月刊「壮快」2018年12月号「腸内細菌が喜ぶ食事で腸内細菌を復活させよう」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。

今月号(2018年12月号)は連載第12回目「腸内細菌が喜ぶ食事で腸内細菌を復活させよう」です。

世界の食をみると、暮らす国や地域により全く内容が異なります。現代のような流通がない時代は、自分の住む環境から得られるものしか食べられませんでした。しかし、それでもほとんどの人は健康に生きてきました。

例えば・・・
・私は動物性とくに四つ足動物の摂取をあまりお勧めしていませんが、イヌイットはかつて動物性食品100%(植物が育ちません)で皆元気に生活していました

・マサイ族は、これまた私がお勧めしていない牛乳を1日に数リットルも飲むそうですが、みな健康そうですね

・パプアニューギニアの高地に住む人たちは、食事のほとんどをタロイモという1種類のイモだけで済ませていましたが、みなプロレスラーのように筋骨たくましく、健康でした。

人類全体で遺伝子の99.6%は共通していますが、なぜ、健康的な食事にこんなにも多様性があるのでしょうか?

人は食べたもので出来ていますが、食事は病気や健康とは関係ないという意見が出てくるのも不思議ではなくなります。しかし、この意見はあまりに短絡的ですね。

人だけを考えていても答えは出ません。
つまり、ポイントは腸内細菌です。

人、一人ひとりは、たくさんの微生物と共存している生態系であり、人のすべての営みは、共存している微生物との関わり合いの中にあるのです。

人の細胞、消化、吸収、栄養、代謝・・・などの知識ももちろん重要ですが、それ以上に、共存している微生物との連携が大切なのです。

腸内細菌が元気であれば、粗食でもあらゆる栄養素を腸内細菌が補ってくれますし、少々の有害物も処理してくれます。

そして、普段食べている食事に合わせて腸内細菌が育っていくのです。イヌイットにはイヌイットの、マサイ族にはマサイ族の、パプアニューギニアの人はパプアニューギニアで元気に生活するための腸内細菌をそれぞれ持っているのです。

ですから、日本に住む日本人には、それに合った食事があります。また、日本には日本固有の微生物がおり、日本に住む生物を健康に育むためにあらゆる環境を調節してくれているのです。

つまり、日本で健康に暮らすためには、そのための腸内細菌を元気にすることが最も大切なのです。

今回の記事は、腸内細菌を元気にする食事を解説しています。
・日本の伝統食である和食
・なるべく添加物や加工食品をつかわない自然食
・まごわやさしい

これらに関しては新刊「自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全」にも詳しく書きましので、ぜひ合わせて参考にしてください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4479784349/

関連記事

no image

欧州のCovid-19第2波の現時点での解析(11/20)

現在、欧州で第2波が来ていることは以前の記事で書きました。下記の前回の記事から2週間ほど経過していますので、第2波の中間報告と今後の予想をしてみます。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2852586808399653https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2857304337927900 今回解析した国は、今までも解析しているヨーロッパの28カ国(西欧21カ国と東欧7カ国)になりますが、現在すべての国で第2波を認めます。現時点で第2波が収束した国はありません(アイスランドだけほぼ収束) […]

no image

一般家族内で新型コロナウイルス感染が疑われたり、すでに発症者が出た場合の対応(2/26) COVID-19⑤

連日、新型コロナウイルスの記事を書いています。今までの記事のリンクを以下にまとめておきます。ぜひ合わせてご参照ください。 ①最も重要な情報の簡潔なまとめ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226 ②新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2623921001266236 ③新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/ […]

no image

遺伝子変異(型)による死亡率や重症度に違いはない

GISAIDの新型コロナウイルス遺伝子のデータベースを使って現在(2020年12月1日)までに、世界中から報告された新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の全ウイルス(総数183,422ウイルス)の遺伝子変異を解析しました。 新型コロナウイルス遺伝子の分類法には現時点で主に3種類あります。3つの分類法の関係は図を参照してください・Nextstrein:https://nextstrain.org/・GISAID:https://www.gisaid.org/・cov-liniages.org:https://cov-lineages.org/ それぞれの分類法に利点と欠点があり、含まれるウ […]

no image

下野新聞に私の新しい本『感染を恐れない暮らし方』が紹介されました

本日(6/7)の下野新聞に私の新しい本『感染を恐れない暮らし方』が紹介されています。とってもありがたいです^^ Amazonでの発売は6/9、書店の店頭には6/11頃に並ぶ予定です。どうぞよろしくお願いいたします。http://urx.blue/0VXK

no image

超過死亡について・超過死亡①「COVID-19第1波のまとめ①」

日本を含めたアジアや欧米ではCOVID-19の第1波は収束しつつあります。そこで、現時点でのまとめを何度かにわけてまとめます。 COVID-19の第2、3波の備えを考える上で、第1波から見えてきた新型コロナウイルスの本当の実態を明らかにし、今までの国の対策の評価をすることが大切になります。その際にとても重要になるのが抗体検査と超過死亡になります。 抗体検査に関しては、すでに何度も解説しましたが、現在の市販のキットでは正確性に大きな問題が指摘されています。正確性の高い実験室レベルの抗体検査の1日も早い開発が望まれます。 一方の超過死亡がなぜ重要なのかと言うと、超過死亡は検査(PCR検査、抗原検査 […]

PageTop