食に関する様々な健康情報に飛びつく前に知っておく最も大切なこと

<食事法>

不食、断食、フルータリアン、ビーガン、マクロビオティック、糖質制限食、ケトン食、MEC(肉・卵・チーズ)食、PUFAフリー、グルテンフリー、ローフード、分子整合医学的な食事・・・ 

<◯◯が身体に良い・悪い>

玄米、菜食、小麦、穀物、雑穀、肉、牛乳、大豆、砂糖類、多糖類=炭水化物、動物性たんぱく、植物性たんぱく、動物性の油、植物性の油、ω3・6・9・・・

次から次へと食事法、健康法、栄養学が出てきています。勉強すればするだけ何が正しいのかわからなくなります。これらの中にはお互いにまったく正反対な意見のものもたくさんあります。

それぞれの本や記事の中では、あたかも自分の意見・理論が正しいかの様に、一見理論的に、整合性をもって書かれているのに、なぜ、こんなにもたくさんの相反する意見が出てくるのでしょうか。

食事は健康と関係ないという極論すらありますが、これは全体が観れていない短絡的な考えです。人の身体は食べたものでできていますので、やはり食事の内容は最重要だと思います。また、何を食べるかは、自分だけではなく他のもの(生き物や環境)にも影響を与えていくからです。

さらに私は、食をどうするかが、最も人間性の出るところだと考えています。食は命を頂くことであり、世界(全体)に対して自分(部分)がどのようなスタンスであるかの表現です。食を見ればその人がわかる、まさに縮図なのです。

人は自分の考えや理論に沿うものを集めやすいという傾向があり、自己正当化バイアスと言います。このバイアスを外す方法はいくつかありますが、最も重要な方法は、理屈(理論)ではなく「事実だけ」を見ることです。

現代では、ほぼ無限にどのような情報でも得られますし、その情報をどのようにでも解釈できる時代です。重大な事実を無視して、自分の考えに合う枝葉の情報を組み合わせれば、どのような理論でも組み立てられてしまいます。人の思考やそれを組み合わせた理論や理屈には、必ずこの自己正当化バイアスがかかります。 

かくいう私の意見にも自己正当化バイアスがかかっていますので、私の判断基準(バイアス)をはじめに明確に宣言しておきます。 

私の場合は、何かを判断する場合、自然に沿っているかどうかで判断しています。自然の法則は人だけに当てはまるシステムではなく、動物にも植物にも微生物にも環境にも当てはまるのです。

すべてはつながっていますので、どこかに負担をかけることは、最終的にはすべてにとって(人にとっても)よくありません。「物事を広くみる」とはこのことを言うと思います。

つまり、私のお勧めしているすべての食や健康法は、自分のみならず、家族も、他の人達も、人以外のすべての生物も、環境も良くなる方法なのです。そうでないものは、自己正当化バイアスがかかった思考の産物であり、必ずどこかが間違っているのです。 

では、食事と健康に関する「最も重大な事実」を見てみましょう。

戦後の日本の3大栄養摂取量と現代病(がん、アレルギー、自己免疫疾患、高血圧、糖尿病、肥満、うつ、自閉症・・・など)の激増(うなぎのぼりに増えています)の関係を最も単純に、あらゆるバイアスを外して事実だけをみます。

もちろん、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、様々な汚染物質(公害、農薬、添加物、重金属、抗菌グッズ、薬、ワクチン、精製塩、塩素、フッ素、遺伝子組み換え、放射能・・・など)、さらにはメンタル(心)の影響もとても大きく、考慮する必要がありますが、まずは何はともあれ、最も重大な部分である3大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)をみます。

①総糖質(炭水化物を含む)は減少

このうち単糖類、二糖類は激増、多糖類は激減、食物繊維は激減

②総タンパク質は横ばい

このうち動物性は増加、植物性は減少

③総脂質は激増

このうち動物性は激増、植物性は増加、植物性ではω6は増加、ω3は横ばい 

これらからわかる結論は・・・

①総摂取量を見ると糖質、タンパク質よりも脂質が最も重要かもしれない

②脂質のうち、動物性(飽和脂肪酸)と植物性(不飽和脂肪酸)のどちらが悪いのかはこれだけではわからないが、おそらく動物性の方が悪い

③植物性脂質の中では、植物性全体の摂取も増えており、ω3/ω6のバランスから考えると、ω3を増やすよりもω6を減らすことが重要

④糖質が問題あるなら精製糖(単糖類、二糖類、さらに白米などの精製された炭水化物も)、タンパク質が問題あるなら動物性の方

 枝葉の話はさておいて、まずはこれらが食についての基本で、あらゆることに優先する「事実」になります。

 次々と健康論、栄養論、食事論・・・が出てきますが、ここから大きく外れるものは、どんなに論文を引用しても、どんなに理論的であっても、どんなに言葉巧みに誘導していても「事実」からはズレていることになります。つまり、自己正当化バイアスにより捻じ曲げられた理論になります。

