第14回直立歯科医学研究大会に参加しました

北海道札幌市で開催の第14回直立歯科医学研究大会に参加してきました。

私は「グローバルに考える病気の原因〜微生物と病気の関係〜」の講演をさせていただきました。

全国で講演させていただいていますが、医歯学の学会、研究会での講演は実に10年ぶり位になります。研究会主宰の 臼井先生を始め関係者の皆様に感謝いたします。このような機会を与えていただきありがとうございました。

直立歯科医学とは、とても簡単には説明出来ないのですが「真っ直ぐに立てないこと」と様々な不調や病気との関係を研究する学問です。
以下などをご参照ください。
https://www.facebook.com/chokuritsu/
http://agozure.com/index.html
https://www.amazon.co.jp/ dp/4782550952
https://www.amazon.co.jp /dp/4263444841/
https://www.amazon.co.jp /dp/4872911849

歯科医師や医師を含めてほとんど知られていませんが、人が真っ直ぐに立てなくなる(あるいはきちんと噛む事ができない)と、頭が傾き、全身がねじれてきます。

それにより、頭痛や肩こり、腰痛などの症状からはじまり、うつや様々な精神症状、あらゆる内科疾患、神経難病などを含めてとても多くの病気を引き起こして行くのです。

人が真っ直ぐに立てる状態に修正(おもに歯の噛み合わせや咀嚼の状態を矯正するのですが、従来の歯科矯正とは考え方が大きく異なり、ここがとても重要でなおかつ難しい^^)することにより、実際に驚くほどの多くの症状や病気(治療法のない難病などを含めて)が改善する例がたくさんあるのです。

この直立歯科は、現在、日本はもちろんですが、海外でもほとんど知られていいませんが、目覚ましい発展がみられる分野で、次々に新しい知見が集まってきています(この直立歯科医学研究会が世界の最先端です!)。

直立歯科は、近い将来間違いなく、世界の歯科学、医学、健康学に革命(パラダイムシフト)をおこす学問になっていくと思います。

参加されている人は、ほとんどが歯科医師(矯正歯科)、歯科衛生士、カイロプラクティックの方々などで、医師は私一人でした。私は、ほとんど全く歯科治療や矯正治療の知識がなく、出てくる用語は宇宙語のようでしたが、とても面白く、熱気があり、可能性があり、興味が尽きない話ばかりでした^^

これから、直立歯科の知識なしに病気や健康を語れない時代がやってきますので、興味のある方(とくに医療関係者)は是非、直立歯科の動向に注目してください。

関連記事

no image

新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴(2/24) COVID-19③

新型コロナウイルス(COVID-19)関連の記事を続けて書いています。 いままで書いた記事のリンクは以下の通りです。 最も重要な情報の簡潔なまとめ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226 新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2623921001266236 新型コロナウイルスは新しく登場したウイルスです。適切な対応をするためには正確な情報が必要になりますが、ウイルスを含め、感染症についての理解は、医師や専 […]

no image

インフルエンザの流行の拡大は規則上の問題が大きい

〜インフルエンザの流行の拡大は規則上の問題が大きい〜 昨日記事を出す予定でしたが、様々な事情により1日遅れました^^ 最近出したインフルエンザの記事は以下をご参照ください。 「インフルエンザはただのかぜ、ワクチンや病院の受診は不要」 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2305267673131572 「インフルエンザの流行を防ぐ最大の対策は自宅待機」 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2305907309734275 先日の記事では、インフルエンザに対して、すぐに病院を受診して検 […]

no image

抗体検査は免疫がついているかどうかの判定に使わない方がいいという意見に対して COVID-19 ⑭

抗体検査の記事が増えていますが「抗体検査は診断に使うのはかまわないが免疫がついているかどうかの判定はすべきではない」という意見が出ています。 例えば、以下などになります。 ①http://agora-web.jp/archives/2045105.html?fbclid=IwAR1qW7nBOqOIGsSdamwOns-Lu6oVIn4wUnDk4gCOFYCeow1Fcx_VkncjHX0 ②https://news.yahoo.co.jp/byline/onomasahiro/20200405-00171520/?fbclid=IwAR2y-OJwAqHcbnJWLcxMaV5HvibF7 […]

no image

微生物に関するパラダイムシフト(常識の大きな変革)

パラダイムシフトとは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することを言います。 たとえば、天動説から地動説への転換のようなことがこれに当たります。 このブログでは、パラダイムシフトというには大げさかもしれませんが、特に病気や健康に関して、現在いわゆる「常識」といわれている考え方を大きく変革する新しい考え方をいくつも伝えています。 微生物の記事を終えるに当たり、このブログで説明してきた微生物に関連するパラダイムシフト(考え方の大きな変換)をまとめて示します。   ①人は超個体である 私たち人は、単独で生きている存在 […]

no image

帯状疱疹の激増と低年齢化はブースター効果の減少による

まず、免疫についての基本的な知識のおさらいになります。免疫とは、もともとは、一度感染した病原体(ウイルスや細菌など)に二度とかからないことを言います。例えば、一度はしか(麻疹)に感染すると、二度とはしか(麻疹)にかからないことをはしか(麻疹)に対する免疫ができたと表現します(二度なし現象)。 病原体に感染した場合に免疫がつく強さは、病原体がどの程度、体に影響を与えたかで決まります。強く体を蝕む感染症に対しては、当然強い免疫をつけて次の感染に備えるということです。 例えば、かぜを起こすウイルスに対する免疫のつき方を解説すると・・・ ①軽いのどの症状だけで済む場合(のどの一部だけの影響) ②さらに […]

PageTop