微生物の役割

最近のテレビのコマーシャルなどに見られるように、現代生活には様々な抗菌グッズがあふれています。

細菌などの微生物が1つもいないことが、正しいことで、健康にとっても良いという考えがまかりとおっています。

つまり、微生物は基本的に悪いもので、なるべく排除しようという考えです。

ワクチン接種に関してもこのような考え方がベースにあるかもしれません。

私は、これらの考えはとても短絡的で危険だと考えています。

「基本的には抗菌グッズはそもそも不自然なものですから、健康にとって良くない」ということになります。実にシンプルで難しい理論や理屈は必要ありません。

しかし、これだけでは納得できない人も多いかもしれませんので、いつものように詳しくみていきます。

確かに微生物には人に病気を引き起こすものがあり、それらに対する対策や処置・治療などが必要となることがあります。

ワクチンの記事で述べたように、歴史的には、上下水道の整備などの基本的な衛生管理は、伝染病や致死性を含む重篤な感染症の予防、死亡率の減少にもっとも貢献してきました。

また、抗生剤が多くの重症な感染症から無数の命を救ってきたことも間違いありません。

最近、日常生活において急増している抗菌グッズなど、あまりにも行き過ぎた清潔志向は、明らかに我々に健康障害を引き起こします。

それ以外にも、微生物を攻撃することによって引き起こされる健康障害としてどのようなことが当てはまるかというと…

・必要もないカゼなどに「念のため」、「一応」などと安易に抗生剤、うがい薬などを使用する

・軽症な疾患に対しても、何でもワクチンで予防しようと考える

・畜産の分野で、「利益・効率優先」のために大量に抗生剤を使用する

手術を行う人や、食べ物を扱う人など、通常より厳重な感染対策が必要な人もいます。

しかし、一般の人までもが微生物を目の敵にし、除菌を徹底し、(常在)菌が全くいない状態を目指すのは異常な状態だといえます。

なぜなら我々は微生物(通常は常在菌)に外側(皮膚)も内側(腸内や気道内)も囲まれていることこそが健康で健全な状態だからです。

これからの記事に示していくように、このことはとても重要で、微生物を必要以上に排除していることが、私たちの健康を損なっている最も重要な要因となっています。

西洋医学では病気を引き起こす原因となる微生物は敵と考えます。

ですから、敵を倒すために薬(抗生剤や抗ウイルス薬)やワクチン(細菌やウイルスの排除)を開発、使用することになります。

しかし、微生物は本当に敵なのでしょうか?

微生物は本当は何のために存在しているのでしょうか?

何度も繰り返しましたがこの世界に存在するすべての物には意味があります。

微生物にも重要な意味(存在理由)があります。微生物の存在理由を以下にまとめてみました。

1. この世界で不用のもの(不自然なもの、死んだもの、病気のもの、傷んだもの)を分解(リセット)する 

ここで重要なことは、農のところでも述べましたが、微生物は不自然なものや役割を終えたものなどを優先的に分解するのであって、健康なものや自然に沿ったものには基本的に害を与えないと考えられます。

2. 有機物を分解する過程で様々な物の浄化をしている(化学物質、農薬、除草剤、肥料、公害、洗剤、添加物、防腐剤、放射能…)

化学物質などの毒が少量であれば、微生物が分解してくれますが、後で示す通りに、現代社会は毒にまみれており、許容範囲をはるかに超えていると考えられます。

3. 有機物を分解し、植物に養分を供給する

つまり、微生物は地球の大きな循環(分解と創造)の要であり、なくてはならない存在なのです。

 

長いので次に続きます。

 

関連記事

no image

塩麹としょう油麹の仕込み

新型コロナウイルスの記事が続きましたが、もちろん通常通りの活動もしております。 久しぶりに、塩麹としょう油麹を仕込みました。 今年の麹の出来もすこぶる良好です!今回仕込んだ塩麹、しょうゆ麹は約2週間後に完成となります。 麹菌は日本の国菌に指定されているほど重要な菌です。日本にはたくさんの発酵食品があり、日本人の健康を培って来ました。発酵食品の代表である調味料(みそ、しょう油、みりん、日本酒、米酢、甘酒、塩麹、しょうゆ麹など)はすべて麹菌の働きから発酵が始まります。 発酵食品は健康の要である腸内細菌を整えるのに最適です。今年も調味料の自給自足を目指します。 私事ですが、私が新型コロナウイルスに感 […]

no image

腸内細菌叢の成り立ち

前回の記事で、腸内細菌の様々な働きをみてきましたが、今回は、腸内細菌叢がどのように作られていくのかを解説していきます。   まず、一般的な腸内細菌叢のパターンについてです。   腸内細菌叢は指紋のように、人によって個人差があります。 一卵性双生児では二卵性双生児よりも似通った腸内細菌叢になります。 一緒に暮らしている人(夫婦、兄弟、家族)も腸内細菌叢が似てきます。 ある種族や地域、国によって共通する腸内細菌の傾向というものもあります。   このように、腸内細菌叢は遺伝あるいは環境による影響を受けますが、かなりの部分は食べ物によって左右されると考えられています。 食生活以外にも、腸内細菌叢に影響 […]

no image

水痘ワクチン定期接種に伴う帯状疱疹患者の激増と低年齢化について~ブースター効果の解説も~

最近、比較的若年者の帯状疱疹の患者さんが立て続けに来院されました。今回は、私が以前から強調している、今後予想される帯状疱疹患者の激増と低年齢化についてまとめました。合わせて質問の多い免疫のブースター効果についても解説しました   水ぼうそう(水痘)と帯状疱疹は全く同じウイルス(正式名称もまさに水痘・帯状疱疹ウイルスで、ヘルペスウイルスの仲間です)で起こります。   このウイルスの初めての感染は、水ぼうそうを発症します。水ぼうそうは、一般には軽い感染症で、かゆみのある発疹(水疱)が出る以外は、微熱ぐらいで数日から1週間ほどで治ります。   実は、この水ぼうそうのウイ […]

no image

微生物の排除が病気を作っていることが常識になる時代へ Vol.2

このブログでは腸および腸内細菌の状態が人の健康にとって最も大切であることを繰り返しお伝えしています。最近になって、腸内細菌叢(以下マイクロバイオータ=MBと表現します)の重要性について書かれた本や雑誌、テレビ番組などを頻繁に見かけるようになりました。   以前「あなたの体は9割が細菌」という本のレビュー記事を書きました。 微生物の排除が病気を作っていることが常識になる時代へ   今回は新たに「腸科学」という本が日本語訳で出ました。全体的に前回の「あなたの体は9割が細菌」と重なる内容が多いのですが、今回の「腸科学」では、著者の具体例を含めた食事についてもとても充実しています。 […]

no image

厚生労働省による新型コロナウイルスワクチンの国民全員への接種プラン COVID-19㉕

〜国民の声を届けましょう〜 厚生労働省が新型コロナウイルスワクチンの国民全員への接種プランを立てています。 https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20200602k0000m040219000c.html 通常、ワクチンが開発され、実用化されるには数年かかります。しかし、今回の新型コロナウイルスに対しては、研究中から政府が資金を投入し、審査・承認の過程も大幅に短縮するとしています。 新しく開発されるワクチンは、どのような効果や副作用があるかまったくわかりません。 そもそも、今回のコロナウイルスはまだ、正確な実態すらわかっ […]

PageTop