新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) COVID-19②

先日(2/21)、現在日本で流行しつつある新型コロナウイルス(COVID-19)について、まず大切になる最も重要な情報を簡潔にまとめました。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226

今回は新型コロナウイルスのウイルス学的な特徴を書こうと思ったのですが、専門的な話よりも、まずは大まかな臨床的な特徴を現時点で分かっている範囲でまとめて記事にしました。以下の点に注意してください。
・新しく出現したウイルスですので、不明な点が多い
・現在進行中の感染症なので最終的な結論ではない
・特定の報告からではなく、多くの情報元から総合的にまとめている
・すべての特徴がこれから流行する日本人に当てはまる訳ではない

まずは、まとめとして箇条書きで書き、その後解説を加えます

①感染経路は今のところ飛沫感染と接触感染であると考えられる。
②基本再生産数(RO:アール ノート)は2〜3ほどと推定される
③潜伏期間は1〜12.5日とされ、多くは5〜6日と思われる
④不顕性感染をかなりの高率で認める
⑤致命率は0.05〜3ほどと推定される
⑥症状は一般の風邪と同じ 呼吸困難(呼吸苦)と倦怠感、高熱の持続に注意

以下に補足を含め解説します。

①感染経路
感染経路は感染の予防や対策を考える上で重要です。今回の新型コロナウイルスの感染経路は、今のところ飛沫感染と接触感染であると考えらます。いずれも口や鼻の粘膜を通して感染することが重要です。

飛沫感染とは感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)によりウイルスが放出され、他人がそのウイルスを口や鼻から吸い込むことで感染します。屋内や車、電車などの公共機関で距離が十分にとれない状況で、他人と一定時間いるときがリスクになります。

接触感染とは、感染者の飛沫が直接、あるいは飛沫がついた手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他人がその物を触るとウイルスが手につき、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなどがリスクになります。

「飛沫が空気中で混ざり合ってエアロゾルを形成し、これを吸引して感染する」エアロゾル感染が指摘されていますが、これは空気感染ではなく、飛沫感染に相当すると考えられます。

いまのところ、空気感染(これも粘膜感染です)はおそらくないと考えられます。空気感染するウイルス(麻疹や水痘)の場合、感染力はとても高い事になります。

②基本再生産数(RO:アール ノート)
基本再生産数とは1人の感染者が周囲に感染させる数(二次感染者数)で、感染力の目安となる値です。今回の新型コロナウイルスのこれまでの報告では1.4〜6.6で、最終的には2〜3になると予想されます。

他の主な病原体のRO推定値は以下になります。
麻疹12〜18、百日咳12〜17、水痘8〜10、風疹5〜7、おたふくかぜ4〜7、天然痘5〜7、季節性インフルエンザ2〜3 HIV 2〜5、SARS 2〜5、MERS 0.8

ですから今回の新型コロナウイルスはインフルエンザよりも少し強い感染力と考えられます。

なお、ウイルスの排出は発症から3〜4日がピークと考えられていますが、その後どれくらい排出期間が続くのかははっきりしていません。

③潜伏期間
潜伏期間とは、感染してから発症までに要する症状が出ない期間のことで、感染管理や二次感染予防にとても大切な情報です。今のところ今回の新型コロナウイルスの潜伏期間は1〜12.5日で、多くは5〜6日ほどと考えられています。

④不顕性感染
不顕性感染とは感染はしたが症状を示さない(つまり発症しない)感染のことを言います。今回の新型コロナウイルスでは、不顕性感染がみられ、それもかなりの高い率(場合により50%近く?)になる可能性があります。

不顕性感染が多いということは、症状がでないまま自然に治っているという事ですから、軽症例が多いということになります。一方で、知らないまま感染している可能性があることになりますし、知らないまま人に移す可能性もあるということになります。

不顕性感染では、通常は病院にかかったり、検査を受けない訳ですから、これが多い場合は、流行の全体像の解析(発生数、致命率、重症度など)や2次感染予防つまり、感染のコントロールがとても難しくなります。

最大の問題は、不顕性感染程度の軽い感染者が他人に移す力を持つかどうかということになりますが、はっきりしたテータは今のところありません。おそらく不顕性感染であっても人に移すのではないかと思います。

⑤致命率
致命率とは、ある病気にかかった人の中での死亡する割合のことです。
先日も書きましたが、今回の新型コロナウイルスの致命率は0.05〜3ほどと推定されます。

リスク(健康状態、衛生環境、栄養状態、国、気候)などにより大きく異なりますが、今回の新型コロナウイルスは、パンデミック(広範囲の流行)を起こす新規の感染症としては高くない値です。

おそらく日本では最終的には0.1%程度かそれ以下になると思われます。しかし、0.1%でも例えば1000万人が感染すれば1万人程が亡くなることに注意してください。

⑥症状 
今回の新型コロナウイルスの初めの症状は、発熱、咳、倦怠感、関節痛・筋肉痛、悪寒などで通常の風邪の症状とまったく区別できません。

今回の新型コロナウイルスでは肺炎を非常に高率に合併するのが最大の特徴ですので、経過が長くなり、発熱の持続、呼吸困難(呼吸苦)、つよい倦怠感(だるさ)の症状が出る場合に強く感染が疑われます。

重要なポイントは
・通常の健康な人にとっては症状の強い風邪程度の感染症(1週間程の経過)である
・免疫力、抵抗力にリスクがある人は感染率、致命率ともとても高くなる
・小児(20歳未満)では患者数、致命率ともにとても低い

