腸内細菌叢の確立に影響する要因

前回の記事の続きです。

 

腸内細菌叢の確立に影響を与えている要因についてより深く考えてみましょう。

やや厳しい内容も含みますが、やみくもに現代医療を批判しているわけではなく、事実に基づいております。

 

やむにやまれぬ事情もたくさんあることは、臨床医である私も十分に承知しております。

もし、これらに当てはまることがあっても落ち込むことはありません。

これらを踏まえてどう考えていくのかは、これからの問題であり、社会全体の問題でもあります。

 

抗生剤の使用

出産前後には、様々な医学的な理由により抗生剤が投与されることが多いですが、抗生剤が投与された場合は、妊婦の腸内細菌のバランスを大きく崩し、膣内や乳首の細菌もほとんどいなくなることが考えられます。

 

母へ投与された抗生剤の一部は児へも移行し、出生後の腸内細菌の確立にも影響を与えます。

 

また、カゼなどの軽症な病気に対する抗生剤の児への使用も腸内細菌叢への重大なダメージを与えています。

熱があっても、ほとんどの場合に抗生剤は必要ありません。

 

帝王切開

特に現在では様々な理由により、やむを得ず帝王切開となるケースが多くあります。

 

自然分娩では児が母の産道を通過することにより、母由来の様々な菌に一番初めに接触しますが、帝王切開ではこの機会が失われます。

 

また、帝王切開では抗生剤が使用されますし、出生後の児の状態(接触する菌)も自然のものとは大きく変わってしまいます。

 

病院でのお産

現在では、お産の99%が病院や診療所になっています。

 

新生児は、生まれた場所の微生物に触れ、順次取り込んでいきます。

現在では、病院の分娩台、ベッド、寝具、室内の菌が取り込まれることになります。

 

一般に病院や、診療所は気密性が高く、通常の空間よりも清潔であるため(当たり前ですね)、自然とは異なり、菌自体の種類や数も少なく、多様性に欠けます。

 

また、消毒の徹底や抗生剤の使用などにより、通常はいない不自然な菌(MRSA(メチシリン耐性ブドウ球菌)などの耐性菌)が多く存在します。

 

病院出産の児の多くの腸内にMRSAが定着しているというデータもあります。

 

④人工ミルク

母の乳首にビフィズス菌が常在していたり、母乳にはこれを増やすためのオリゴ糖が多量に含まれることは述べました。

 

その他にも母乳には免疫物質(特にIgA)が含まれており、児の免疫系を補助したり、必要な腸内細菌の選択(人は特定の腸内細菌を優遇しているのです)にも関与していることが分かってきています。

 

母乳は人の生涯における唯一の完全栄養食でもあります。

 

⑤室内の環境

現在の住環境(とくに都会)は密閉された状態が多く、空気も空調で調節されています。

 

このような環境では、自然の状態とは菌の数、種類が大きく異なります。

 

空調を使わないということではなく、1日に何度か窓を開け、空気を入れ替えるなどの工夫をする方が良いでしょう。

 

さらに最近では、様々な抗菌グッズ(石けん、洗剤、消臭剤、芳香剤、柔軟剤、タイル…)にあふれており、室内に自然にいる微生物も大きなダメージを受けています。

これらはなるべく使用しないか自然素材のものを選びましょう。

 

また、昔は、みそやしょう油などの発酵食品を自宅で作る場合が多かったので、善玉菌である麹菌や酵母菌は普通に室内にいた菌でした。

現在ではこれらも失われてしまっています。

 

⑥食事

乳幼児が口にする食事が腸内細菌に最も大きな影響を与えます。

食事の内容自体もそうですが、食材に含まれる農薬、除草剤、防虫剤、放射能、様々な添加物(防腐剤、着色料、保存料…)も大きな問題です。

 

離乳食でさえレトルトのものが増えてきました。

食事もできるだけ自然食を手作りで与えてあげましょう。

 

このように見ていきますと、現代の私たちの生活や考え方が、いかに自然からかけ離れているのかが分かります。

このことが、私たちの体を弱くし、病気が増え続けている最も根本の原因なのです。



乳幼児期に、様々な微生物と触れ合うことが大事だと書きましたが、回りの環境を汚くすることが良いわけではありません。

 

まず、上下水道の完備がなされている現代では、以前のような伝染病や重篤な感染症が流行る可能性はほとんどないと考えられます。

 

ただ、日ごろの手洗い・熱湯消毒などの基本的な衛生管理はとても重要です。あくまで、過剰になっている清潔志向が問題なのです。

 