 以上が、食に関する情報を判断する時に枝葉の部分ではなく、まずはもっとも大切で基本的な事になります。

関連記事

no image

米麹作り

今年培養して増やした麹菌を種麹に米麹を作りました。 使った種麹は先日記事にしたものです。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2302639180061088 とっても出来の良い米麹になりました^^ この種麹は大体40時間で米を米麹にすることができます。温度管理はほぼ12時間ごとに麹室(麹を作る箱)の底に置く湯たんぽを取り替えるだけです。 今年培養した麹菌の出来がとても良いことがわかりましたので、今年度の調味料(みそ、しょう油、みりん、酢など)はこれを種麹にして作ってみます。 まずはこの米麹から、しょうゆ麹と甘酒を作ります。 種麹は冷蔵庫 […]

no image

雑誌 「天然生活」の2020年7月号に私の特集記事が載りました。

シンプルで丁寧な暮らしを楽しみ、育むことをコンセプトにしている雑誌「天然生活」の今月号(2020年7月号)に私の特集記事が載りました。 新型コロナウイルス騒動の大変な中、とても丁寧に、くわしく取材していただきました。 今回の特集は「健やかに過ごすため」です。私の記事は「病気にならない暮らし方」として、今までの活動の紹介を含め、考え方の要点をとても分かりやすくまとめた記事になっています。雑誌「天然生活」は写真もとってもきれいですね^^ 内容は、以下になります。 ①どんな生き物も自然から離れられない ②医の前に食があり、食の前に農がある ・農について ・食品の栄養価が下がっている理由と対処 ・微生 […]

no image

発酵食品作りに使う種麹の完成

無事に種麹の培養が終了し今年の発酵食品に使う種麹が取れました。 米(3分つき米)1kgからとれた種麹はわずかに10gでした。 片栗粉などで10倍に希釈して冷蔵庫で保存します。冷蔵庫ではほぼ半永久的に保存できます。 この10倍希釈した種麹1gから1kgの穀物(米、豆、麦など)を発酵して麹(米麹、豆麹、麦麹など)を作ることができます。 先日の菌の培養開始の記事で紹介しましたが、日本の主な調味料(みそ、しょうゆ、みりん、酢、酒、甘酒など)は麹菌で発酵させた麹から作ります。 日本は世界で一番食料の破棄(残飯量)が多い国であり、食べものが溢れていますが、本当の意味で食べられる(安全な)食べ物がなくなって […]

no image

しょうゆ麹の仕込み

米麹を使って、しょうゆ麹を仕込みました。 米麹に醤油を入れて、手揉みしてかき混ぜるだけです。米麹があればとっても簡単にできます。自分で作れば材料も厳選でき、オリジナルで安心安全な調味料を作れます。2週間ほど室温に放置し、その後は冷蔵庫で保存します。 しょうゆ麹は、ほぼしょう油と同じ様に使う事が出来ますが、とってもコクが出ますし、体にも良いものになりますね。 わが家では消費量が多く、この量を1年に3回ほど仕込む事になります。私の2册目の本「病気にならない食と暮らし」は、自然に沿った生活を具体的に実践する為の本です。麹菌の培養からあらゆる調味料の作り方を解説しています。 https://www.a […]

no image

ゲノム編集について

ゲノム編集を理解するためには、様々な専門的な知識が必要ですので、できるだけわかりやすいように用語を解説して説明してみます。 https://www.sankei.com/smp/life/news/181205/lif1812050042-s1.html?fbclid=IwAR2rILixbV0pQPnFPI72uvNLlG-KieLxqCg2rEf8aLRN3JzsdiIgNhFxJ7E 遺伝子とは、体の設計図です。背を高くする・低くする、肌を白くする・黒くする、感染にかかりやすい・かかりにくい、がんになりやすい・なりにくい・・・など、人の心身の特徴は、それを決める遺伝子により決まります(た […]

PageTop