2019年の稲刈りが終了しました

今回の3連休の間に今年も無事に稲刈りが終了しました。
お手伝いしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

子どもたちは1日中走り回ったり、魚や虫を捕まえるのに夢中で楽しい時間になったと思います。現代の田んぼにもまだ、これらの自然が多く残されているのは嬉しいですね。

刈った稲は、ハセがけして天日干しです。2~3週間程天日干しした後に脱穀する予定です。フィチン酸やアブシジン酸などのいわゆる植物毒(種子毒)について、その害を強調する意見も多くみられます。

種子毒は、食べられてしまうと植物が子孫を残せなくなるために含まれているとされていますが、多くは発芽のときに分解され、毒性が低下すると考えられています。

ですから、健康を気にされる方の間では発芽玄米や発酵玄米にしたり、さらに、ナッツ類まで発芽オーガニックナッツなるもの流行っているそうです。

しかし、お米に関しては、天日干しにすることで、ほとんどの害は問題なくなりますし、ビタミン Dなどの栄養素もupし、なによりも美味しくなります^^

前回も書きましたが、現代は精神と物質という2極において、価値観が究極的に物質に偏った世の中です。全ては物質であり、精神的なものなどない。それらは宗教やスピリチュアルなどの非科学的でアヤシイ事と考えられる社会です。

さらに物質を含めたあらゆる価値は数値へと置き換わっていってますね。その最終形態が東京オリンピックに合わせて急速に進められている5GとIoT(モノのインターネット)によるヴァーチャルなネットワーク空間になります。そして、そのようなビッグデータはAIにしか管理不可能になります。

端的にいうと、今後世界は急激にすべてが数値化されたリアル・マトリックス(映画です)の世界に入って行きます。その中では精神的な活動は一切ない・・・真の意味で人間が進化の方向性を失った空間になります。

そのヴァーチャルな世界にすべての精神が飲み込まれていく大きな歴史的流れの中で、最後の砦となるのが自然とリアルにつながること(実践)になります。

できるだけヴァーチャルではなくリアルな活動をすること。一人でも多くの人が、まずは農業などからどんなことでも実践されることをお勧めします。

関連記事

自然農 その3 自然農のしくみ①

  農作業をしながら医師として様々な健康問題を考える中で、医療の世界と農業の世界に「微生物の重要性」というたくさんの共通項があることに気がつきました。   前回の記事で、自然農の基本的な特徴 […]

自然農 その2 自然農とは

  山の木や野原の草花は土を耕したり、肥料をあげなくても毎年豊かに茂り、成長します。 米や野菜などの作物も同じように、人工的なものは何も必要とせず自然近い状態で栽培できる。それが自然農の基本 […]

no image

発酵食品作りの開始

今年も発酵食品作りの開始です。 1、2月は農作業がほとんどありませんので、発酵食品などを作るのに適当な時期になります。 今回は、最も大切な麹菌の培養です。 日本の調味料のほとんど(みそ、しょうゆ、みり […]

no image

食に関する様々な健康情報に飛びつく前に知っておく最も大切なこと

<食事法> 不食、断食、フルータリアン、ビーガン、マクロビオティック、糖質制限食、ケトン食、MEC(肉・卵・チーズ)食、PUFAフリー、グルテンフリー、ローフード、分子整合医学的な食事・・・  <◯◯ […]

no image

みその仕込み開始

本格的に今年度の調味料作りを始めます。 まずは、調味料の定番「みそ」になります。 みそは日本の調味料の代表であり、すべての食べ物のなかで最も体に良いものの代表でもあります。食の欧米化に伴い、みそ汁をと […]

PageTop