日本の現在の陽性者数の増加はCovid-19の第2波なのか?

「日本の現在の陽性者数の増加はCovid-19の第2波なのか?」

6月末より、新型コロナウイルスの日本での感染者数(検査の陽性数)が激増しているとされています。

一説では、早くも第2波が出現と言われています。一方では、検査数も激増しており、患者数はまったく増えておらず、数を水増ししているだけという意見もあります。

情報にはまったく反対の意見を含めて様々なものがあり、調べれば調べるほど何を信じていいのかわからなくなっています。Covid-19ではとくにその傾向が強くなっています。

事実は一つですが、真実は人それぞれで人の数だけあります。人は今までの自分の考えに合っているものやそうであってほしい情報だけを選択的に集める傾向があります。

何が本当か迷った時は、人の「意見」を見るのではなく、「事実」だけを見ます。そして自分の頭(自己軸)で判断することをお勧めします。

本当はデータも自分で解析するのがいいのですが、これはなかなか難しいことが多いですね。私は可能な限り自分でデータを解析します。

まずは、今回の記事の結論です。

・流行の第1波(5/10頃まで)と現在(7/19)では検査する基準が大きく異なるため単純に数を比較できない

・検査陽性率(陽性者数/全検査数)でみると、今までの陽性者数の推移ととても近くなり、今までと今後の数字の比較が可能になる。

・日本では現在は第1波がほぼ収束し、陽性者数が少ないくすぶった状態と考えられる(今後も完全に0になることはありません!)

・陽性数は補正した後でも現在微増しているように見え、これがくすぶった状態か第2波に移行するかは不明

・重症者数や死亡者数は今の所増加を認めていないが今後の推移を見る必要がある

以下に詳しいデータを示していきます。

まず患者数の推移を図1に示します。

この補正しないままのデータでは、現在、2つめの山を築きそうな感じで患者数は明らかに急増しています。このままいくと、第1波以上の大きな山を形成しそうな勢いにも見えます。

次に、検査数ですが、Covid-19は無症状(感染者の半分から2/3)や軽症者が多いのが特徴です。検査数を増やすと、これらの今まで検査してこなかった人も拾うことになり、当然陽性者数も増えます。

日本で検査数が大きく増えているのは、第1波(主に疑いが強い人限定)と現在(無症状を含めて広く検査)では検査をしている対象が大きく異なっているということが大切です。

また、日本の患者数の大部分しめる東京都では、メインの検査機関以外での報告を途中から追加しているためカウント数が増えています。

検査や報告の仕方が違えば、陽性者数だけではなく、あらゆる数字(致命率や罹患率など)が違うことになります、つまり、第1波(5/10頃)までと現在の数字をそのまま繋げて考えること自体が大きな問題になります。

以上を踏まえて、検査数の推移を図2に示します。

多くの人が指摘していますが、検査数も大きく増えています。検査数の増加は日本では患者数の増加とまったく同じ形で推移しているように見えますので、これをみると、現在の患者数の増加はただ単純に検査数を増やしているからとも見えます。

そこで、陽性者数を検査数で割った陽性率を計算し、さらに極端値(0.2以上)を除いて補正したものを図3に示します(この作業をしないとグラフの全体像が大きく歪みます)。

結果は陽性率と陽性者数は第1波の推移もほぼ同じ形になります。これで、陽性者数の推移を第1波までと現在を連続して考えることができるようになり、これが本当の実態により近いのではないでしょうか。

この図をみると、日本の現状は第1波がほぼ収束し、感染者の発生がくすぶっている状態になります。

しかし、補正をした後のこの図でも、現在患者数は少し増加傾向にあり、これが本格的に第2波のようになるのか、くすぶった状態がだらだら続くのかは、もう少し推移をみないとわからないことになります。

次に、重症者数と死亡者数の推移を図4に示します。

6月末からの重症者数と死亡者数は全く増えておらず、減少から横ばいの状態が続いています。

ただし、陽性者数の増加から重症者数や死亡者数増加には、1〜2週間のズレがありますので、今後これらが増加するかどうかを見る必要があります。6月末から陽性者数は増えていますので、もし変動があれば、まもなく数字に変化が見られる時期に入ると思います。

重要なことは、今後は陽性者数の推移よりも、重症者数や死亡数の推移を見ていく必要がありことです。

今回の記事のまとめです。

・日本では流行の第1波と現在では検査する基準が大きく異なるため、実際の検査数も大きく増えており、単純に比較できない

・新規陽性者数を検査数との比(検査陽性率)にし、若干の補正をすると、今までの陽性者数の推移ととても近くなり、今までと今後の数字の比較が可能になる。

・補正したデータでは、日本では現在、第1波がほぼ収束し患者数が少ないくすぶった状態と考えられる

・しかし、検査陽性数は補正した後でも微増しているように見える。これがくすぶった状態か第2波に移行するかは不明

・重症者数や死亡者数は今の所増加を認めていないが今後の推移を見る必要がある

・「コロナはない」「患者数はすべてねつ造」などと安直に結論を決めてしまうと事実との整合性がとれずに思考停止となる

補足になりますが、データの解析はどのデータベースを使うかにより異なります。世界の3大データベースの一つであるour world in dataでも同じ解析をしてみましたが、結論は同じで、よりわかりやすい結果(図5)になりました。