最後に、CCDC(中国疾病管理予防センター)によるChinese journal of Epidemiology誌オンライン版2020年2月17日号掲載された中国で感染が確定した全症例(今までに最も多い4万4,000例以上)の報告の要約です。上にも書きましたが、日本でどのようになるかは分かりませんが、とても参考になると思います。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32064853

・年齢構成
9歳以下 416例(0.9%)
10~19歳 549例(1.2%)
20~29歳 3,619例(8.1%)
30~39歳 7,600例(17.0%)
40~49歳 8,571例(19.2%)
50~59歳 1万8例(22.4%)
60~69歳 8,583例(19.2%)
70~79歳 3,918例(8.8%)
80歳以上 1,408例(3.2%)。

・重症度
軽度 3万6,160例(80.9%) 風邪や軽い肺炎
中等度 6,168例(13.8%) 肺野の50%未満の浸潤までの肺炎
重度 2,087例(4.7%) ICUでの全身管理が必要な状態
不明 257例(0.6%)

・併存疾患
高血圧 2,683例(12.8%)
糖尿病 1,102例(5.3%)
心血管疾患 874例(4.2%)
慢性呼吸器疾患 511例(2.4%)
がん 107例(0.5%)

・致命率
1,023例が死亡 全体の致命率は2.3%。

・年齢層別の死亡数
9歳以下 なし
10~19歳 1例(0.2%、0.002)
20~29歳 7例(0.2%、0.001)
30~39歳 18例(0.2%、0.002)
40~49歳 38例(0.4%、0.003)
50~59歳 130例(1.3%、0.009)
60~69歳 309例(3.6%、0.024)
70~79歳 312例(8.0%、0.056)
80歳以上 208例(14.8%、0.111)

・基礎疾患がある場合の死亡数
心血管疾患 92例(10.5%、0.068)
糖尿病 80例(7.3%、0.045)
慢性呼吸器疾患 32例(6.3%、0.040)
高血圧 161例(6.0%、0.038)
がん 6例(5.6%、0.036)

関連記事

no image

那須烏山市の烏山高校で校外学習「烏山学+」の講義をしました

本日は、地元である那須烏山市の唯一の高校である栃木県立烏山高校で初めての講義でした。 この講義は、烏山校校外学習「烏山学+」のプログラムの一つとして高校2年生に対して行われています。 テーマは「命と向き合う」で、私のいつもの活動を自由に述べてほしいという要望でしたので、様々な内容を楽しくお話しさせていただきました。 ・なぜ医師である私が今のような生活をし、活動しているのか ・なぜ人は病気になるのか ・なぜ病気がこんなに増えているのか ・微生物と人、社会、環境(地球)との関係 ・自然農、自然食、自給自足の生活 ・病気ではなく人を見る ・人の体ではなく人の意識を治す ・意識が生き方(生活、行動、考 […]

no image

月刊「壮快」2019年5月号記事「日本人にとって小麦粉製品は主食ではなく嗜好品」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。今月号(2019年5月号)は連載第17回目 です。 戦後一貫としてあらゆる現代病、アレルギー、自己免疫疾患(膠原病)、がん、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)、うつ、自閉症、発達障害・・・がまさに激増しています。 これらの現代病は、日本では戦後から激増しています。病気は食事の影響だけではありませんが、食事から病気や健康を考察するときはこの視点がとても大切です。 先住民や原始人の食事から食事法を解説する意見もみられますが、その時代の食事や生活環境は想像や仮定のものであり、何でも言えることになりま […]

no image

民間での抗体検査の結果が次々に出て来ていますがが、どれも同じような結果です COVID-19⑳

すでに多くの人がシェアしていますが、神戸市立医療センター中央市民病院に新型コロナウイルスと関係のない症状で外来を受診した患者1000人に抗体検査を行い33人(3.3%)で陽性(つまり抗体を持っている=すでに感染している)という結果でした。性別や年代の偏りを修正すると、抗体を持つ人の割合は2.7%になるそうです。 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200503/k00/00m/040/002000c 神戸新聞 https://this.kiji.is/629660907131749473?c=49404987701575680&fbclid=IwAR […]

no image

微生物の排除が病気を作っていることが常識になる時代へ Vol.2

このブログでは腸および腸内細菌の状態が人の健康にとって最も大切であることを繰り返しお伝えしています。最近になって、腸内細菌叢(以下マイクロバイオータ=MBと表現します)の重要性について書かれた本や雑誌、テレビ番組などを頻繁に見かけるようになりました。   以前「あなたの体は9割が細菌」という本のレビュー記事を書きました。 微生物の排除が病気を作っていることが常識になる時代へ   今回は新たに「腸科学」という本が日本語訳で出ました。全体的に前回の「あなたの体は9割が細菌」と重なる内容が多いのですが、今回の「腸科学」では、著者の具体例を含めた食事についてもとても充実しています。 […]

no image

今シーズンの日本の超過死亡・超過死亡④ 「COVID-19第1波のまとめ④」

今回は、日本の今シーズンの超過死亡についてになります。 超過死亡のデータは、後で必ず必要になると思いますので、淡々と続けていきます^^ 今までの超過死亡の記事はリンクを参照して下さい 結論は、今シーズンの日本では、インフルエンザ、COVID-19ともに超過死亡は発生していないか、発生していてもごくわずかであることが予想されます。 以下、詳しい説明になります。 実は、日本では超過死亡は古くから解析されており、超過死亡を迅速に計算できるシステムがあります。 https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-m/2112-idsc/jinsoku/131-flu-jinsoku. […]

PageTop