「なす子育ちの会」さん主催の「子どもの病気とワクチン」の講演会の質問の答え ②アレルギー

ブログを更新しました。

昨日に続きまして、先日の4月17日にありました「なす子育ちの会」さん主催の「子どもの病気とワクチン」の講演会の質問の答えの続きです。

 

個人的なご質問に関しては、ブログやフェイスブックではお答えできませんので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

質問がとても多いため、いくつかの項目(①食②アレルギー③ワクチン④生活⑤薬や病気⑥その他)に分け、何回かにわたって回答する予定です。

今回は②アトピー・アレルギーについてになります。

 

①食に関しては以下を参照してください。

「なす子育ちの会」さん主催の「子どもの病気とワクチン」の講演会の質問の答え ①食について

 

講演会でお答えできた質問に関しては、参加された方がとても分かりやすくまとめていただいていますのでご参照ください。ありがとうございます!!

http://ameblo.jp/ulysses310/entry-12270251803.html

 

以下、アトピー性皮膚炎をアトピーとしています。

 

Q8 アレルギー検査は必要でしょうか

A8 「乳児湿疹」あるいは「アトピー」と「食物アレルギー」は違う病気です。検査で引っかかっている食材を食べたからと言って湿疹が悪くなることとは関係ありません(じんましん、かゆみなどとしての症状は出るかもしれませんが)。

お金がかかる、苦痛である、時間がかかる、検査の値で食べさせる方針に違いがない、などの理由から、私は、即時型アレルギー(IgE)も遅延型アレルギー(IgG)ともに検査不要と考えています。

これらはアレルギーの結果であって原因ではないのです。実際に検査の値と症状は全く相関しません。検査の値ではなく、実際に食べさせてみてどうなのかが重要ということです。

基本は「食事の制限はしない」ことで、検査の値にかかわらず、積極的に食べられるものを増やして良いでしょう。明らかにじんましんのような症状が出るものは止めます。新しい食材を食べ始める時の原則は以下の2点です。

①ごく少ない量からはじめ(ひとさじから)、大丈夫なら量を増やしていく

②加工(加熱)したものから生のものに近づける

ただし、食物アレルギーという状態が病気としてあることは間違いありません。この場合、じんましんや下痢をするものだけ除去します。もちろんそれでもご両親が不安な場合、アナフィラキシーなど強い反応が出る場合は、病院で相談され、負荷試験が必要になる場合もあります。

 

Q9 乳児湿疹はアトピーに移行しますか、また、それぞれの違いとは

A9 私は乳児湿疹とアトピーは病態が全く異なると考えています。ただし、治療方などの対応が適切でなければ、乳児湿疹の子がアトピーになりやすい傾向があるとは思います。

乳児湿疹は、通常1歳未満に発症し、病態的には生まれてきた時に持っている毒を出している状態です。毒を出し切れば治るので、毒を出す事が最優先であり、その他の食事内容などは経過にほとんど関係しません。

例えば、母乳であるか人工乳であるか、離乳食の内容、サプリメントをとるかとらないか、薬(漢方薬を含む)を使用するかしないか(ステロイド以外)などです。最も重要な対策は十分な栄養を摂ることになります。

一方、アトピーは主に1歳以降に発症し、病態的にはアレルギー的(蓄積疾患)です。不自然な日常生活の蓄積により発症し、治るためには生活の改善が必要になります。

例えば、食生活(摂るもの、摂らないもの、油、化学物質、水分など)生活(睡眠、ストレス、運動、日光、除菌、入浴、化学物質、塩素)などについてです。

 

Q10 アレルギーは克服できる病気でしょうか、また、その方法は?

A10 アレルギーには免疫の異常がベースにあります。私たち人は腸内細菌などの膨大な数の微生物と共存している生態系であり、これらの微生物と連携しないと免疫系をコントロールできません。

産業革命以来の微生物を排除してきた生活の結果、私たちの免疫系はコントロールを失い、暴走しやすい状態になっています。

例えば花粉症に見られるように、本来は敵ではない花粉を攻撃してしまうのが花粉症(アレルギー)であり、同じく本来は攻撃してはいけない自分の細胞を攻撃してしまうのが自己免疫疾患、膠原病です。

産業革命から250年ほどたっていますので、現代の先進国に住む人たちは、残念ながら生まれながらにしてアレルギーを発症しやすい状態になっています。

しかし、これだけで発症するわけではなく、このベースの上に不自然な生活(食事、生活、心の状態、環境毒、さらなる微生物の排除)の積み重ねがアレルギーを引き起こしていきます。

ですからアレルギーの克服には特別な薬やサプリメントや健康食品を摂ることではなく(すべてに意味がないとはいいませんが)、生活のあらゆる面を自然に沿ったものにすることが重要です。

