映画「MMRワクチン告発(原題Vaxxed)」の日本での上演が中止になりました

楽しみにしていたアンドリュー・ウェイクフィールド監督の告発映画「MMRワクチン告発(原題Vaxxed)」の日本での上演が中止になりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl…

ウェイクフィールド氏は、1998年に医学雑誌の最高権威「ランセット誌」にMMRワクチンと自閉症との関係を世界で初めて報告した本人です。

この論文は、利益相反行為や、データ改ざんの疑いが指摘され、結果的に2010年にランセット誌がこの論文を(間違いであったと)撤回し、ウェイクフィールド氏は医師免許まで剥奪されています。

MMRワクチンとはM(麻疹:はしか:measles)M(ムンプス:おたふく:mumps)R(風疹:三日はしか:rubella)それぞれのワクチンを混合した三種混合ワクチンです(つまり同時接種になる)。

日本では、1988年から使用され、1993年にムンプス髄膜炎の副作用の頻度が高かったために(自閉症が増加したことが理由ではない)中止となり、現在は存在しないワクチンになります。

この映画は、多くの医師から批判を受けていたとのことですが、公開中止になった直接の理由は、配給元の説明では、登場する一つのグラフの説明において、監督と意見の相違があったからとなっています。
http://unitedpeople.jp/vaxxed/japan

監督は、日本で麻疹と風疹を同時接種していたと説明したが、実際に調べると同時接種ではなく、1ヶ月の期間をあけて接種されていた(私は現場にいましたが、これは事実です)。ここに食い違いがあったからとしています。

しかし、ウェイクフィールド氏が伝えたい問題の本質は、MMRワクチンが3種類のワクチンの同時接種であるからではなく、ワクチン中の水銀が自閉症に関係しているということです。(注:私個人の意見としては、同時接種ももちろん大きな問題ですが・・・)

私は実際にこの映画を見ていませんのでわかりませんが、今回の公開中止は、本質と関係のない所で決められている感じがします。例えば、料理コンテストで、純粋に味ではなく皿が規格外だったから・・・あるいは、料理人の学歴に問題があったから・・・などのようにです。せめて公開してから、賛否両論を求めてもいいと思いますが、皆様はどのように感じますでしょうか?

ワクチンとくにチメロサール(水銀)と神経障害、自閉症、発達障害との関係については、否定、肯定それぞれの論文、意見があり、結論は出ていないというのが正しい見方です。(注:エビデンスを強調する人が多いですが医学論文が必ずしも正しい訳ではないことにも注意が必要です)

関係がないという教科書的説明をする権威があるとされる論文はよく紹介されますが、関係があるという論文も実はたくさんあります。

例えば、Miller’s Review of Critical Vaccine Studies: 400 Important Scientific Papers Summarized for Parents and Researchersという本にはチメロサールと自閉症などの発達障害との関係を示す30以上の医学論文が紹介されています。
https://www.amazon.co.jp/Millers-Review-Critic…/…/188121740X

PabMed(NIHの世界最大の無料医学論文検索サイト)で検索すれば、さらにこの10倍もの論文が出てきます。とくに医療関係者の方は、権威や学会の説明だけではなく、ぜひ、ご自身で調べられることをお勧めします。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/

水銀を含むワクチンをどう考えるかに答えはありませんが、以下のような「事実」を参考に考えることをお勧めします。

・水銀は明らかな神経毒である
・水銀の脳内半減期は7〜20年とされている
・水銀はワクチンの防腐剤として使われている
・歴史的にみて、重症な感染症に対する多くのワクチンは患者数・死亡数ともに激減し、ほとんどみられなくなってから始まっている
・血管に入ったワクチン成分はすぐに血液中にも移行する
・血液中の毒性物質の脳内への侵入を防ぐ関門である血液脳関門(BBB)は一部障壁の薄い部分がある
・とくに乳幼児ではBBBの発達がとても未熟である
・第I脳神経である嗅神経は鼻の粘膜に直接露出しておりBBBがない
・注射時に大泣きすると当然涙が鼻に大量に流れる

私は、急増している自閉症を含めた発達障害の主因がワクチン中の水銀だけとは考えていません。私の本「自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全」にはワクチン、発達障害などについても、とても詳しく書いています。併せてぜひ参考にしてください^^
https://www.amazon.co.jp/dp/4479784349/

関連記事

no image

抗体検査は免疫がついているかどうかの判定に使わない方がいいという意見に対して COVID-19 ⑭

抗体検査の記事が増えていますが「抗体検査は診断に使うのはかまわないが免疫がついているかどうかの判定はすべきではない」という意見が出ています。 例えば、以下などになります。 ①http://agora-web.jp/archives/2045105.html?fbclid=IwAR1qW7nBOqOIGsSdamwOns-Lu6oVIn4wUnDk4gCOFYCeow1Fcx_VkncjHX0 ②https://news.yahoo.co.jp/byline/onomasahiro/20200405-00171520/?fbclid=IwAR2y-OJwAqHcbnJWLcxMaV5HvibF7 […]

no image

一般家族内で新型コロナウイルス感染が疑われたり、すでに発症者が出た場合の対応(2/26) COVID-19⑤

連日、新型コロナウイルスの記事を書いています。今までの記事のリンクを以下にまとめておきます。ぜひ合わせてご参照ください。 ①最も重要な情報の簡潔なまとめ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226 ②新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2623921001266236 ③新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/ […]

no image

月刊「壮快」2019年6月号記事「遺伝子組み換え(GM)作物について①」

今回は、月刊壮快の記事を補足して、遺伝子組み換え作物(GM作物)についてです。   健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。今月号(2019年6月号)は連載第18回目「遺伝子組み換え食品について①」です。   今回は、月刊壮快の記事を補足して、遺伝子組み換え作物(GM作物)の論文報告で最も重要なものを紹介致します。2012年にFood and Chemical Toxicology誌という食に使用される添加物などの毒性についての専門の医学雑誌に掲載されたSeralini博士の論文報告です。 論文タイトルは「Long term toxicity […]

no image

新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴(2/24) COVID-19③

新型コロナウイルス(COVID-19)関連の記事を続けて書いています。 いままで書いた記事のリンクは以下の通りです。 最も重要な情報の簡潔なまとめ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226 新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2623921001266236 新型コロナウイルスは新しく登場したウイルスです。適切な対応をするためには正確な情報が必要になりますが、ウイルスを含め、感染症についての理解は、医師や専 […]

no image

最も重要な情報の簡潔なまとめ(2/21) COVID-19①

いまさらながらですが^^私は医師であり、臨床は小児科学、研究はウイルス学、ワクチン学が専門になります。米国NIH(国立感染症研究所)に3年間程留学し、分子生物学(遺伝子工学ともいいDNAやRNAなどの遺伝子を切ったり、繋いだり、合成したりします)を使いロタウイルス、ノロウイルスなどの研究をしていました。 現在、新型コロナウイルス(COVID-19)が巷を騒がしていますので、一応専門家??として、何回かにわたって解説し記事にしてみます。 今回の新型コロナウイルスは昨年末(令和元年12月頃)に中国の湖北省武漢市で出現したとされていますが、感染拡大にともない、連日、ニュースや報道番組、ネットなどで様 […]

PageTop