栃木県小山市と埼玉県さいたま市での講演会

昨日1/20は、午前中は栃木県小山市、午後は埼玉県さいたま市と講演会日和になりました^^

栃木県は地元になりますが、小山市での講演会は初めてでした。
テーマは「自然に沿った暮らしと食、自然に沿った子育て」で、について、内容はいつものように、病気の原因、心、遺伝子、免疫、食、アレルギー、子どもの病気、予防接種など様々な面からお話ししました。

いつもお世話になっている主催の 石川 均 (Hitoshi Ishikawa)さん、スライドをお手伝いしていただいた 三國 由騎 (Yoshiki Mikuni)さん、自然派のパンを持ってきていただいた Pou Painさんをはじめ、スタッフの方々にお世話になりありがとうございました。

顔見知りもチラホラ見える中、3分の2以上は初めてのご参加でした。
小さい子どもたちも多数参加の中、終始和やかに楽しい雰囲気でお話しできました。
ご参加の方には、時間が押してしまい質問時間が取れなくて申し訳ございませんでした。

午後は埼玉県に移動し、さいたま市でも初めての講演会になりました。
「自然の摂理と病気のメカニズム」と題して、私の総論である病気のメカニズムをあらゆる側面から2時間フルバージョンでお話しできました。

ほとんどが私の講演会に初参加でした。同じく時間が押してしまい、質問時間がほとんどない状態でしたが、ご参加の皆様は、とても意識の高い方が多く、とても有意義な時間になりました。主催の埼玉県療術師会の野口さん、ご参加の皆さまありがとうございました。

昨日の質問にもありましたが、様々な所でお話しさせていただいて、最近私が感じます事は、現代の世の中は、限りなく分離が極まった(異なる意見を認め合えない)社会だなということです。

本来、人が100人いれば100通りの考え方があるのが当たり前です。
しかし、現代社会は人と違う選択をしただけで攻撃を受けることがあるのです。
例えば自然派の生活でいえば・・・
体重の増えが少なくても人工乳を追加しない
身長が標準より低くても成長ホルモンを使わない
牛乳を飲ませない
給食を持参する
ワクチンを受けない
ステロイドを使わない
インフルエンザに薬は使わない
・・・

分離とは違いが生じた(生じている)ということです。
真の統合とは違いがあるが、違いがあるまま認め合うことになるでしょう。
これは、どちらかを切り捨てること(見せ掛けの統合)では決してありません。

すべての違い(とくに自分と最もかけ離れている価値観)を認めることができれば分離の意識段階を卒業します。これが現代の意識が次に進む道と思います。

むしろ、人類はこの統合を(今後)果たすために限りなく(今は)分離したともいえます。
そして陰極まれば陽に転ずる、すなわち、人類の意識はこれから分離から統合に向かいます。

どんなに自分が正しいと思っても「自分が正しい、あなたが間違っている」では、統合を果たせません。相手も自分が正しい、70億人は70億人それぞれ自分が正しいと思っているのです。つまり、分離を超えた統合の視点から見ると、ただの意見(ベクトル)の違いであり、そこには多様性しかないことがわかります。

つまり、持論を展開するだけ、相手を非難するだけでは、社会は一向に良くなりません。どのようにして異なる意見を持つ人とも、お互いに考え方を認め合うようになれるかがこれからのポイントになりますね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

no image

宇都宮市での子どものための自然療法のお話し会終了しました

  7月8日は、宇都宮市で自然育児子育てサークル「にこのわ」さん主催で「子どものための自然療法のお話し会」を開催していただきました。   満員でキャンセル待ちも多数出たということで大変嬉しく思います。   気持ち良くお話しさせていただきました。 スタッフの皆様方に改めて感謝いたします。本当にありがとうございました。   また、今回のお話はとても重要な基本となることですので、このブログでも、繰り返し触れて行くことになると思います。   今回は宇都宮の自然育児のお話し会の初回ですので、総論の総論というか問題点の根本の根本の話です。   私の話は「自然に沿っていれば病気にならない」という事 […]

no image

「なす子育ちの会」さん主催の「子どもの病気とワクチン」の講演会の質問の答え ②アレルギー

ブログを更新しました。 昨日に続きまして、先日の4月17日にありました「なす子育ちの会」さん主催の「子どもの病気とワクチン」の講演会の質問の答えの続きです。   個人的なご質問に関しては、ブログやフェイスブックではお答えできませんので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。   質問がとても多いため、いくつかの項目(①食②アレルギー③ワクチン④生活⑤薬や病気⑥その他)に分け、何回かにわたって回答する予定です。 今回は②アトピー・アレルギーについてになります。   ①食に関しては以下を参照してください。 「なす子育ちの会」さん主催の「子どもの病気とワクチン」の講演 […]

no image

2018年初夏の健康合宿in烏山の開催が決定しました

自然派医師の本間真二郎先生による2018年初夏の健康合宿in烏山開催のお知らせです。 テーマは「微生物と共生する暮らし」〜多様性を認め合い、分離から協調の方向へ〜になります。 自然派医師の本間真二郎先生による初夏の健康合宿in烏山の開催のお知らせです。 新著「病気にならない食と暮らし」出版に関連して、暮らし・食・子育てについて、実践を交えながら一期一会の皆で学び、楽しみましょう。夜はホタルがみられるかも? 毎回恒例、本間医師の「ここだけのお話」も乞うご期待。 今回も少人数となってしまいますが、地域の協力者・参加者がみんなで作りあげる手作りの会となります。 本間医師の講座(下記③、⑦)のみ、単発 […]

no image

東京都で「自然派医師が考える病気の本質と意味」の講演会

昨日は、いつも大変お世話になっている 石川 眞樹夫 (Makio Ishikawa)先生が主宰する自然療法師養成講座の第1期の最終回である第22回自然療法講座にて特別講演の講師としてお話させていただきました。 テーマは「自然派医師が考える病気の本質と意味」〜微生物、アレルギー、発達障害、心なども〜でしたが、内容はいつものように超盛りだくさんでした^^ ・空間的、時間的、微生物的観点からみた病気のメカニズム ・自律神経系、免疫系、心と病気の関係 ・病気とは、症状とは ・治療とは、治療とは ・自然に沿った生活とは ・アレルギーの本当の原因と対策 ・発達障害とは何か、考え方 ・発達障害の本当の原因 […]

no image

三重県津市の「微生物、腸内細菌について」および「放射能について」の講演会

昨日(11月18日)は三重県津市の河芸公民館で「微生物、腸内細菌について」および「放射能について」の講演会でした。三重県では初めての講演会になります。 前半は「自然に沿った暮らし」として「病気のメカニズム、微生物、腸内細菌、食、生活、病気・症状・治癒の本質・・・などについて」のお話ししました。 後半は久しぶりに依頼を受けました「放射能について」をまとめました。日本の放射能問題はまったく解決しておらず、現在進行形の問題です。被害の実態と今後の拡大は、主要な報道からはかけ離れており、何事もなかったかのように原発の再稼働、汚染土の全国への拡散が進んでいきます。 ぜひ、自主的に勉強され、正しい知識を持 […]

PageTop