私の新しい本「自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全」が出版になります

私の新しい本「自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全」がついに出版になります\(^o^)

 出版は大和書房からで、発売日は719日(木)で全国の書店での販売になります。

アマゾンではすでに予約を受け付けています。

https://www.amazon.co.jp/dp/4479784349/

 アマゾンで注文していただいても、とても嬉しいのですが、できれば長く親しまれる本にしていただくためにも、お近くの書店で注文していただきたく思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回は私の3冊目の本で、内容は「子どもの暮らしと成長・発達」についてになります。理論的、科学的な西洋医学的な考え方と、哲学的、全体的な自然という両方の視点から、知識、考え方、対処法などについてまとめた、今までにないまったく新しいタイプの「子育て・子育ち本」になったと思います。

 

 以下のように可能な限りあらゆる項目を網羅しましたので暮らし・体・心のこと「大全」としていただきました。

・自然に沿った衣食住・生活

・学校給食

・妊娠前・妊娠中・産後2か月の過ごし方

・母乳、卒乳

・離乳食

・発達障害

・アレルギー(乳児湿疹、アトピー、脱ステ、ノンステも)

・ワクチン

・心(構造、発達、親子のつながり、心と体と病気の関係)

・病気についての考え方

など・・・(さらに詳しい項目は記事の最後に付けています。)

 

 全8章からなりますが、すべての章が1冊の本に匹敵する程の充実した内容になっていると思います。たくさん書きたいことがある私の意向を快く受け入れた頂いた出版社(大和書房さん)に感謝です。今回は今まで書かなかったような内容も含め、ほとんど制限なく書かせていただきました^^

今までの私の考え方の集大成としてのまとめになります。

 

 とてもたくさんの項目を扱っていますが、それぞれの項目が連動しており、自然に沿うという一貫したコンセプトを感じていただければ幸いです。

 はじめから読んでいただいても、興味のある項目を先に読んでいただいても大丈夫なようにまとめています。個人的には、すべての項目に関連している最後の第8章(病気の章)から読んでいただくのがお勧めです。

 

 いわゆる子育て本ですが、子どもの健康や病気にならない生活は、大人やお年寄りも共通であり、病気や健康に関心のあるどの人にも読んでいただいても、必ず得られるものがあると思います。

 

 是非、多くの人に読んでいただきたいと思います。

ご意見ご感想もお待ちしています。

 どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

合わせて、以下の本も参照していただければ幸いです。

「病気にならない暮らし事典」

https://www.amazon.co.jp/dp/4860087070

「病気にならない食と暮らし」

https://www.amazon.co.jp/dp/4860087623/

 

 今回の本の各章の詳しい項目は以下になります。

第1章 衣食住

・食事の基本

・食事の7原則

・なるべく避ける食べ物

・食品添加物

・学校給食の問題点

 

第2章 生活

・自然に沿った生活とは

・早寝早起き

・外で遊ぶメリット

・微生物と触れ合う生活

・ゲームについて

・姿勢について

・土と触れ合う工夫

・手洗いやうがい(滅菌、除菌)の考え方

 

第3章 妊娠前、妊娠中の生活

・妊娠前、妊娠中、産後2ヶ月の過ごし方

・産科医療の現状

・新生児医療の今

・帝王切開での出産とVBACについて

・不妊治療・出生前診断をどう考えるか

 

第4章 母乳、人工乳、離乳食、成長発達

・母乳のメリット

・母乳が出ない時、詰まる時の対策

・断乳・卒乳の時期

・離乳食について

・身長、発達曲線の見方、考え方

・発達障害について

 

第5章 アレルギー

・アレルギーの激増

・アレルギーの本当の原因

・アレルギーのメカニズム

・アレルギー全般に対する対策

・乳児湿疹とアトピー性皮膚炎について

・ノンステロイド(ノンステ)と脱ステロイド(脱ステ)

・軟膏(ステロイド、保湿剤、免疫抑制剤)の使用について

 

第6章 ワクチン、感染症

・ワクチンをうつ前に 総論

・ワクチンの効果 重症な感染症を制圧したのはワクチンではない

・ワクチンの副作用 

・ワクチンに含まれるもの

・必要性の低いワクチン

・人に移すことを防ぐことを目的にしていないワクチン

・感染症にかかることの意味について

 

第7章 心

・意識と無意識について

・心はどのように発達するか

・親と子どものこころの結びつき

・良い心の状態とは?

