最も伝えたいこと

プロフィールにも書きましたが、私は、地域の勉強会や講演会で主に健康や医療に関してのお話をさせていただいています。

 

このブログでも、今後様々な話題を取り上げたいと考えています。例えば・・・
病気の原因と対処法、自然流の生活、自然療法、予防接種(ワクチン)、薬、
アトピー・アレルギー、脱ステロイド、自律神経、
自然食、食養法、砂糖、牛乳、肉食、油、
自然農、発酵食品、微生物、経費毒、放射能、脳毒 など

 

テーマや内容にはとてもたくさんのものが含まれるのですが、実は、最も伝えたい大切なことはたった一つです。

病気の原因のすべては自然に反した生活にある」ということです。

 

さらにはっきり言えば、病気以外の現代社会の問題のすべて(政治、経済、教育、農業・・・)も「自然に反している」ことが原因なのですが・・・。

きわめて単純明快であり、このことさえ押さえておけば、本当は小難しい理論や理屈は一切必要ありません。

自分が何かの判断をするとき、どのようなこともでも、例えば、何を食べるか、何を着るか、どのように野菜を育てるか、何を使って洗濯するか、どんな仕事をするか・・・いろいろあると思いますが、

 

このとき、すべてに当てはまるのですが、自然に沿っているのか・反しているのかを考えるだけで選択を間違えることはほとんどありません。

このことをストレートにお伝えすると、分かっている人にはとても簡単に伝わるのですが、ほとんどの人はきょとんとします。

 

「そんなバカなー」とか「そんなの聞いた(考えた)ことない」とか「理論的に説明してくれないとわからない」とか「そもそも自然にそっている・反しているってどういうこと」とか「そうは言ってもねー」とか「そんなことできるわけない」とか「この人大丈夫?」などなど・・・

いろんな声が聞こえてきそうです。どれもまったくごもっともな感想だと思います。かく言う私もほんの7~8年前までは西洋医学のみの思考回路しかなく、自然のことなどまったく頭にありませんでしたから・・・

 

繰り返しますが、すべての考え方のベースは「環境を破壊せず、自然にそって暮らしましょう」ということです。つまり、最も大事で本質的なことはこの一点で首尾一貫しているということです。

このことを分かり易い例を示したり、時には理論的に、あるいは理論などどうでもよく(良い意味で理屈を超えてという意味です・・・)ありとあらゆる方法を使って、なるべく分かり易く誰でもが理解できるように説明・解説していくつもりです。

 

できれば、今までの常識や先入観をなるべく取り外して読んでいただければと思います。このブログの内容も鵜呑みにするのではなく、そのあと自分の頭で考えていただくきっかけになれば良いと考えています。

更新も不定期ですので、まとまりがないかもしれません。

 

また、テーマによっては厳しい内容にもなるかもしれません。しかし、厳しいことを含め、私の立場から真実を述べていくのも勤めと思っておりますのでご容赦ください。

一応確認ですが、私はありとあらゆる宗教およびそれに類する活動、特定の政治団体、その他の営利団体などとは一切関係ありません。

 

☆講演や勉強会などについて☆
健康・医療などに関するセミナーなどもお受けできます。

詳しくはプロフィールをご覧ください。

関連記事

no image

月刊「壮快」2019年5月号記事「日本人にとって小麦粉製品は主食ではなく嗜好品」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。今月号(2019年5月号)は連載第17回目 です。 戦後一貫としてあらゆる現代病、アレルギー、自己免疫疾患(膠原病)、がん、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)、うつ、自閉症、発達障害・・・がまさに激増しています。 これらの現代病は、日本では戦後から激増しています。病気は食事の影響だけではありませんが、食事から病気や健康を考察するときはこの視点がとても大切です。 先住民や原始人の食事から食事法を解説する意見もみられますが、その時代の食事や生活環境は想像や仮定のものであり、何でも言えることになりま […]

no image

月刊「クーヨン」2019年1月号記事「クループ症候群」

オーガニック系育児雑誌、月刊「クーヨン」の今月号2019年1月号が発売になっています。 今月号のクーヨンの特集は、「いやいや期が怖くなくなる!」です。 「いやいや期」や「魔の2歳」といわれる、子どもがほとんどすべてのことに「いや!」という時期は、親にとってはとっても大変な時期ですが、その考え方や親の対処についてまとめられています。 自然派育児の代表であるモンテッソーリ教育とシュタイナー教育から見た「いやいや期」も解説されています。モンテッソーリ教育では、飛躍的に脳を育てる成長のチャンスと捉え、シュタイナー教育でも、他の誰でもない「わたし」が始まる輝かしい時期と考えるとのことです。 いやいや期は […]

no image

月刊「クーヨン」2018年12月号「乳幼児健診で医療者が見ていること」

オーガニック系育児雑誌「クーヨン」の今月号(2018年12月号)が発売になっています。 今回は、なんと巻頭に私の初めての本「病気にならない暮らし事典」の企画、立案、編集をしていただいた落合加代子さんが、登場されています。 https://www.amazon.co.jp/病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践…/…/4860087070? 落合さんは、現在東京都国立市でシェアハウス「コトナハウス」を設立されており、それが「こどもの居場所・つくるひと」という記事で紹介されています。 落合さんにはお世話になり、本当にありがとうございました。世界は狭いですね^^ 今月号の特集は「子どもの健診活用 […]

no image

甘酒づくり

先日作った米麹を使って甘酒を作りました。 作り方はとても簡単です。 もち米を普通に炊き、同量の米麹とお湯を加え、魔法瓶で一晩置くだけです。 たまには甘いものが欲しくなります。甘い物のとり過ぎはもちろん禁物ですが、甘酒には腸内最近を元気にするオリゴ糖がたくさん含まれています。 腸および腸内細菌を元気であれば、たまに甘い物とっても大丈夫でしょう。以前書いた甘酒の記事も参考にしてください。 https://shizenha-ishi.com/blog/food/48/ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/1786684838323194 htt […]

no image

新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) COVID-19②

先日(2/21)、現在日本で流行しつつある新型コロナウイルス(COVID-19)について、まず大切になる最も重要な情報を簡潔にまとめました。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226 今回は新型コロナウイルスのウイルス学的な特徴を書こうと思ったのですが、専門的な話よりも、まずは大まかな臨床的な特徴を現時点で分かっている範囲でまとめて記事にしました。以下の点に注意してください。 ・新しく出現したウイルスですので、不明な点が多い ・現在進行中の感染症なので最終的な結論ではない ・特定の報告からではなく、多くの情報元 […]

PageTop