自然農 その2 自然農とは

 

山の木や野原の草花は土を耕したり、肥料をあげなくても毎年豊かに茂り、成長します。

米や野菜などの作物も同じように、人工的なものは何も必要とせず自然近い状態で栽培できる。それが自然農の基本的な考え方になるでしょうか。

ただし、自然農はあくまで農(法)であり、自然放置ではありませんので、「自分たちの希望する作物」を育て、収穫するためには様々な工夫や知恵が必要になります。

自然農にも様々な方法があり、確立された単一の方法はありません。

このことが、自然農を始めようと思っている人や、実践して行っている人のある意味で混乱の原因となっていることがあります。

私の考える「自然農」とは、なるべく自然の仕組みに沿って、余計な物や行為を行わない農法であると考えています。

 

自然農には以下の特徴が共通してみられます。

・土を耕さない

・肥料をやらない

・農薬をやらない(虫をとらない)

・草をむしらない

自然農のメリットにはたくさんの事がありますが、重要なことを挙げるだけでも、

・環境を破壊しない

・浄化能力が高い(農薬、除草剤、肥料(肥毒)、放射能…)

・作物が安全である

・作物の栄養価が高い

・作物の味がおいしい

・作物を放置しておくと腐敗しないで発酵する

・畑の生き物が豊か(微生物を含め、すべての生物にとってやさしい)

・虫がつかない(虫がついてもごく一部、また全部の作物でなく一部に集中してつく)

・お金がかからない(様々な器械(トラクター、コンバイン、草刈り機)、農機具、肥料、農薬、ガソリン…が不要。草刈り鎌1本あればほとんどの作業は事足ります)

・手間がかからない(作業時間が少ないだけでなく、体に負担になる作業がない 多くの人が草取りのために腱鞘炎になったり、腰が曲がったり、熱中症になることもあります)

まるでいいことづくしのように感じますね。

もし、このような方法が可能であれば、現在一般的に行われている農法(慣行農法で農薬、化学肥料を使った農法や有機栽培も含めます)とはいったい何なのか?ということになります。

しかし、自然農にはデメリットもあるのです。

最も大きいものは、方法論が確立していないため、難しいことです。

とくに、慣行農法からそのまま転換するとまずうまくいきません。

慣行農法では肥料や農薬を使用するために、土(微生物)がダメージを受けてしまっているからと考えられます(次回詳しく述べます)。

自然農法では土に残っている余分な肥料や農薬(肥毒といいます)を抜くのに数年から10年位を要します。その間は収穫が全くないか少ない状態が続きます。

田んぼや畑の状態によっては何年たっても収穫量が増えない場合もあるそうです。

むしろ長年耕作を放置された土地で、いわゆる草ぼうぼうの状態であった所の方がうまくいくことが多いようです。

 

更に、自然農では収穫量・時期・色・形が一定しないため、現状で求められている大量生産型には不向きともいえます。

専業農家の方は、すべての畑をいきなり自然農にするのは、リスクが大きいため、部分的に段階を経て自然農へと移行するのが現実的、という考え方もあると思います。

うまくいかなかったとしても経済的にリスクの低い家庭菜園にこそ最も適している方法と言えるかもしれません。

また、自然農は名前の通り自然に沿った農法です。

自然はその土地の、気候や風土によりそれぞれ異なっていますので、栽培する野菜の種類や作付時期、栽培法なども、それぞれの土地の自然に合っている必要があります。

ですから、基本的な考え方があるにしても、画一的なマニュアルは作りようがなく、うまく栽培するためには、試行錯誤を繰り返し、その土地の自然を良く観察していく必要があるということです。

私は自然に沿った生活の一環として自然農をお勧めしていますが、有機農を否定しているわけではありません。

環境を破壊しない完全循環型の有機農(特に微生物を利用したもの)は問題が少ないと考えています。

しかし、現代農業では、有機農であっても多くの問題があると考えています。

次回に詳しく述べます。

関連記事

自然農の畑の紹介 Vol.4

わが家の自然農の畑の状態を不定期に紹介しています。   今回は、自然農の畑に雑穀の種を撒きました。   雑穀は毎年6種類育てています。 白ヒエ、もちアワ、もちキビ、たかキビ、ハトムギ、アマランサスになります。 一番始めだけ野口種苗さんの種を購入し、その後は取れた種を蒔いてつないでいます。   野口種苗さんは固定種、在来種を扱っている種屋さんで、F1の種の意味や日本の種の現状などについてなどの講演会を全国的に開催されています。 野口種苗さんのホームページはこちら http://noguchiseed.com/hanbai/   畑の野菜を植える高くなってい […]

no image

本日の収穫 2018.8.17

本日の収穫です。 毎日新鮮で安全な野菜が採れる・・・このことだけで本当に幸せです。 現代は、捨てられるほどたくさんの「食べる」ものが溢れているにも関わらず、真の意味で「食べられる」ものがなくなってきています。 作物は地球(空気、水、土、微生物)の形が変わったものであり、私たちの体は、元をたどれば地球で出来ています。 地球を傷つけるすべての行為は、巡り巡って自分たち(人)の体を傷つけています。     現代病(アレルギー、自己免疫疾患、生活習慣病、がん、発達障害・・・)が爆発的に増加しており、日本を含めた先進国のほとんどの人が病気になっていますが、これは当たり前のことが当たり前に起きている結果で […]

自然農 その3 自然農のしくみ①

  農作業をしながら医師として様々な健康問題を考える中で、医療の世界と農業の世界に「微生物の重要性」というたくさんの共通項があることに気がつきました。   前回の記事で、自然農の基本的な特徴として以下のことを挙げました。   ・土を耕さない ・肥料をやらない ・農薬をやらない(虫をとらない) ・草をむしらない   なぜこのような方法で作物を栽培することができるのか、あるいは、なぜ自然農をいきなり始めてもうまくいかないのかを私なり に考えをまとめてみます。   自然農を支えている最も大事なことはもちろん土(とくに微生物)と考えられ、すべての項目は微生物を傷めないということで共通していま […]

no image

雑誌 「天然生活」の2020年7月号に私の特集記事が載りました。

シンプルで丁寧な暮らしを楽しみ、育むことをコンセプトにしている雑誌「天然生活」の今月号(2020年7月号)に私の特集記事が載りました。 新型コロナウイルス騒動の大変な中、とても丁寧に、くわしく取材していただきました。 今回の特集は「健やかに過ごすため」です。私の記事は「病気にならない暮らし方」として、今までの活動の紹介を含め、考え方の要点をとても分かりやすくまとめた記事になっています。雑誌「天然生活」は写真もとってもきれいですね^^ 内容は、以下になります。 ①どんな生き物も自然から離れられない ②医の前に食があり、食の前に農がある ・農について ・食品の栄養価が下がっている理由と対処 ・微生 […]

no image

2019年の稲刈りが終了しました

今回の3連休の間に今年も無事に稲刈りが終了しました。 お手伝いしていただいた皆様、本当にありがとうございました。 子どもたちは1日中走り回ったり、魚や虫を捕まえるのに夢中で楽しい時間になったと思います。現代の田んぼにもまだ、これらの自然が多く残されているのは嬉しいですね。 刈った稲は、ハセがけして天日干しです。2~3週間程天日干しした後に脱穀する予定です。フィチン酸やアブシジン酸などのいわゆる植物毒(種子毒)について、その害を強調する意見も多くみられます。 種子毒は、食べられてしまうと植物が子孫を残せなくなるために含まれているとされていますが、多くは発芽のときに分解され、毒性が低下すると考えら […]

PageTop