか、なかなか良い雰囲気の講演になったと思います。

 

また、講演会後の懇親会ではワクチンのことを超えて少し深い話にもなり、楽しい時間を過ごせました。スタッフの皆様方、ありがとうございました。

 

私はもともと小児科医で、研究は「感染症学」「ウイルス学」「ワクチン学」が専門です。米国NIH(国立感染症研究所)に留学していた際には、ロタウイルスワクチンの開発にも携わっていたことがあります。

 

その時は、ワクチンで感染を防ぐことこそが最善の方法と考えていました。しかし、より総合的な観点から考えるようになった今は、ワクチンは自然に反していると考えるようになり、基本的には反対の立場です。

 

私自身、現在1歳5カ月になる息子がいますが、今のところひとつもワクチンを受けていません。

 

ワクチンは深く勉強すればするほど、デメリットしかなく、メリットはほとんどないことが分かります。にもかかわらず、ほとんどの人が、正しい知識もないまま盲目的(半強制的)に受けているのが現状です。

なぜでしょうか?

 

国、厚生労働省、市町村、保健所、専門家、医師、マスコミが一体になってワクチンの接種を強力に勧めています。これらをコントロールしているのが製薬会社(ワクチンメーカー)ということになるでしょうか。

 

そして、これらのいずれもが残念ながら本当の意味で子どもたち(大人もワクチンの対象ですので同様ですが)のことを考えていません。

 

自分たちの子どもや孫を守れるのはお父さん、お母さん、保護者のかたのみです。まず、勉強してください。一般向けの本もたくさん出ています。

 

案内がきたから、みんな受けてるから、保健師さんやお医者さんが勧めるから・・・。本当にそれで良いのですか?

 

残念ながら、医師や保健師・助産師でさえ、ワクチンのことをきちんと勉強し、理解している人は少ないのです。



自然派の立場からワクチンというものを考えれば、「ワクチン自体が不自然なものであるから基本的に受けてはいけない」の一言になります。



しかし、これだけでは何の事だかわかりませんよね。

 

前回も書いたように、このブログはどんな人にも分かるように伝えていくのが目標ですので、なるべく分かり易く解説していきます。

まず、何が不自然なのか?

 

1) ワクチンは自然に存在する微生物(ウイルスや細菌)あるいは遺伝子操作で人工的に作ったものなど、不自然に加工したもの(異物)を不自然(強制的)に体に入れる行為である。

 

2) 本来、様々な感染症にはかかるべき時期があり、ワクチンはそれをまったく無視している。

 

出産時、無菌状態で産まれてきた赤ちゃんは、様々な感染症にかかることにより免疫を獲得していきます。これはとても重要なことです。

 

感染症を自ら克服することにより、心身共に成長し、免疫を強化していきます。その重要な免疫系を作っている時に、強制的にワクチンを体内に入れることは、免疫系を混乱させ、後に不自然な免疫系がもたらす悪影響が出てくると考えられます。

 

3) 自然感染では強い免疫を得られるが、ワクチンでは免疫が十分得られない。

 

これにより、小児期にワクチンを受けてもすぐに免疫が切れ、成人での発生が増加している(製薬会社の思惑通りに何度も追加接種を勧める方向になることもある)

 

また、母親自体の免疫が十分でないため、母子免疫(生後6か月以内の乳児を守るため妊娠中に母親から子どもへ渡す免疫)が低下し続けている

 

4) 自然感染ではほとんどの病原体は粘膜(口腔内や気道など)から感染するが、ほとんどのワクチンは本来の感染経路ではない皮膚から直接体内に投与(注射)される

 

5) ワクチンには微生物以外にも様々な異物(不自然な物)が含まれている。

 

添加物・副作用含め、ワクチンを推奨する情報のみしか与えられていません。まさに不自然!!

