急増している免疫の異常による病気(現代病)

免疫とは、かつては「一度かかった病気にはかからない」という経験的な現象を意味していました。

 

例えば、はしか(麻疹)にかかって治った人は、もう二度とかからないことをはしか(麻疹)に対しての免疫がついたと言います。

 

現在では、より大きな生体防御の仕組み全体について使われる言葉になっています。

 

簡単には、免疫とは、自分と自分以外の異物を区別し、異物を排除する反応を意味します。

 

この異物には、外から来る病原ウイルスや病原菌の他にも、外科手術で移植された他人の臓器などもあります、また、身体の内部から発生する異常な自分の細胞であるガン細胞なども含みます

 

免疫は、自己を防衛するシステムそのものですので、私たちの健康や病気のほとんど全てにかかわっているといって良いでしょう。

 

つまり、健康に生きていくためになくてはならない、最も基本の機能であり、病気の予防(未然に防ぐ)、発生(起こり方や起こる場所)、経過(病気になってからの経過)、治癒(治り方)のすべてに大きな影響を与えています。

 

しかし、本来は自己を防衛するはずの免疫が異常をきたすことにより、逆に病気を引き起こすことがあります。

そして、この免疫の異常による病気は、近年、爆発的に増加しています(以下に示すように、少し増えているというレベルではありません)。

 

免疫の異
常が引き起こす病気には、以下のように非常に多くのものがあることが分かってきており、ほとんどすべての病気と言ってよいのですが、大まかな分類を示します。医学用語も含みますので、簡単な説明とともに解説します。

 

 

免疫不全症

 

免疫不全症とは、免疫機能の一部あるいは全部に異常があるため、通常の生体防御機能が働かなくなる病気で、感染症やがんにかかりやすくなります。

 

先天性のものは、ほとんどが遺伝が関係しているまれな病気です。後天性の代表がHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によるエイズ(後天性免疫不全症候群:AIDS)です。

 

 

アレルギー性疾患(アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症(アレルギー性鼻炎)、食物アレルギー、アレルギー性結膜炎、アナフィラキシーなど)

 

アレルギー性疾患(以下アレルギー)とは、本来は人にとって無害な花粉やホコリ、食べ物などを異物として排除しようとする免疫反応が原因です(つまり免疫の異常です)。

 

縄文杉を見てわかる様に、花粉は以前から日本に存在していましたし、ほこりっぽい環境も昔からあったのですが、アレルギーは見られなかったのです。

 

現在、アトピー性皮膚炎は小児の約3人に一人、花粉症は成人の約2人に一人です!日本人全体でアレルギーの患者数は約4,600万人です!!

アレルギーは、わずか50年前までは1,000人に一人、70年前までは10,000人に一人くらいのめずらしい病気でした。

 

 

自己免疫疾患(いわゆる膠原病を含みます。関節リウマチ、SLE(全身性エリテマトーデス)、ITP(特発性血小板減少性紫斑病)、シェーグレン症候群、重症筋無力症、バセドウ病、橋本病、クローン病、潰瘍性大腸炎、1型糖尿病、円形脱毛症など)

 

自己免疫疾患とは、本来は反応しない自分の細胞を異物として排除しようとする免疫反応が原因です(同じく免疫の異常です)。

 

アレルギーに勝るとも劣らない勢いで増加傾向にあります。

 

 

自己炎症(周期熱症候群、スチル病、サルコイドーシス、ベーチェット病、痛風など)

 

自己炎症とは自然免疫(免疫には自然免疫と獲得免疫があり、自然免疫とは、ほとんどの生物に備わっている原始的な免疫系です)の異常によって起こる病気です。

 

最近提唱された病気の一群で、頻度も多くはありませんので、詳しい説明は省略します。

 

 

慢性炎症に伴う疾患(がん、高血圧、高脂(コレステロール)血症、糖尿病、肥満、動脈硬化(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血)、心不全、不整脈、慢性肝疾患(脂肪肝、肝硬変)、慢性腎疾患、COPD、喘息、炎症性腸疾患、骨粗しょう症、認知症、うつ、老化など)