日本や狭い範囲のデータを見ているだけでは、偏った考えや結論になります。次回は、世界の主要80カ国の解析データと照らし合わせて今回の記事を検証してみます。

これまでに書いた記事のまとめは以下を参照してください。

COVID-19関連の記事が増えていますので、私の記事のリンク集を新しくしました。あわせて、ブログもぜひご参照ください。https://shizenha-ishi.com/blog/・超過死亡の記事リンク①超過死亡について(6/…

本間真二郎さんの投稿 2020年6月20日土曜日

私の新刊「感染を恐れない暮らし方」も好評発売中です^^

http://urx.blue/0VXK

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

no image

日本政府主導の抗体検査の結果発表!? COVID-19㉒

5/14に政府主導の新型コロナウイルスの抗体検査の結果が出ないという記事を書いたのですが、翌日5/15の早朝に発表がありました。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59137890V10C20A5MM0000/?fbclid=IwAR0wmBcQnWkVVNL4pVjVIlpDx9ahcNZK2LxS-bnz2sZQm_cPmwJ_fKr7Sis 結果は、500検体のうち抗体陽性は東京都と東北地方でそれぞれわずかに3検体と2検体であったとのことです。抗体保有率は単純計算で、東京都で0.6%、東北地方で0.4%になります。 これは、前回紹介した現時点で国内 […]

no image

最も重要な情報の簡潔なまとめ(2/21) COVID-19①

いまさらながらですが^^私は医師であり、臨床は小児科学、研究はウイルス学、ワクチン学が専門になります。米国NIH(国立感染症研究所)に3年間程留学し、分子生物学(遺伝子工学ともいいDNAやRNAなどの遺伝子を切ったり、繋いだり、合成したりします)を使いロタウイルス、ノロウイルスなどの研究をしていました。 現在、新型コロナウイルス(COVID-19)が巷を騒がしていますので、一応専門家??として、何回かにわたって解説し記事にしてみます。 今回の新型コロナウイルスは昨年末(令和元年12月頃)に中国の湖北省武漢市で出現したとされていますが、感染拡大にともない、連日、ニュースや報道番組、ネットなどで様 […]

no image

月刊「壮快」2018年10月号「腸内細菌が作る短鎖脂肪酸が腸の内外で大活躍」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。 今月号(2018年10月号)は連載第10回目「腸内細菌が作る短鎖脂肪酸が腸の内外で大活躍」です。 短鎖脂肪酸とは、腸内細菌が産生する短い脂肪酸(炭素数2~5個)のことです。あまり解説されないことが多いのですが、腸内細菌が作り出すたくさんの物質の中で、最も重要といってよいくらい大切で、腸内細菌のほとんどの作用を担っています。 短鎖脂肪酸は、大腸の栄養源であり、消化管に直接作用する以外にも消化管以外のあらゆる臓器にまで(ホルモンや神経伝達物質のように)メッセンジャーとして作用しています。 代表的なものは酢 […]

no image

雑誌 「天然生活」の2020年7月号に私の特集記事が載りました。

シンプルで丁寧な暮らしを楽しみ、育むことをコンセプトにしている雑誌「天然生活」の今月号(2020年7月号)に私の特集記事が載りました。 新型コロナウイルス騒動の大変な中、とても丁寧に、くわしく取材していただきました。 今回の特集は「健やかに過ごすため」です。私の記事は「病気にならない暮らし方」として、今までの活動の紹介を含め、考え方の要点をとても分かりやすくまとめた記事になっています。雑誌「天然生活」は写真もとってもきれいですね^^ 内容は、以下になります。 ①どんな生き物も自然から離れられない ②医の前に食があり、食の前に農がある ・農について ・食品の栄養価が下がっている理由と対処 ・微生 […]

no image

WEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」に私の記事がのります。

WEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」で私の記事がのります。 3回連載の予定です。「mi-mollet(ミモレ)」は、講談社による、読者の多彩な内容に対するリアルな声を拾い上げ、答えていくというコンセプトのミドルエイジ女性向けWEBマガジンです。 連載は以下になります。 ・昨日(6/9)は、第1日目「コロナと共生する知恵」手の洗いすぎ、消毒のしすぎは感染リスクを高める恐れもhttps://mi-mollet.com/articles/-/23726 ・本日(6/10)は、第2日目ウイルス感染を予防する日常生活の習慣「鍵は腸内環境にあり」」です。https://mi-mollet.com […]

PageTop