腸内細菌は一度確立されてしまうと、縄張り意識が強く、大人になってからいくら良い食事や生活環境を整えても、新しい細菌は腸にはなかなか定着しません。

 

しかし、食事などの生活習慣の改善は、続けることで、悪化している腸内細菌叢でも少しずつは変化していき、それに伴って体質も改善していきます。

健康は1日にしてならず、継続が重要なのです。

 

腸内細菌はその後も食事や生活環境、年齢などの影響を受け生涯にわたり変化し、私たちの健康や病気と密接に関わり続けます。

 

腸内細菌の記事はまだ続きます。

 

長いですが、とても重要ですのでお付き合いください。

 

関連記事

no image

月刊「壮快」2018年10月号「腸内細菌が作る短鎖脂肪酸が腸の内外で大活躍」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。 今月号(2018年10月号)は連載第10回目「腸内細菌が作る短鎖脂肪酸が腸の内外で大活躍」です。 短鎖脂肪酸とは、腸内細菌が産生する短い脂肪酸(炭素数2~5個)のことです。あまり解説されないことが多いのですが、腸内細菌が作り出すたくさんの物質の中で、最も重要といってよいくらい大切で、腸内細菌のほとんどの作用を担っています。 短鎖脂肪酸は、大腸の栄養源であり、消化管に直接作用する以外にも消化管以外のあらゆる臓器にまで(ホルモンや神経伝達物質のように)メッセンジャーとして作用しています。 代表的なものは酢 […]

地球における循環と微生物

前回の記事の続きになります。 より深く理解するために、地球における生命の循環を考えてみます。   地球上の生物のなかで自力でエネルギーを産生(光合成)できるのは植物だけです。 自らエネルギーを産生できない動物は植物を食べるか、植物を食べた動物を食べることで生きるためのエネルギーを得ています。   つまり、地球上のすべての生物は植物の作ったエネルギーを使って生きていることになります。   また、すべての植物は地球(土、水、無機物など)が変化したものです。 この部分は分かりにくいかもしれませんので、わかりやすい例を示し解説します。 これは、私が実際に農に携わっていた中での気付きで、大変感動したこと […]

微生物を排除してきた歴史と病気との関係 ~アレルギーや自己免疫疾患が増加している最も重要な原因~

まず、これまでの記事のいくつかの重要な事項の確認になります。   ①人とは一個の独立した生物(存在)ではなく、腸内細菌などの常在微生物(さらに、かつては寄生虫を含めた)と共生している複雑な生態系(超個体)である。   ②私たちは、私たちだけでは免疫をうまくコントロールできず、腸内細菌などの常在菌や常在ウイルス、寄生虫などと共生(連携)することにより、正常な免疫反応を維持できる。   ③これらの微生物を排除したことが、近年爆発的に増えているアレルギーや自己免疫疾患、さらには、その他のほとんどの病気(ガンや生活習慣病などの慢性病)の最も重要な原因である。   ④腸内細菌などの常在菌は人生のごく初め […]

no image

新型コロナウイルスの特徴の追加と今後の対応についての考え方(3/10の時点) COVID-19⑦

新型コロナウイルスの記事をいくつか書いています。今までの記事のリンクを以下にまとめておきます。ぜひ合わせてご参照ください。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2628624327462570 本日(3月10日)は、現時点で分かっている新型コロナウイルス(covid19)のいくつかの特徴を追加して、今後の日本での対策をまとめます。 〜新型コロナウイルス(covid19)の特徴の追加(現時点 3月10日)と今後の対応についての考え方〜 ①不顕性感染が多いと思われる ②不顕性感染者も発病者と同等のウイルス量を排出している ③①②により今後の市 […]

no image

感染症には感染すべき時期がある~ワクチンはこれを全く無視している~

今回は、「微生物の感染時期」と「病気の発症」について考えてみます。様々な病原菌(ウイルス)は感染する時期によりまったく症状が異なるものがあります。いくつかの例を挙げて解説し、ワクチンについても考察してみます。   ①ピロリ菌 ピロリ菌は一般には、胃潰瘍や胃癌の原因となる悪い病原菌と考えられています。 ほとんどの医師も同様の認識で、ピロリ菌が見つかると、多くの場合に除菌(抗生剤で菌を取り除く)を勧められると思います。 まず、ピロリ菌はずっと以前から人と共生している常在菌で、悪い事ばかりが強調され悪玉菌の代表のようにされていますが、本当は日和見菌です。 ピロリ菌は乳幼児期早期に感染すると […]

PageTop