免疫のとても簡単なまとめシリーズ⑤『免疫は「働く」ことと「調節できる」ことの両方が大切』

シリーズで、できるだけだれにでも分かるように免疫の解説をしております。
いままでの記事を読んでいただくと理解が深まります。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2805909419734059


免疫は「働く」ことと「調節できる」ことの両方が大切です。あまり指摘されないのですが、非常に重要な部分になります。よく使われる「免疫力を上げる」という言葉ですが、本来は「免疫を調節する能力を上げること」とも言えるのです。


以下にわかりやすく解説してみます。


免疫が「働く」とは「異物を排除すること」になります。
免疫の「調節」とは「免疫反応をいつ始めるのか、どの程度の強さにするのか、いつ止めるのか」ということになります。


ラジオで説明すると、ラジオ本体(が壊れていないこと)が「働くこと」でスイッチやボリュームが「調節」になります。


免疫が働かなければ、普通はまったく問題にならない常在菌や常在ウイルスでも病気(感染症)になったり、軽い感染症でも重症になります。また、発生したがん細胞を取り除くこともできません。


ですから、まずは免疫がしっかり働かなくてはなりません。しかし、免疫はできるだけ強く働けばいいのかというとそうではないのです。


免疫が強く働きすぎると、異物だけでなく、普通は反応しなくてもいいもの(花粉や食べもの)に反応したり、自分の正常細胞や組織までも排除してしまうからです。これがアレルギーや自己免疫疾患になります。


免疫が働かない=弱すぎると異物を排除できませんし、調節が悪く、働きすぎる=強すぎると自分を傷つけることになりますので、免疫は強すぎても弱すぎても問題だと言うこともできます。


実は、現代人は免疫の働きが悪いこと以上に、免疫を調節する能力がとても低くなっています。


その証拠がアレルギーや自己免疫疾患の急増に示されています。アレルギーはたった50年前は1000人に1人、70年前は10000人に1人程でしたが現在では2〜3人に1人と激増しています。自己免疫疾患もアレルギーに劣らない勢いで急増しています。


さらに、急増している現代の病気である現代病(アレルギー、自己免疫疾患以外にも生活習慣病、がん、うつ、発達障害など)のほとんどは免疫の調節障害=暴走と考えてもいいのです。


なぜ、現代人は免疫の調節能力が落ちているのでしょうか?


最も重要なポイントは、免疫力として実際に働いているのは免疫細胞(白血球)ですが、調節するためには腸内細菌などの常在菌(かつての寄生虫も)が必要なことにあります。

ヒトは単独で生きているのではなく、腸内細菌などの常在菌や常在ウイルスと共存している生態系(超個体)です。これらは、本来は異物(非自己)なのですが自己のように排除されません。


常在菌や常在ウイルスは自分の近くの微生物を取り込むことでできていきます。免疫系は、生まれてからずっと自分の近くにどのような微生物がいるのかを確認し、共存する菌を体内に取り込んでいきます。共存できない微生物は排除します。


免疫系が適切に働くためには、これらの微生物と常にやりとりをして、どこから排除を開始するか、どの程度働くかなどの調節を練習する必要があるのです。


つまり、免疫力を上げること=免疫を適切に調節する(暴走を防ぐ)ためには、微生物と触れ合うこと、腸内細菌などの常在菌を整えることが最も本質的なことになります。


最後に今回の記事のまとめておきます。
・免疫は「働くこと」と「調節できること」の両方が大切
・免疫が働かなければ、感染症になりやすい
・免疫の調節が悪いと現代病(アレルギー、自己免疫疾患、生活習慣病、がん、うつ、発達障害など)になる 
・COVID-19の重症化や死亡は免疫の暴走(調節不全)が関係している
・現代人は免疫の調節能力がとても低下している
・免疫系の調節には、微生物と触れ合うことと腸内細菌の状態が良いことが大切である
・現代病の本質は環境、及び体内の微生物を排除していることにある


これまでに書いたコロナウイルス関連の記事は以下にまとめています。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2728645230793812

関連記事

no image

最も伝えたいこと

プロフィールにも書きましたが、私は、地域の勉強会や講演会で主に健康や医療に関してのお話をさせていただいています。   このブログでも、今後様々な話題を取り上げたいと考えています。例えば・・・ 病気の原因と対処法、自然流の生活、自然療法、予防接種(ワクチン)、薬、 アトピー・アレルギー、脱ステロイド、自律神経、 自然食、食養法、砂糖、牛乳、肉食、油、 自然農、発酵食品、微生物、経費毒、放射能、脳毒 など   テーマや内容にはとてもたくさんのものが含まれるのですが、実は、最も伝えたい大切なことはたった一つです。 「病気の原因のすべては自然に反した生活にある」ということです。 & […]

no image

一般家族内で新型コロナウイルス感染が疑われたり、すでに発症者が出た場合の対応(2/26) COVID-19⑤

連日、新型コロナウイルスの記事を書いています。今までの記事のリンクを以下にまとめておきます。ぜひ合わせてご参照ください。 ①最も重要な情報の簡潔なまとめ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226 ②新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点) https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2623921001266236 ③新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/ […]

no image

塩みりんの仕込み

米麹が完成しました。とても良い出来です^^ 焼酎の在庫がありますので、この米麹を使って「塩みりん」を仕込みます。 モチ米3kgをせいろで蒸し、蒸し米にします。せいろいっぱいの大量仕込みになりました。後は、この蒸し米に米麹、天日塩、焼酎を入れ、混ぜるだけです。6か月以上たったら使えます。 後の写真は、わが家で仕込んだみりんの1年物(左)と2年物(右)になります。ゆっくりと熟成が進んでいきます。熟成が進むほど美味しくなりますね^^    

no image

甘酒づくり

先日作った米麹を使って甘酒を作りました。 作り方はとても簡単です。 もち米を普通に炊き、同量の米麹とお湯を加え、魔法瓶で一晩置くだけです。 たまには甘いものが欲しくなります。甘い物のとり過ぎはもちろん禁物ですが、甘酒には腸内最近を元気にするオリゴ糖がたくさん含まれています。 腸および腸内細菌を元気であれば、たまに甘い物とっても大丈夫でしょう。以前書いた甘酒の記事も参考にしてください。 https://shizenha-ishi.com/blog/food/48/ https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/1786684838323194 htt […]

no image

免疫のとても簡単なまとめシリーズ③「自然免疫系について」

シリーズで、できるだけだれにでも分かるように免疫の解説をしております。いままでの記事を読んでいただくと理解が深まります。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2805909419734059 前回、免疫系には大きく自然免疫系(通常時免疫)と獲得免疫系(感染時など災害時免疫)の2種類あることを説明しました。今回は自然免疫系について少し詳しく説明します。 自然免疫系は免疫という体を守るシステムのはじめのステップです。正確には、病原体(ウイルスや細菌)が入ってくる前から常に働いています。決まった相手ではなく、異物なら何にでも反応するのと記憶を持た […]

PageTop