最も伝えたいこと

プロフィールにも書きましたが、私は、地域の勉強会や講演会で主に健康や医療に関してのお話をさせていただいています。

 

このブログでも、今後様々な話題を取り上げたいと考えています。例えば・・・
病気の原因と対処法、自然流の生活、自然療法、予防接種(ワクチン)、薬、
アトピー・アレルギー、脱ステロイド、自律神経、
自然食、食養法、砂糖、牛乳、肉食、油、
自然農、発酵食品、微生物、経費毒、放射能、脳毒 など

 

テーマや内容にはとてもたくさんのものが含まれるのですが、実は、最も伝えたい大切なことはたった一つです。

病気の原因のすべては自然に反した生活にある」ということです。

 

さらにはっきり言えば、病気以外の現代社会の問題のすべて(政治、経済、教育、農業・・・)も「自然に反している」ことが原因なのですが・・・。

きわめて単純明快であり、このことさえ押さえておけば、本当は小難しい理論や理屈は一切必要ありません。

自分が何かの判断をするとき、どのようなこともでも、例えば、何を食べるか、何を着るか、どのように野菜を育てるか、何を使って洗濯するか、どんな仕事をするか・・・いろいろあると思いますが、

 

このとき、すべてに当てはまるのですが、自然に沿っているのか・反しているのかを考えるだけで選択を間違えることはほとんどありません。

このことをストレートにお伝えすると、分かっている人にはとても簡単に伝わるのですが、ほとんどの人はきょとんとします。

 

「そんなバカなー」とか「そんなの聞いた(考えた)ことない」とか「理論的に説明してくれないとわからない」とか「そもそも自然にそっている・反しているってどういうこと」とか「そうは言ってもねー」とか「そんなことできるわけない」とか「この人大丈夫?」などなど・・・

いろんな声が聞こえてきそうです。どれもまったくごもっともな感想だと思います。かく言う私もほんの7~8年前までは西洋医学のみの思考回路しかなく、自然のことなどまったく頭にありませんでしたから・・・

 

繰り返しますが、すべての考え方のベースは「環境を破壊せず、自然にそって暮らしましょう」ということです。つまり、最も大事で本質的なことはこの一点で首尾一貫しているということです。

このことを分かり易い例を示したり、時には理論的に、あるいは理論などどうでもよく(良い意味で理屈を超えてという意味です・・・)ありとあらゆる方法を使って、なるべく分かり易く誰でもが理解できるように説明・解説していくつもりです。

 

できれば、今までの常識や先入観をなるべく取り外して読んでいただければと思います。このブログの内容も鵜呑みにするのではなく、そのあと自分の頭で考えていただくきっかけになれば良いと考えています。

更新も不定期ですので、まとまりがないかもしれません。

 

また、テーマによっては厳しい内容にもなるかもしれません。しかし、厳しいことを含め、私の立場から真実を述べていくのも勤めと思っておりますのでご容赦ください。

一応確認ですが、私はありとあらゆる宗教およびそれに類する活動、特定の政治団体、その他の営利団体などとは一切関係ありません。

 

☆講演や勉強会などについて☆
健康・医療などに関するセミナーなどもお受けできます。

詳しくはプロフィールをご覧ください。

関連記事

no image

超過死亡とこれまでの様々な(公式の)報告値との関係・超過死亡③「COVID-19第1波のまとめ③」

超過死亡が病気の真の重要度を決める唯一の指標になることを説明してきました。これまでの超過死亡の記事は以下を参照してください。 ・超過死亡について・超過死亡① 「COVID-19第1波のまとめ①」 ・欧州の超過死亡からみえるCOVID-19の真の姿・超過死亡②「COVID-19第1波のまとめ②」 今回も超過死亡がはっきり示されている欧州のデータ解析の記事になります。誰にでもわかる様に解説しますが、マニアックな内容も含みます。数字を見ると頭が痛くなる方や統計に興味がなく簡単に理解されたい方は結論だけでいいと思います^^ 今回の記事の結論は、以下になります。 ①超過死亡の発生は死亡率が約150人/1 […]

no image

免疫のとても簡単なまとめシリーズ③「自然免疫系について」

シリーズで、できるだけだれにでも分かるように免疫の解説をしております。いままでの記事を読んでいただくと理解が深まります。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2805909419734059 前回、免疫系には大きく自然免疫系(通常時免疫)と獲得免疫系(感染時など災害時免疫)の2種類あることを説明しました。今回は自然免疫系について少し詳しく説明します。 自然免疫系は免疫という体を守るシステムのはじめのステップです。正確には、病原体(ウイルスや細菌)が入ってくる前から常に働いています。決まった相手ではなく、異物なら何にでも反応するのと記憶を持た […]

no image

甘酒づくり

先日作った米麹を使って甘酒を作りました。 作り方はとても簡単です。 もち米を普通に炊き、同量の米麹とお湯を加え、魔法瓶で一晩置くだけです。 たまには甘いものが欲しくなります。甘い物のとり過ぎはもちろん禁物ですが、甘酒には腸内最近を元気にするオリゴ糖がたくさん含まれています。 腸および腸内細菌を元気であれば、たまに甘い物とっても大丈夫でしょう。以前書いた甘酒の記事も参考にしてください。 https://shizenha-ishi.com/blog/food/48/ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/1786684838323194 htt […]

no image

子どもへのワクチン接種の副作用の明確な証拠が論文で示されています

日本でも着実に新型コロナウイルスワクチンの接種のための準備が進んでいます。厚生労働省のホームページにも明記されている通り、このワクチンの接種は任意です。受けるかどうかに答えはありません。 日本では子どもに対して、標準では13種類の病気に対する計28回のワクチンを摂取しています。今回は、子どものワクチン接種についてになりますが、ワクチンというものを考える際に少しでも参考になるデータをいくつか紹介していきます。 ワクチンには「安全神話」のようなものがあり、多くの医師や専門家もワクチンの副作用は「ほとんどないか、あっても大したことがない」と考えています。昨年(2020年)にワクチンの副作用に関する2 […]

no image

月刊「壮快」2019年5月号記事「日本人にとって小麦粉製品は主食ではなく嗜好品」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。今月号(2019年5月号)は連載第17回目 です。 戦後一貫としてあらゆる現代病、アレルギー、自己免疫疾患(膠原病)、がん、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)、うつ、自閉症、発達障害・・・がまさに激増しています。 これらの現代病は、日本では戦後から激増しています。病気は食事の影響だけではありませんが、食事から病気や健康を考察するときはこの視点がとても大切です。 先住民や原始人の食事から食事法を解説する意見もみられますが、その時代の食事や生活環境は想像や仮定のものであり、何でも言えることになりま […]

PageTop