 

などなど・・・

 

現代医療は問題点が山積みであり、ワクチンはその最も代表的なものです。今後、このブログでも様々な情報を提供していきますが、ワクチンの問題は色々なことを考えるきっかけになると思います。

 

命が助かればいい?今が良ければいい?今私たちがしている行動が未来の子供たちのためになっているのか。

 

しばらくワクチン関係の話題を続けていきます。

 

 

関連記事

no image

ワクチンの問題点 その2 ワクチンを受けないことが悪いことのように思わされている②

③「ワクチンで防げる病気があるのに受けないのは親の怠慢である」 ワクチンで防げる病気にVPD(Vaccine Preventable Diseases)という略名を付けてまでワクチンを推奨しています。 ワクチンで防げる病気があるのかもしれませんが、そもそも病気を防ぐことが必ずしも子どもや未来の子孫のために良いことなのでしょうか。 また、ワクチンだけが感染や流行を防ぐ手段ではありませんので、ワクチンを受ける以外の方法で最大限感染を防ぐ対策をします。   さらに、人にうつさないように2次感染に対する対策もします(次項にも関係します)。 ・幼少児(特に6か月未満)では特に外出自体を控えたり、人ごみの […]

no image

ワクチンの問題点 その2 ワクチンを受けないことが悪いことのように思わされている③

④「ワクチンを受けないと他の人にうつして迷惑をかける」   自分のことを差し置いてでも他人の迷惑にならないように考慮するという日本人の気質に訴える実に巧妙な意見と言えます。 まず、かぜなどのほとんどの感染症はいわゆるお互いさまであり、うつしあってお互いに免疫力を高めあうという側面があります。   一度感染症にかかると二度目以降は発症しないことを(狭義の意味で)免疫がついたと言います。 実は一度感染して免疫がついた人が、2度目以降に感染すると、発症しないまま免疫が増強されます(これをブースター効果と言います)。   ワクチンで集団での感染を防御してしまうとブースター […]

no image

ワクチンの問題点 その3ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない⑦

前回の記事の続きです。   同様の調査で、より明確な結果が出ている報告がいくつも存在します。 図34 VaccineInjury.info という団体による13,753名のワクチンを受けていない子どもでの病気の発症率 すべての病気で、ワクチンを受けていない子どもは、同年齢の一般の子どもの発症率よりも大幅に低くなっています。 例えば、自閉症をみてみますと、ワクチン接種軍は非接種軍に比べて約2倍の発生率があることがわかります。 図29,30 ワクチン接種の有無による小児期の病気の発症率の比較 ワクチン接種群では図のすべての病気の発症率が大きく上昇しています。   はじめに「およそワクチンほど効果( […]

no image

ワクチンの問題点 その3 ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない③

ワクチンの効果が過大に評価されている例の続きです。   ④ ワクチンを接種していないグループではなく接種したグループの方が流行の発生頻度がはるかに高いという報告が多数ある   ムンプス(おたふく)、水痘(水ぼうそう)、百日咳、麻疹、インフルエンザ 図16 アメリカでのムンプス(おたふく)の流行(2006年) ほとんど(92%)がワクチン接種グループで発生 図17 アメリカでの水痘(水ぼうそう)の流行 ほとんど(97%)がワクチン接種グループで発生(2001年 オレゴン州)   図18 アメリカでの百日咳の流行(1993年 オハイオ州) ほとんど(90%)がワクチン接種グループで発生 […]

no image

ワクチン(予防接種)の問題点 その1 ワクチンは義務だと思い込まされている

しばらくはワクチンの話題を続けますが、まずはワクチンの問題点について考えてみます。   まず重要なことですが、ワクチン接種は義務ではありません! 初めにこの事を強調しておきます。   ワクチンには市町村が勧奨する(勧める)定期接種と、個人が医療機関で受ける任意接種がありますが、ともに義務ではなく、受けるかどうかは親(保護者)が決めてよいということです。 子どもが判断できる年齢では子どもの意思も尊重するようにしましょう。   特に定期接種は義務で任意接種は義務ではないと思っている人がほとんどです。   任意接種の方が任意という名前がついているので定期接種の方は義務だと勘違いしてしまうのでしょうか […]

PageTop