栃木県那須町での統合医療シンポジウムでスピーチさせていただきました

昨日(2019年3月6日)は、栃木県那須町にある那須まちづくり広場で統合医療シンポジウム「近代医療から統合医療へ」にゲストスピーカーとして参加しました。120名以上ものご来場があり、教室がイスでいっぱいになっていました。県外からのご参加もありました。

講師を務められた日本統合医療学会の小野直哉理事は、那須町は日本、いや世界で最も進んでいる統合医療のモデル地区ではないかという感想を述べていました。スゴイですね^^

私は、自然派の医師になった経緯と現在の活動について自由なスタイルで楽しく述べさせていただきました。私の話の内容は簡単には以下のようになります。

・すべての病気の原因は不自然な生活にある
・治療(医療)とは突き詰めれば以下の2点になる
 ①自然治癒力をどのように高めるか
 ②自然治癒力の邪魔をしない
・私の考える自然に沿う生活とは、あらゆる面で人、動物、植物、微生物、環境、地球にとっていい生活をすること
・医の前に食があり、食の前に農があり、農の前に微生物がある
・作物においての根、土(微生物)が人においての腸、腸内細菌に相当する
・腸および腸内細菌の状態が人の健康にとってもっとも大事
・人は体と心の両方からなり、両方が健全ではじめて健康になる

さらに、今回は統合医療シンポジウムでしたので、私の考える「統合」についても簡単にお話ししました。以前も書きましたが、これからの世界は分離から統合に向かいます。その時に大切なのは多様性を認め合うことだと思います。

分離しているものの統合を果たすには2つの方法があります。
①あらゆる多様性を否定して全員を同一のものとすれば全体が同じ一つに統合される(一見、皆が平等で便利になりますが、個性や多様性はなくなる)

②あらゆる多様性を出し合って全体で一つに統合される(この場合1人では一つの事しか出来ないので必然として協力し合う関係になり、自然に統合される)

真っ白なキャンバスに皆で絵を描きます。
全員が黒色を持つと絵を描こうとしても黒で塗りつぶすことになります。これは絵にすらなりません。一方、全員が違う色を持つとあらゆる可能性の絵を描けます。ただしこの時に自分の我だけを通すと絵になりません(抽象画のようにはなるかもしれない)。皆で協力する必要がありますね。

そして①がグローバリゼーションの正体です。今は全世界が全速力でこちらに向かっているのが現状ですとお話ししました。

現在は、全国どこに行っても同じコンビニがあり、100円ショップがあり、同じファーストフードの店があり、同じアパレルの店があります。そして、皆同じ番組を見て、皆同じ考えを持ち、皆同じ言葉を使い、皆同じ行動をし、皆同じ所で笑わされます、さらに皆と同じ行動をしない人を攻撃したりします・・・そしてグローバリゼーションは、ネット環境の発達によりますます加速して行くことになります。

この状態は便利で快適で平等であるとも言えます。まさに「平成」つまり「皆が平に成った」世の中です。一方で皆に合わせるだけというのは、自分は存在していなくとも良いという意味になりますね。平成は間もなく終わりになりますが、今後日本はどの方向に向かうでしょうか?

多様性とは、個性であり、人の持つ可能性であり、自由であり、生きる意味と言い換えてもいいと思います。つまり、多様性を否定する(一つの同じ価値観しか認めないという態度)とは人間の可能性を否定する事であり、存在理由を失う事でもあるのではないでしょうか。

 

関連記事

no image

宇都宮市での子どものための自然療法のお話し会終了しました

  7月8日は、宇都宮市で自然育児子育てサークル「にこのわ」さん主催で「子どものための自然療法のお話し会」を開催していただきました。   満員でキャンセル待ちも多数出たということで大変嬉しく思います。   気持ち良くお話しさせていただきました。 スタッフの皆様方に改めて感謝いたします。本当にありがとうございました。   また、今回のお話はとても重要な基本となることですので、このブログでも、繰り返し触れて行くことになると思います。   今回は宇都宮の自然育児のお話し会の初回ですので、総論の総論というか問題点の根本の根本の話です。   私の話は「自然に沿っていれば病気にならない」という事 […]

no image

2018年初夏の健康合宿in烏山の開催が決定しました

自然派医師の本間真二郎先生による2018年初夏の健康合宿in烏山開催のお知らせです。 テーマは「微生物と共生する暮らし」〜多様性を認め合い、分離から協調の方向へ〜になります。 自然派医師の本間真二郎先生による初夏の健康合宿in烏山の開催のお知らせです。 新著「病気にならない食と暮らし」出版に関連して、暮らし・食・子育てについて、実践を交えながら一期一会の皆で学び、楽しみましょう。夜はホタルがみられるかも? 毎回恒例、本間医師の「ここだけのお話」も乞うご期待。 今回も少人数となってしまいますが、地域の協力者・参加者がみんなで作りあげる手作りの会となります。 本間医師の講座(下記③、⑦)のみ、単発 […]

no image

栃木県立烏山高校で講義

昨日(9月18日)は、地元の栃木県立烏山高校で高校生に講義でした。 この講義は、烏山校校外学習「烏山学+」のプログラムの一つとして行われていますが、私は昨年より講師としてお話しさせていただいています。 テーマは「命と向き合う」で、私のいつもの活動を中心に楽しくお話しさせていただきました。 ・なぜ医師である私が今のような生活をし、活動しているのか ・意識が生き方(生活、行動、考え方)を決めており、意識次第でどのような人にもなれる ・意識が健全であると、人も、動物も、植物も、微生物も、環境も、社会も、地球もすべて良くなる ・病気ではなく人を見る ・なぜ人は病気になるのか ・病気にならないためにはど […]

no image

2019年初夏の健康合宿in烏山

恒例となりました「初夏の健康合宿in烏山」は栃木県那須烏山市郊外の大自然に囲まれた古民家「おおぎす」で6/1(土)と6/2(日)の2日間にわたって開催し大盛況で終わりました。 テーマは「蛍舞う里山で分かち合う、健やかな暮らし」でした。 遠くは北海道や大阪府からスタッフを含め、のべ60人以上が参加されました。 1日目は「私が考える、自然に沿った生き方とは」と題して講義を行いました。 病気の根本は日常生活にあり、日常生活を正す事が唯一の根本療法と考えていますので、日常生活の柱である①食②生活③メンタルの3つの面から私の考える健康的な生き方を解説しました。 合宿限定で、とくに心の話を少しだけ深い内容 […]

no image

宇都宮市の済生会宇都宮乳児院の講演会

昨日は、栃木県宇都宮市の済生会宇都宮乳児院で講演会でした。 テーマは久しぶりに「アレルギーについて」でしたが、内容は以下の様に盛りだくさんでした。 ・西洋医学の問題点 ・対症療法と根本療法 ・病気の原因 ・微生物と病気の関係 ・アレルギーの激増 ・アレルギーの本当の原因 ・アレルギーに対する基本的対策 ・乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違い ・乳児湿疹の基本的、実践的対策 ・アトピー性皮膚炎の基本的、実践的対策 ・ノンステロイド、脱ステロイド治療の実際 ・ ・・ などになります。 済生会は、全国に多数の病院や診療所を有する日本最大の社会福祉法人で、済生会宇都宮病院は、様々な救急医療、高度医療を行う […]

PageTop