・ミラーニューロンで「子どもは親の鏡」が説明できる

・しつけ、ほめ方、叱り方

・心と身体と病気の関係

・ほとんどの病気の背景には心の問題がある

 

第8章 病気とホームケア

・病気とは

・症状とは

・病気が治るとは

・お母さんは家庭のお医者さん

・すぐ病院に行くのではなく、ホームケアを第一に考える

・出すこと(発熱、鼻水、せき、下痢、嘔吐など)は浄化の作用

・解熱剤は、自然に病気を治す経過に影響を与える

・抗菌薬(抗生剤)は必ず飲まなければならないものではない

関連記事

no image

私の4冊目の本「感染を恐れない暮らし方」が発売になります

私の4冊目の本「感染を恐れない暮らし方」が緊急発売になります。 出版社は講談社で、書店での発売は6月13日前後になります。 すでにアマゾンでも予約可能(6月11日発売予定)になっています。 http://urx.blue/0VXK 私の1冊目の本「病気にならない暮らし事典」は、現在も多くの方に手に取っていただいていますが、出版社の閉鎖により、残念ながら絶版となりました。幸い、すぐに再出版のオファーをいただき、今回「感染を恐れない暮らし」として、新たに発売することになりました。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、私がこれまでに発信している記事は20以上になっています。今回の本は前半部分に今ま […]

no image

季刊書籍「自然栽培」の今季号(Vol.15)に私の特集記事が載りました

季刊書籍「自然栽培」の今季号(Vol.15)に私の特集記事が載りました。 「自然栽培」は映画にもなった「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんが監修されている季刊書籍です。農から始まる地球ルネッサンスをコンセプトとし、自然栽培を中心とした食と農、健康などを中心に様々な情報を発信しています。 これまでも「タネ」「食」「土」「がん」など、とても興味深い特集記事をまとめており、私も毎号出るのを楽しみにしています。 今季号の特集は「あなたも、地球も「菌」でできているよね。」です。 私は「微生物に守られている人と土」という記事で登場しています。 私がいつもお伝えしている ・自然に沿った暮らしとは ・医、食、 […]

no image

新刊「自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全」のサンプル本が届きました

私の新刊「自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全」のサンプル本が届きました。 とても良い仕上がりになっていると思います。 実物を目の前にすると、やっぱり嬉しく、苦労して出来上がった分、感慨深いものがあります^^ 書店への配本は7月17日(火)で、7月19日(木)には全国の書店でお求めになれると思います。 アマゾンではすでに予約を受け付けています。 https://www.amazon.co.jp/dp/4479784349/ 今回の本は、子どもとの暮らし・体・心全般についてで、いわゆる子育て本になります。さらに、今回の本の中には、子育てだけでなく健康や病気に関しての普遍的な考え方も含まれ […]

私の本「病気にならない暮らし事典」の発売が決定しました

私のはじめての本「病気にならない暮らし事典」の発売日が決定しました\ (^o^)/   出版社はセブン&アイ出版で、書店での発売は11月16日になります。 アマゾンでも予約可能になっています。     今回の本は、いつも講演会などでお伝えしている、病気にならない生き方全般の「総論」と食、生活、環境(農)、医のあらゆるテーマについて、具体的に実践できる方法を事典風にまとめた「各論」からなります。   病気や健康に関して、あらゆる情報が氾濫している中、広く長期的な視点から、最新の考え方も含めて網羅的に情報を集め、自分なりに分析し、まとめました。どのようにすれ […]

no image

私が参考にしている発達障害に関係する本の紹介

昨日、自閉症や発達障害の根本原因が腸および腸内細菌であり、そこを改善することにより予防、治療が可能であるという記事を書きました。 本日は昨日の記事の補足で、私が参考にしている発達障害に関係する本を紹介いたします。すべて一般書で難しい論文などを集めたものではなく、一般の人も読めるものばかりです。 実際に発達障害を持つご両親やご家族の方だけではなく、教育関係者、行政機関の方、発達や療育に関わる方々や医師など医療関係者にも読んでいただきたいと思います。 既にたくさんの書籍がありますので、重要と思われるものから並べますが、一つでも二つでも実際に手に取り、読まれる事をお勧めします。 発達障害は、薬を飲む […]

PageTop