自然農 その2 自然農とは

 

山の木や野原の草花は土を耕したり、肥料をあげなくても毎年豊かに茂り、成長します。

米や野菜などの作物も同じように、人工的なものは何も必要とせず自然近い状態で栽培できる。それが自然農の基本的な考え方になるでしょうか。

ただし、自然農はあくまで農(法)であり、自然放置ではありませんので、「自分たちの希望する作物」を育て、収穫するためには様々な工夫や知恵が必要になります。

自然農にも様々な方法があり、確立された単一の方法はありません。

このことが、自然農を始めようと思っている人や、実践して行っている人のある意味で混乱の原因となっていることがあります。

私の考える「自然農」とは、なるべく自然の仕組みに沿って、余計な物や行為を行わない農法であると考えています。

 

自然農には以下の特徴が共通してみられます。

・土を耕さない

・肥料をやらない

・農薬をやらない(虫をとらない)

・草をむしらない

自然農のメリットにはたくさんの事がありますが、重要なことを挙げるだけでも、

・環境を破壊しない

・浄化能力が高い(農薬、除草剤、肥料(肥毒)、放射能…)

・作物が安全である

・作物の栄養価が高い

・作物の味がおいしい

・作物を放置しておくと腐敗しないで発酵する

・畑の生き物が豊か(微生物を含め、すべての生物にとってやさしい)

・虫がつかない(虫がついてもごく一部、また全部の作物でなく一部に集中してつく)

・お金がかからない(様々な器械(トラクター、コンバイン、草刈り機)、農機具、肥料、農薬、ガソリン…が不要。草刈り鎌1本あればほとんどの作業は事足ります)

・手間がかからない(作業時間が少ないだけでなく、体に負担になる作業がない 多くの人が草取りのために腱鞘炎になったり、腰が曲がったり、熱中症になることもあります)

まるでいいことづくしのように感じますね。

もし、このような方法が可能であれば、現在一般的に行われている農法(慣行農法で農薬、化学肥料を使った農法や有機栽培も含めます)とはいったい何なのか?ということになります。

しかし、自然農にはデメリットもあるのです。

最も大きいものは、方法論が確立していないため、難しいことです。

とくに、慣行農法からそのまま転換するとまずうまくいきません。

慣行農法では肥料や農薬を使用するために、土(微生物)がダメージを受けてしまっているからと考えられます(次回詳しく述べます)。

自然農法では土に残っている余分な肥料や農薬(肥毒といいます)を抜くのに数年から10年位を要します。その間は収穫が全くないか少ない状態が続きます。

田んぼや畑の状態によっては何年たっても収穫量が増えない場合もあるそうです。

むしろ長年耕作を放置された土地で、いわゆる草ぼうぼうの状態であった所の方がうまくいくことが多いようです。

 

更に、自然農では収穫量・時期・色・形が一定しないため、現状で求められている大量生産型には不向きともいえます。

専業農家の方は、すべての畑をいきなり自然農にするのは、リスクが大きいため、部分的に段階を経て自然農へと移行するのが現実的、という考え方もあると思います。

うまくいかなかったとしても経済的にリスクの低い家庭菜園にこそ最も適している方法と言えるかもしれません。

また、自然農は名前の通り自然に沿った農法です。

自然はその土地の、気候や風土によりそれぞれ異なっていますので、栽培する野菜の種類や作付時期、栽培法なども、それぞれの土地の自然に合っている必要があります。

ですから、基本的な考え方があるにしても、画一的なマニュアルは作りようがなく、うまく栽培するためには、試行錯誤を繰り返し、その土地の自然を良く観察していく必要があるということです。

私は自然に沿った生活の一環として自然農をお勧めしていますが、有機農を否定しているわけではありません。

環境を破壊しない完全循環型の有機農(特に微生物を利用したもの)は問題が少ないと考えています。

しかし、現代農業では、有機農であっても多くの問題があると考えています。

次回に詳しく述べます。

関連記事

no image

2019年の田植え 終了しました

本日は、私の所属する農仲間であるうるおいの郷の田植えでした。 少し風が強かったのですが天気にも恵まれ、とっても気持ちのいい田植え日和になりました。手押しの田植え機で大まかに植えた後、全員で空いた部分や抜けた部分を補植します。 子どもたちは、本当に元気いっぱいです。様々な虫やエビ、ザリガニ、魚、カエル、ドジョウからヘビまで捕まえて大興奮です!田植に限りませんが、何事も楽しく、そして子どもからお年寄りまで一緒に作業するのが一番ですね^^ 食の安全性は自分たちで考えなければならない時代です。健康、環境、社会のいずれの面から見ても、できるだけ多くの人が農に携わるがことができればいいですね。例えば、1家 […]

自然農 その1

自然に沿っていれば病気にならないというのが私の基本的な考えです。   この考え方をベースに自然農、自然食、自然療法、自然分娩、自然に沿った暮らしなど「自然派の生活」をお勧めしています。   特に食べ物は人が健康に生きていくために最も基本となることです。   その食べ物を作るのが農ですが、現代農業は医療と同様に様々な問題を抱えています。   農薬、除草剤、抗生剤、化学肥料、一部の有機肥料、遺伝子組み換え食物、放射能など。   さらには、身土不二との関係、様々な器械や輸送などのエネルギーの問題、経済的な問題、継承者の問題などなどです。   安全で安心な食べ物を得るために、オーガニックや自然食料品の […]

no image

本日の収穫 2018.8.17

本日の収穫です。 毎日新鮮で安全な野菜が採れる・・・このことだけで本当に幸せです。 現代は、捨てられるほどたくさんの「食べる」ものが溢れているにも関わらず、真の意味で「食べられる」ものがなくなってきています。 作物は地球(空気、水、土、微生物)の形が変わったものであり、私たちの体は、元をたどれば地球で出来ています。 地球を傷つけるすべての行為は、巡り巡って自分たち(人)の体を傷つけています。     現代病(アレルギー、自己免疫疾患、生活習慣病、がん、発達障害・・・)が爆発的に増加しており、日本を含めた先進国のほとんどの人が病気になっていますが、これは当たり前のことが当たり前に起きている結果で […]

no image

古代小麦エンマーの種まき

本日は古代小麦の種まきをしました。古代小麦は知人からいただいた二粒小麦(マカロニ小麦)のエンマーになります。 農作物の収穫は今後もずっと続きますが、種まき・苗の植え付けは、年内はこの小麦で終了になります。 夏野菜に使用したウネをきれいに整理した後に、1ウネに2条ずつ軽く表面を削った部分に種を蒔いていきます。収穫は来年の6月頃になる予定です。 以下の私の古代小麦の記事もぜひご参照ください。 小麦やグルテンフリーについて https://shizenha-ishi.com/blog/food/257/ 古代小麦について https://shizenha-ishi.com/blog/food/299 […]

自然農 その3 自然農のしくみ②

前回の記事の続きで自然農のしくみについてです。   3. 農薬をやらない(虫をとらない)   肥料(一部の有機肥料も含め)を与えると、余計な肥料分を分解するために、今度は虫がやってくることになります。いわゆる害虫と言われる虫は実は肥料を与えるほどやってくるのです。   この虫を駆除するために今度は農薬が必要となります。   自然から外れた現代の通常の慣行農業(一部の有機農でさえも)は土(微生物)を破壊し、地球環境を汚染し、また肥料、農薬を与え続けるという悪循環になってしまっています。   私たちの体に起こっていることもまったく同じですね。   現代生活は、腸内細菌などの常在菌を傷つけ […]

PageTop