雑誌 「天然生活」の2020年7月号に私の特集記事が載りました。

シンプルで丁寧な暮らしを楽しみ、育むことをコンセプトにしている雑誌「天然生活」の今月号(2020年7月号)に私の特集記事が載りました。
新型コロナウイルス騒動の大変な中、とても丁寧に、くわしく取材していただきました。
今回の特集は「健やかに過ごすため」です。私の記事は「病気にならない暮らし方」として、今までの活動の紹介を含め、考え方の要点をとても分かりやすくまとめた記事になっています。雑誌「天然生活」は写真もとってもきれいですね^^
内容は、以下になります。
①どんな生き物も自然から離れられない
②医の前に食があり、食の前に農がある
・農について
・食品の栄養価が下がっている理由と対処
・微生物とは
・食の考え方
③日常の生活を整え、病気に負けない心と体を作る
・感謝すること
・理論より実践を
・自給自足の生活
・体にやさしい食
・住んでいる土地の微生物
・・・
もちろん新型コロナウイルスについても最も大切な要点を解説しています。
興味を持たれた方は、ぜひ今月号の「天然生活」をご覧ください。
 
また、私の新刊「感染を恐れない暮らし方」もどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

no image

自閉症と微生物の関係~自閉症の最も根本の原因も微生物の排除にある~

自閉症は、以下を特徴的な症状とする神経発達障害です。 ①人との関わりが難しい ②言葉の発達の遅れ ③反復あるいはこだわり行動 現在では、典型的な(古典的)自閉症以外の類似の疾患は自閉症スペクトラム障害としてまとめられています。 自閉症もアレルギーや自己免疫疾患と同じように、近年、恐ろしい勢いで増加し続けています。 自閉症は1943年に初めて報告されていますが、全米小児科学会の発表では、発生率は、1970年代は3300人に1人、2000年150人に1人、2009年100人に1人、2015年68人に1人になります。この傾向は日本を含む先進国で共通して見られます。 発生率の増加は「診断基準の変化や診 […]

微生物の役割

最近のテレビのコマーシャルなどに見られるように、現代生活には様々な抗菌グッズがあふれています。 細菌などの微生物が1つもいないことが、正しいことで、健康にとっても良いという考えがまかりとおっています。 つまり、微生物は基本的に悪いもので、なるべく排除しようという考えです。 ワクチン接種に関してもこのような考え方がベースにあるかもしれません。 私は、これらの考えはとても短絡的で危険だと考えています。 「基本的には抗菌グッズはそもそも不自然なものですから、健康にとって良くない」ということになります。実にシンプルで難しい理論や理屈は必要ありません。 しかし、これだけでは納得できない人も多いかもしれま […]

no image

DIYで子どものおもちゃ「ドールハウス」を作りました

娘の誕生日に趣味のDIYで子どものおもちゃ「ドールハウス」を作りました。 簡単にできると思っていたのですが、なかなか大変でした^^ ドールハウスは、壁で覆ってしまうと暗くなり、また遊びにくくもなるため、骨組みに近い状態で支える構造にする必要があります。 材料はシンプルに木材とペンキのみ、道具はのこぎり、やすり、スクリュードライバーくらいです。個性的なデザインも考えたのですが、置き場所などの問題もあり、シンプルなものに落ち着きました。屋根は塗装無しでもよかったのですが、ご指定を受けましたので赤にしています。 楽しく、いっぱい遊んでほしいですね^^ 私の新刊「感染を恐れない暮らし方」も発売になりま […]

no image

一般家庭での新型コロナウイルスの感染予防(2/25) COVID-19④

連日、新型コロナウイルスの記事を書いています。今までの記事のリンクを以下にまとめておきます。ぜひ合わせてご参照ください。 最も重要な情報の簡潔なまとめ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226 新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2623921001266236 新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/262 […]

no image

日本の一つのクリニックでの抗体検査の結果です COVID-19⑲

個人のクリニックですが、一般市民の希望者200名で抗体検査(簡易キット)を行い、約6%で陽性(つまり抗体を持っている=すでに感染している)という結果でした。 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020043090070748.html この結果は、1クリニックの結果であり、 ①検査数がとても少ない ②検査を受けた人の集団の地域や年齢分布などの補正をしていない ③検査キットの感度や特異度が不明 などの問題がありますが、先日の慶応病院でのCOVID-19と関係のない人(総数67名)でのPCR陽性者と全く同じ割合(6%)になっています。 https://www […]

PageTop