 

一般の人に最も多くみられるがんや生活習慣病など、ほとんどすべての慢性疾患がここに含まれています。

 

最近になって、これらの病気の背景には慢性の炎症(つまり免疫の異常)があることが分かってきており、とても注目されています。

 

長いので、次の記事に続きます。

 

関連記事

no image

米麹作り

今年培養して増やした麹菌を種麹に米麹を作りました。 使った種麹は先日記事にしたものです。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2302639180061088 とっても出来の良い米麹になりました^^ この種麹は大体40時間で米を米麹にすることができます。温度管理はほぼ12時間ごとに麹室(麹を作る箱)の底に置く湯たんぽを取り替えるだけです。 今年培養した麹菌の出来がとても良いことがわかりましたので、今年度の調味料(みそ、しょう油、みりん、酢など)はこれを種麹にして作ってみます。 まずはこの米麹から、しょうゆ麹と甘酒を作ります。 種麹は冷蔵庫 […]

no image

月刊「クーヨン」の今月号2018年10月号の記事

オーガニック系育児雑誌「クーヨン」の今月号(2018年10月号)が発売になっています。 今月号の特集は「子どもを壊す食べ方させてませんか?」です。 私は「腸が元気になる“引き算”の食べ方」という記事で登場しています。 腸および腸内細菌の状態が人の健康にとって最も大切なことを繰り返しお伝えしています。 今までの医学、栄養学、代謝学、食事論、健康論・・・は、この最も大切な腸内細菌の概念が欠如しています。 腸内細菌が元気であれば、腸内細菌がすべての栄養素(必須アミノ酸、必須脂肪酸、短鎖脂肪酸、ビタミン、ミネラル・・・)を補ってくれます。 腸内細菌という概念がなければ○○が不足する、人が作れない・・・ […]

no image

新型コロナウイルスの特徴の追加と今後の対応についての考え方(3/10の時点) COVID-19⑦

新型コロナウイルスの記事をいくつか書いています。今までの記事のリンクを以下にまとめておきます。ぜひ合わせてご参照ください。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2628624327462570 本日(3月10日)は、現時点で分かっている新型コロナウイルス(covid19)のいくつかの特徴を追加して、今後の日本での対策をまとめます。 〜新型コロナウイルス(covid19)の特徴の追加(現時点 3月10日)と今後の対応についての考え方〜 ①不顕性感染が多いと思われる ②不顕性感染者も発病者と同等のウイルス量を排出している ③①②により今後の市 […]

no image

腸内細菌の種類と役割①

私たちの腸内に生息している細菌を腸内細菌と言います。   人の腸の表面積はテニスコート1.5面分にもなりますが、その内部では、非常にたくさんの腸内細菌が互いに数やバランスを保ちながら、一種の生態系を形成しています。   この生態系(腸内細菌全体)は腸内細菌叢(そう)、腸内フローラ、マイクロバイオームなど様々な名前で呼ばれます。   また、腸内には細菌以外にも真菌(カビの仲間)や原虫など様々な微生物が常在しており、「腸内常在微生物叢(そう)」という呼び方がより正確かもしれません。   このブログでは、これらの細菌以外の微生物を含め、一般になじみの深い「腸内細菌叢」という言葉で統一することにします […]

no image

月刊「壮快」2018年11月号「現代病を招く免疫異常をおさめられるのは“腸”だけ」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。 今月号(2018年11月号)は連載第11回目「現代病を招く免疫異常をおさめられるのは“腸”だけ」です。 私たち人は、単独の存在ではなく、おびただしい数の微生物と共存している生態系です。この概念があるのとないのでは、病気や健康についての理解がまったく異なったものになります。 免疫系とは、私たちの体を守る働きをする仕組みですが、実際には、私たちの体からみての異物を排除する反応になります。異物とは、ウイルス感染細胞、がん細胞、病気を引き起こす病原体(細菌やウイルス)、毒素など体に害を与えるもののことです。 […]

PageTop