2019年の稲刈りが終了しました

今回の3連休の間に今年も無事に稲刈りが終了しました。
お手伝いしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

子どもたちは1日中走り回ったり、魚や虫を捕まえるのに夢中で楽しい時間になったと思います。現代の田んぼにもまだ、これらの自然が多く残されているのは嬉しいですね。

刈った稲は、ハセがけして天日干しです。2~3週間程天日干しした後に脱穀する予定です。フィチン酸やアブシジン酸などのいわゆる植物毒(種子毒)について、その害を強調する意見も多くみられます。

種子毒は、食べられてしまうと植物が子孫を残せなくなるために含まれているとされていますが、多くは発芽のときに分解され、毒性が低下すると考えられています。

ですから、健康を気にされる方の間では発芽玄米や発酵玄米にしたり、さらに、ナッツ類まで発芽オーガニックナッツなるもの流行っているそうです。

しかし、お米に関しては、天日干しにすることで、ほとんどの害は問題なくなりますし、ビタミン Dなどの栄養素もupし、なによりも美味しくなります^^

前回も書きましたが、現代は精神と物質という2極において、価値観が究極的に物質に偏った世の中です。全ては物質であり、精神的なものなどない。それらは宗教やスピリチュアルなどの非科学的でアヤシイ事と考えられる社会です。

さらに物質を含めたあらゆる価値は数値へと置き換わっていってますね。その最終形態が東京オリンピックに合わせて急速に進められている5GとIoT(モノのインターネット)によるヴァーチャルなネットワーク空間になります。そして、そのようなビッグデータはAIにしか管理不可能になります。

端的にいうと、今後世界は急激にすべてが数値化されたリアル・マトリックス(映画です)の世界に入って行きます。その中では精神的な活動は一切ない・・・真の意味で人間が進化の方向性を失った空間になります。

そのヴァーチャルな世界にすべての精神が飲み込まれていく大きな歴史的流れの中で、最後の砦となるのが自然とリアルにつながること(実践)になります。

できるだけヴァーチャルではなくリアルな活動をすること。一人でも多くの人が、まずは農業などからどんなことでも実践されることをお勧めします。

関連記事

no image

発酵食品作りに使う種麹の完成

無事に種麹の培養が終了し今年の発酵食品に使う種麹が取れました。 米(3分つき米)1kgからとれた種麹はわずかに10gでした。 片栗粉などで10倍に希釈して冷蔵庫で保存します。冷蔵庫ではほぼ半永久的に保存できます。 この10倍希釈した種麹1gから1kgの穀物(米、豆、麦など)を発酵して麹(米麹、豆麹、麦麹など)を作ることができます。 先日の菌の培養開始の記事で紹介しましたが、日本の主な調味料(みそ、しょうゆ、みりん、酢、酒、甘酒など)は麹菌で発酵させた麹から作ります。 日本は世界で一番食料の破棄(残飯量)が多い国であり、食べものが溢れていますが、本当の意味で食べられる(安全な)食べ物がなくなって […]

no image

甘酒のススメ

米麹から甘酒を作ってみました。 フェイスブックで紹介している発酵食品シリーズとしては、第7弾になります。   私の本にも「砂糖は百害あって一利なし」と簡単に解説しているのですが、甘酒はとってもヘルシーな飲み物で、別物といってよいほどのものなのです。   私は講演会などで「甘いものがどうしてもほしい時はどうすればよいですか?」と質問されたときは、真っ先に「甘酒!」と答えています。 甘酒は「飲む点滴」といわれるほど栄養価の高い食品になります。   甘いものや糖類は健康によくない一面がありますが、甘酒にはそれを補うに十分以上のメリットもあるのです。   良い機 […]

no image

ドキュメンタリー映画「いただきます」のオオタヴィン監督が取材に訪れました

なんとドキュメンタリー映画「いただきます みそをつくる子どもたち」の監督をされている映画監督で写真家でもあるオオタヴィンさんがわが家に取材に来てくださいました!! 皆さまは、ドキュメンタリー映画「いただきます」をご覧になったでしょうか。 http://itadakimasu-miso.jp/ この映画は、私が普段お伝えしていることをそのまま実践、実証しているような映画です。 日本の伝統的な食事や生活を福岡市の高取保育園の1年を通して描いています。この保育園は、現在全国から視察の申し込みが殺到しているそうです。 伝統的な和食(玄米、みそ汁、オーガニック野菜)、身土不二、自分の食べ物を自分でつくる […]

no image

しょうゆ麹の仕込み

米麹を使って、しょうゆ麹を仕込みました。 米麹に醤油を入れて、手揉みしてかき混ぜるだけです。米麹があればとっても簡単にできます。自分で作れば材料も厳選でき、オリジナルで安心安全な調味料を作れます。2週間ほど室温に放置し、その後は冷蔵庫で保存します。 しょうゆ麹は、ほぼしょう油と同じ様に使う事が出来ますが、とってもコクが出ますし、体にも良いものになりますね。 わが家では消費量が多く、この量を1年に3回ほど仕込む事になります。私の2册目の本「病気にならない食と暮らし」は、自然に沿った生活を具体的に実践する為の本です。麹菌の培養からあらゆる調味料の作り方を解説しています。 https://www.a […]

no image

塩麹としょう油麹の仕込み

新型コロナウイルスの記事が続きましたが、もちろん通常通りの活動もしております。 久しぶりに、塩麹としょう油麹を仕込みました。 今年の麹の出来もすこぶる良好です!今回仕込んだ塩麹、しょうゆ麹は約2週間後に完成となります。 麹菌は日本の国菌に指定されているほど重要な菌です。日本にはたくさんの発酵食品があり、日本人の健康を培って来ました。発酵食品の代表である調味料(みそ、しょう油、みりん、日本酒、米酢、甘酒、塩麹、しょうゆ麹など)はすべて麹菌の働きから発酵が始まります。 発酵食品は健康の要である腸内細菌を整えるのに最適です。今年も調味料の自給自足を目指します。 私事ですが、私が新型コロナウイルスに感 […]

PageTop