とくに腸内細菌の状態がとても大切です。腸活という言葉が流行ってきましたが、免疫系に指令を出しているのが主に腸内細菌ですので、まずは徹底的に腸内を元気にする生活を始められるとよいでしょう。

大切なことは、すぐに結果を求めず、地道に続けること。○○したことにより病気が治るのではなく、生活を自然に戻すことにより自然が治してくれるのです。

 

ここでお話ししていることは、現代西洋医学(以下、現代医学)とは根本的な考え方のベースが異なります。現代医学を否定している訳ではありません(現代医学は現代医学の範囲に限っては、ある程度の整合性を持っています)が、現代医学だけでは非常に狭い範囲でのものの見方になると考えています。

 

 

関連記事

no image

栃木県那須町で「子どもの病気、アレルギー、予防接種について」の講演会

昨日は栃木県那須町で今年の初めての講演会でした。 那須町は、いつもお世話になっている「なす子育ちの会」さんなどもあり、今まで最も多くの講演会を開催していただいている私にとってはありがたい地域になります^^ 風が強く、朝は雪も降る天候のなか、福島県や埼玉県など栃木県外からも一般の方を含め140名程がご来場され、そのうちの3分の2位は初めてのご参加でした。 講演会のテーマは「子どもの病気、アレルギー、予防接種について」で、内容は以下のようになります。 ・ 病気の本当の原因と意味 ・ 対症療法と根本療法 ・ すべての生き物は地球の分身 ・ 腸内細菌の重要性 ・ 人の歴史と病気 ・ 心 ・ 遺伝子 ・ […]

no image

栃木県小山市と埼玉県さいたま市での講演会

昨日1/20は、午前中は栃木県小山市、午後は埼玉県さいたま市と講演会日和になりました^^ 栃木県は地元になりますが、小山市での講演会は初めてでした。 テーマは「自然に沿った暮らしと食、自然に沿った子育て」で、について、内容はいつものように、病気の原因、心、遺伝子、免疫、食、アレルギー、子どもの病気、予防接種など様々な面からお話ししました。 いつもお世話になっている主催の 石川 均 (Hitoshi Ishikawa)さん、スライドをお手伝いしていただいた 三國 由騎 (Yoshiki Mikuni)さん、自然派のパンを持ってきていただいた Pou Painさんをはじめ、スタッフの方々にお世話に […]

no image

栃木県那須町での統合医療シンポジウムでスピーチさせていただきました

昨日(2019年3月6日)は、栃木県那須町にある那須まちづくり広場で統合医療シンポジウム「近代医療から統合医療へ」にゲストスピーカーとして参加しました。120名以上ものご来場があり、教室がイスでいっぱいになっていました。県外からのご参加もありました。 講師を務められた日本統合医療学会の小野直哉理事は、那須町は日本、いや世界で最も進んでいる統合医療のモデル地区ではないかという感想を述べていました。スゴイですね^^ 私は、自然派の医師になった経緯と現在の活動について自由なスタイルで楽しく述べさせていただきました。私の話の内容は簡単には以下のようになります。 ・すべての病気の原因は不自然な生活にある […]

no image

東京都三鷹市の認定保育所「みたか中央通り保育室」の講演会

昨日は、東京都三鷹市の認定保育所「みたか中央通り保育室」主宰で「微生物と緒内細菌」の講演会でした。 みたか中央通り保育室は設立当初より自然流子育てで高名な真弓貞夫先生の育児理念を取り入れている保育所です。何より子ども達にとって何が良いのかを考えており、とくに3歳までの愛情と食事を重要という考えのもと、脳と腸内細菌の発達も目標にいれているそうです 食事は、和食で加工食品を使用しない手作りとし、五分つき米を取り入れ、具だくさんの味噌汁、お魚 や煮物などになります。おやつもお米にしています。個人だけでなく、仲間と一緒に成長することを援助することを目標に掲げ、手作りのおもちゃや、安全なおもちゃ、環境に […]

no image

栃木県那須町「 なす子育ちの会」さんで講演会

昨日は栃木県那須町でいつもお世話になっております「 なす子育ちの会」さん主宰の講演会でした。 他県から参加されている方、スタッフも含め70名近くの御参加があったそうです。栃木県那須町は、地元の栃木県ということもあり、これまで最も多くの講演会を開催していただいており、私の講演会の常連さん達も多数参加されていましたが、それでも半分以上は初めて参加される方でした。なんでもここ数日で多数の参加希望の方が増えたそうです。ありがたいですね^^ 講演会のテーマは「自然に沿った食・生活・心・子育て」で、内容は以下のようになります。 ・わたしがお伝えしている事の要点 ・西洋医学の問題点 ・対症療法と根本療法 ・ […]

PageTop