超過死亡について・超過死亡①「COVID-19第1波のまとめ①」

日本を含めたアジアや欧米ではCOVID-19の第1波は収束しつつあります。そこで、現時点でのまとめを何度かにわけてまとめます。

COVID-19の第2、3波の備えを考える上で、第1波から見えてきた新型コロナウイルスの本当の実態を明らかにし、今までの国の対策の評価をすることが大切になります。その際にとても重要になるのが抗体検査と超過死亡になります。

抗体検査に関しては、すでに何度も解説しましたが、現在の市販のキットでは正確性に大きな問題が指摘されています。正確性の高い実験室レベルの抗体検査の1日も早い開発が望まれます。

一方の超過死亡がなぜ重要なのかと言うと、超過死亡は検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)の精度や正確性に左右されない病気の真のインパクトを評価できるからです。そこで、まずは超過死亡について難しい言葉は一切使わないで説明してみます。詳しくは専門書などをご覧ください。

超過死亡とは、ある時期(冬なら冬、1月なら1月)において、過去の平均と比べてある年の死亡数が超過している(つまり増えている)数になります。超過死亡は、WHOにより提唱され、これまでインフルエンザのより正確な評価に対して使われてきました。

インフルエンザでは、感染した人の全員が病院にかかるわけでも、検査されているわけでも、報告されているわけでもありません。ですから、指定の(定点といいます)医療機関からの報告数だけからでは、インフルエンザによる本当の患者数や死亡数はわかりません。

インフルエンザが流行する時期に超過死亡が発生したら(ほぼ毎年発生しています)、実際の検査数と関係なく、これをインフルエンザによる死亡と推定するのです(正確には様々な補正の計算が入ります)。

日本での例年のインフルエンザによる死亡数は、報告では約3000名くらいですが、超過死亡では約1万人と推定されています。日本でのインフルエンザの致命率が約0.1%と見積もられているのは、例年、インフルエンザには約1000万人が感染し、約1万人が超過死亡と考えられていますので、1万/1000万=0.1%となります。

今回のCOVID-19でもインフルエンザと同様に、正式に報告されている患者数や死亡数は実態とかけ離れている可能性があります。

まず、今報告されている患者数はPCR検査の陽性数になります。しかし、PCR検査は(抗原検査や抗体検査も)以前から精度が問題になっていますし、どのような時に検査するのか、徹底的に検査するのか?ハイリスクだけ検査するのか?などの方針の違いや検査体制はそれぞれの国でまったく異なります。どのように検査、報告するかで患者数はまったく変わってきます。実際に日本での検査数の極端な少なさが指摘されていますね。

次に死亡数は、患者数よりは確実な数字と考えられます(ほとんどの国で国民の死亡数を把握するシステムがあるため)。しかし、死亡したすべての人に新型コロナウイルスの検査をするわけではありませんし、国によっては、介護・高齢者施設やホスピスでは初めから検査をしていなかったりします。また、自宅や路上での死亡例(いわゆる変死)に対する扱いも決まっていません。

さらに、マンパワーや設備の問題から検査できない国もあります。このように報告されている患者数や死亡数は本当の数字とは大きく異なる可能性があります。

これらから計算される罹患率(国民全体での感染する割合)、死亡率(国民全体での死亡する割合)、致命率(感染者あるいは患者での死亡する割合)なども同じです。また、これらの数値の国際的な比較はできないことになります。

とくに、病気の重要度を示す死亡数は、上に挙げた様々な理由により実際の死亡数からかなり少なく見積もられている可能性が指摘されています。これを補正するのが超過死亡になります。

超過死亡についての最もセンセーショナルな報道は以下になります。The New York Times誌「コロナウイルスの流行で109,000名の死亡が見逃されている」https://www.nytimes.com/interactive/2020/04/21/world/coronavirus-missing-deaths.html他にも日本経済新聞5/24「コロナ感染死、把握漏れも「超過死亡」200人以上か」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59508030U0A520C2NN1000/朝日新聞5/25「世界各国で「超過死亡」コロナ死者、発表数より多い?」https://www.asahi.com/articles/ASN5S6V61N5FUHBI02G.htmlなどになります。

逆に、基礎疾患など別の理由の死亡をCOVID-19による死亡にカウントしていたり、保険請求や何らかの意図によりCOVID-19の死亡数が水増しすることにより過大評価しているのではないか?という指摘もあります。

