微生物の役割

最近のテレビのコマーシャルなどに見られるように、現代生活には様々な抗菌グッズがあふれています。

細菌などの微生物が1つもいないことが、正しいことで、健康にとっても良いという考えがまかりとおっています。

つまり、微生物は基本的に悪いもので、なるべく排除しようという考えです。

ワクチン接種に関してもこのような考え方がベースにあるかもしれません。

私は、これらの考えはとても短絡的で危険だと考えています。

「基本的には抗菌グッズはそもそも不自然なものですから、健康にとって良くない」ということになります。実にシンプルで難しい理論や理屈は必要ありません。

しかし、これだけでは納得できない人も多いかもしれませんので、いつものように詳しくみていきます。

確かに微生物には人に病気を引き起こすものがあり、それらに対する対策や処置・治療などが必要となることがあります。

ワクチンの記事で述べたように、歴史的には、上下水道の整備などの基本的な衛生管理は、伝染病や致死性を含む重篤な感染症の予防、死亡率の減少にもっとも貢献してきました。

また、抗生剤が多くの重症な感染症から無数の命を救ってきたことも間違いありません。

最近、日常生活において急増している抗菌グッズなど、あまりにも行き過ぎた清潔志向は、明らかに我々に健康障害を引き起こします。

それ以外にも、微生物を攻撃することによって引き起こされる健康障害としてどのようなことが当てはまるかというと…

・必要もないカゼなどに「念のため」、「一応」などと安易に抗生剤、うがい薬などを使用する

・軽症な疾患に対しても、何でもワクチンで予防しようと考える

・畜産の分野で、「利益・効率優先」のために大量に抗生剤を使用する

手術を行う人や、食べ物を扱う人など、通常より厳重な感染対策が必要な人もいます。

しかし、一般の人までもが微生物を目の敵にし、除菌を徹底し、(常在)菌が全くいない状態を目指すのは異常な状態だといえます。

なぜなら我々は微生物(通常は常在菌)に外側(皮膚)も内側(腸内や気道内)も囲まれていることこそが健康で健全な状態だからです。

これからの記事に示していくように、このことはとても重要で、微生物を必要以上に排除していることが、私たちの健康を損なっている最も重要な要因となっています。

西洋医学では病気を引き起こす原因となる微生物は敵と考えます。

ですから、敵を倒すために薬(抗生剤や抗ウイルス薬)やワクチン(細菌やウイルスの排除)を開発、使用することになります。

しかし、微生物は本当に敵なのでしょうか?

微生物は本当は何のために存在しているのでしょうか?

何度も繰り返しましたがこの世界に存在するすべての物には意味があります。

微生物にも重要な意味(存在理由)があります。微生物の存在理由を以下にまとめてみました。

1. この世界で不用のもの(不自然なもの、死んだもの、病気のもの、傷んだもの)を分解(リセット)する 

ここで重要なことは、農のところでも述べましたが、微生物は不自然なものや役割を終えたものなどを優先的に分解するのであって、健康なものや自然に沿ったものには基本的に害を与えないと考えられます。

2. 有機物を分解する過程で様々な物の浄化をしている(化学物質、農薬、除草剤、肥料、公害、洗剤、添加物、防腐剤、放射能…)

化学物質などの毒が少量であれば、微生物が分解してくれますが、後で示す通りに、現代社会は毒にまみれており、許容範囲をはるかに超えていると考えられます。

3. 有機物を分解し、植物に養分を供給する

つまり、微生物は地球の大きな循環(分解と創造)の要であり、なくてはならない存在なのです。

 

長いので次に続きます。

 

関連記事

no image

私が参考にしている発達障害に関係する本の紹介

昨日、自閉症や発達障害の根本原因が腸および腸内細菌であり、そこを改善することにより予防、治療が可能であるという記事を書きました。 本日は昨日の記事の補足で、私が参考にしている発達障害に関係する本を紹介いたします。すべて一般書で難しい論文などを集めたものではなく、一般の人も読めるものばかりです。 実際に発達障害を持つご両親やご家族の方だけではなく、教育関係者、行政機関の方、発達や療育に関わる方々や医師など医療関係者にも読んでいただきたいと思います。 既にたくさんの書籍がありますので、重要と思われるものから並べますが、一つでも二つでも実際に手に取り、読まれる事をお勧めします。 発達障害は、薬を飲む […]

no image

抗体検査が新型コロナウイルスによるあらゆる混乱を収める!? (COVID-19⑫)

今回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の現在の診断方法(PCR法)とは別の検査方法である抗体検査について記事にします。   今後、国や自治体による緊急事態宣言や都市封鎖などにより通勤や登校、外出、イベントなどのあらゆる活動の大きな制限が行われると思います。   これらは、感染者の増加スピードを遅らせて医療崩壊を防ぐ手段の一つにはなります。しかし、効果は一時的で、今後の市中感染の拡大(大規模の流行)は防ぐことはできず、その後の生活全般への長期的な制限につながっていくと思われます。   国民全体が必要な社会活動を行えるような対策を明確に示すための情報が不 […]

no image

「みりん」を絞りました。

新型コロナウイルス関係の記事も新ネタがたくさんあります。 ・カリフォルニアの抗体検査の結果 前回と同様の結果です ・液性免疫(抗体)に加え、自然免疫と細胞性免疫が重要? ・遺伝子型の話ばかりであるが、それ以上に重要な血清型の話が出ないのは? ・重症化に関係するADEについて ・治る過程はインフルエンザとまったく同じ免疫パターン? ・再感染について ・・・ ですが、今回は「みりん」になります。 もちついて生きましょう。お茶(緑)飲みながらですね^^ 発酵食品のほとんどを麹から手作りしています。今回は、みりんを仕込むための梅酒びんの在庫がなくなったので、毎年仕込んでいる塩みりんを一びん絞ってみまし […]

no image

感染症には感染すべき時期がある~ワクチンはこれを全く無視している~

今回は、「微生物の感染時期」と「病気の発症」について考えてみます。様々な病原菌(ウイルス)は感染する時期によりまったく症状が異なるものがあります。いくつかの例を挙げて解説し、ワクチンについても考察してみます。   ①ピロリ菌 ピロリ菌は一般には、胃潰瘍や胃癌の原因となる悪い病原菌と考えられています。 ほとんどの医師も同様の認識で、ピロリ菌が見つかると、多くの場合に除菌(抗生剤で菌を取り除く)を勧められると思います。 まず、ピロリ菌はずっと以前から人と共生している常在菌で、悪い事ばかりが強調され悪玉菌の代表のようにされていますが、本当は日和見菌です。 ピロリ菌は乳幼児期早期に感染すると […]

no image

最も重要な情報の簡潔なまとめ(2/21) COVID-19①

いまさらながらですが^^私は医師であり、臨床は小児科学、研究はウイルス学、ワクチン学が専門になります。米国NIH(国立感染症研究所)に3年間程留学し、分子生物学(遺伝子工学ともいいDNAやRNAなどの遺伝子を切ったり、繋いだり、合成したりします)を使いロタウイルス、ノロウイルスなどの研究をしていました。 現在、新型コロナウイルス(COVID-19)が巷を騒がしていますので、一応専門家??として、何回かにわたって解説し記事にしてみます。 今回の新型コロナウイルスは昨年末(令和元年12月頃)に中国の湖北省武漢市で出現したとされていますが、感染拡大にともない、連日、ニュースや報道番組、ネットなどで様 […]

PageTop