超過死亡は、単純に国全体の死亡数をみますので、数字は検査の種類や正確性に左右されません。それにより、病気の真の重要性を評価し、国際比較できる唯一の指標であり、以下の様々なメリットがあります。

①どんな検査でもわからない真の死亡数と死亡率が推定できる

②それにより、様々な要因による過小評価や過大評価を防ぎ、病気の真の重要性や社会に対するインパクトがわかる

③国によりばらつきのある検査の方針や体制などを補正して比較できる

一方、超過死亡のデメリットは計算による推計値であることと、死亡の原因を問いませんので、もしかしたら、まったく違う原因の死亡数もカウントしているかもしれない点になります。

いずれにしても、超過死亡からは、様々な解析ができますので、今後何回かに渡ってCOVID-19の第1波を様々な角度から検証していきます。

私の新刊「感染を恐れない暮らし方」も発売中です^^http://urx.blue/0VXKどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

no image

COVID-19の日本と米国の現状 2020年11/14の時点

前回の流行の際、使われる用語とほとんどの政府系機関やマスコミが使用している陽性数と私が計算している陽性率との解釈の違いを解説しました。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2860138790977788 今回の記事は、これを踏まえて、日本とUSA でのCOVID-19の状況を解説します。 はじめに、日本です(図1)。COVID-19の発生初期から現在(2/23〜11/14)までの陽性数、陽性率、死亡数の推移を図に示します。 検査陽性数でみると、現在、日本は現在第3波の始まりに入っているように見えます。  まず第2波ですが、第1波に比べてピ […]

no image

免疫のとても簡単なまとめシリーズ④「獲得免疫系について」

シリーズで、できるだけだれにでも分かるように免疫の解説をしております。いままでの記事を読んでいただくと理解が深まります。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2805909419734059 獲得免疫系は自然免疫系だけでは対処できない時に働き出す系です。決まった異物だけを排除し、記憶するのが特徴です。 獲得免疫系の役割は大きく以下の3つになります。①自他の判定自然免疫系が運んで来たものを判定しますが、「自分(自己)か異物(他者)か」を判定しています。自分(自己)と判定した場合にはもちろん反応しません。②異物と判定した場合に、その異物だけを排 […]

no image

新型コロナウイルスの特徴の追加と今後の対応についての考え方(3/10の時点) COVID-19⑦

新型コロナウイルスの記事をいくつか書いています。今までの記事のリンクを以下にまとめておきます。ぜひ合わせてご参照ください。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2628624327462570 本日(3月10日)は、現時点で分かっている新型コロナウイルス(covid19)のいくつかの特徴を追加して、今後の日本での対策をまとめます。 〜新型コロナウイルス(covid19)の特徴の追加(現時点 3月10日)と今後の対応についての考え方〜 ①不顕性感染が多いと思われる ②不顕性感染者も発病者と同等のウイルス量を排出している ③①②により今後の市 […]

no image

月刊「壮快」2018年12月号「腸内細菌が喜ぶ食事で腸内細菌を復活させよう」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。 今月号(2018年12月号)は連載第12回目「腸内細菌が喜ぶ食事で腸内細菌を復活させよう」です。 世界の食をみると、暮らす国や地域により全く内容が異なります。現代のような流通がない時代は、自分の住む環境から得られるものしか食べられませんでした。しかし、それでもほとんどの人は健康に生きてきました。 例えば・・・ ・私は動物性とくに四つ足動物の摂取をあまりお勧めしていませんが、イヌイットはかつて動物性食品100%(植物が育ちません)で皆元気に生活していました ・マサイ族は、これまた私がお勧めしていない牛乳 […]

no image

子どものマスク使用にはあらゆる副作用があることがわかりました

以前の記事で、新型コロナウイルスによる被害は、ウイルスの直接の害(病気や死亡)や経済的なダメージよりも、とくに子ども達の精神に対する害が最も大きいと書きました。 今回の記事は、子ども(18歳以下)のマスク使用による健康障害の世界ではじめての論文を紹介します。https://www.researchsquare.com/article/rs-124394/v2 ドイツでのオンラインによる調査で、開始後1週間(2020年10月26日)で20353人(主に親)が登録し25930人の子どものデータを集計しています。 布マスクが65%、サージカルマスク(外科用マスクで通常の市販のマスク)21%でした。マ […]

PageTop