感染症の流行の解釈とCOVID-19の陽性率

感染症の一つの流行は、多くの場合、正規分布のような発生を示し、この一つの山を波と表現します。初めての波が第1波、2番目の波が第2波(・・・以下同様)になります(図1-①)。


横が経過時間(通常は日数)、高さが発生した人数(陽性数)になります。


頂点をピークと言い、流行がピークを超え、発生が増加から減少に移ることをピークアウトと言います。ピークの高さとピークまでの時間(つまり、ピークアウトまでの経過)で一回の流行のだいたいの規模がわかります。


ピークまでの期間は流行が拡大している期間、ピークを経過した後は流行が収束に向かっている期間になります。図の上り坂や下り坂が急であれば感染の拡大や収束(おさまり)が速く、緩やかであれば、遅くなります。


図1は、一つの感染症の一つの流行の典型的な経過を示しましたが、COVID-19では、一つの流行が収束した後も、患者の発生がゼロになることはなく、少数の発生がずっと続くことになり、私はこれを「くすぶり」と呼んでいます(図1-②)。


この発生がくすぶった状態は、今後もずっと続くということが大切です。おそらくワクチンや新薬が登場しても大きくは変わることはないでしょう。そして、このくすぶった状態からは、いつでも第1波、第2波・・・が発生してもおかしくない状態になります。


一つの国での発生数の推移の模式図とその解釈を図1-③に示します。


大きな山を3つ認めますので、この国ではこの期間に第1波から第3波まで3つの流行があったと解釈されます。


第2波と第3波の間のとても小さい山は小流行とも考えられますが、くすぶりなのか流行なのかはっきりしません。これを一つの流行と解釈すれば、全体で4つの流行があったことになりますが、カウントするかしないかの明確な基準はありません。


流行の推移を見る場合、一つの国(あるいは地域)では陽性数の検査は検査基準や検査方法が同じであることがとても重要です。


まず、通常の感染症であれば無症状の人は検査を受けませんが、COVID-19では現在、無症状の人にまでPCR検査を拡大しています。


例えば麻疹(はしか)の様にウイルスをもらった人が、ほぼ100%の確立で間違いなく感染し発症する感染症の場合は、検査の感度を上げても陽性数が変わりませんので全く問題ありません。


しかし、今回のCOVID-19は、ウイルスをもらっても1/2〜2/3は無症状と考えられています。


さらに、Ct値をはじめとするPCR検査の感度も極限近くまで上げています(ただし、ウイルスが1個もいない場合は、どんなにCt値を増やしても陽性にはなりません)。

このように現在の検査基準や検査方法では、検査数を増やせば増やすだけ、本当の病気の人以外(ウイルスがいるだけで本来は感染や発症しない人)が陽性になる数(擬陽性といいます)も増えることになります。


実際に、とくに日本を含めた先進国では、第1波と第2波ではPCR検査数が大きく異なります。


わかりやすい例として、第1波の後に、くすぶり期があり、その後第1波と同じくらいの大きさの第2波が終了しくすぶり期に入っている国があったとします(図2-①)。


そして、第2波の時の検査数が第1波の3倍に増え、その後も少しずつ増やし続けた場合の陽性数(図2-②)と陽性率(図2−③)の推移を示します。


陽性数では流行の現状はまったくわからなくなり、陽性率を計算することにより本当の流行の推移に戻すことができます。


いままでの記事で示したように、実際に世界中のほとんどの政府系機関やマスコミが使用している陽性数の推移は、死亡数と大きくかけ離れており、それを正す簡単な方法が陽性率の計算になるのです。


これまでに書いた記事のまとめは以下を参照してください。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2728645230793812
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

no image

ステロイド依存症

乳児湿疹やアトピー性皮膚炎(以下アトピー )の子がものすごく増えていますが、私は治療にステロイド剤の使用をお勧めしていません。理由は、これらの治療にステロイド剤が必要ないためですし、ステロイド剤の副作用、抵抗性、依存性を考えると逆に使用してはいけないと考えています。 私は、ステロイドを使わない医師の団体に入っています。この団体に所属している医師数は約50人程になりますが、現在の日本の総医師数は約31万人ですので、割合としてはとてもとても少ないことになりますね。 このリンク先の子どもへの医師の治療は、私がお勧めしている治療のほとんど真逆をしています。しかし、病院を35カ所受診しても解決にはならな […]

no image

現代ビジネスオンラインで私の新刊の特集記事が公開されました。

現代ビジネスオンラインで私の新刊の特集記事が公開されました。 『ウイルス研究者が語る「守るべき暮らし方」』になります。https://gendai.ismedia.jp/articles/-/73006 私の新刊「感染を恐れない暮らし方」の中のたくさんの項目のわかりやすく簡潔なまとめになっており、主な内容は以下になります。 ・変異する新型コロナ、今後も感染の可能性はある ・自然に沿って暮らせば、病気にならない ・ウイルスによる感染症は、薬では治せない ・新型コロナから回復する唯一の方法は自然治癒力 ・自然と離れた暮らし方が感染後の重篤化を招く ・からだの防衛にかかわる常在菌のためには、過度な手 […]

no image

日本の陽性者数の増加を世界のデータから解析する

前回の記事でも書きましたが、日本や狭い範囲のデータを見ているだけでは、偏った考えや結論になります。 5大陸の世界各地(アジア、中東、西欧、東欧、北アメリカ、南アメリカ、アフリカ、オセアニア)の主要な80の国と地域(以下80カ国)のデータをまとめました。まとめた80カ国のリストを図1に示します。 ちなみに現時点でのCovid-19の流行の大まかの傾向は以下のようになっています(図2)。 アジア 一部で感染拡大中 中東 感染拡大中 西欧 第1波の収束中 東欧 感染拡大中 北アメリカ 第1波の収束中 南アメリカ 感染拡大中 アフリカ 感染拡大中 オセアニア 第1波収束後 80カ国中では、未だ感染が拡 […]

no image

COVID-19の日本と米国の現状 2020年11/14の時点

前回の流行の際、使われる用語とほとんどの政府系機関やマスコミが使用している陽性数と私が計算している陽性率との解釈の違いを解説しました。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2860138790977788 今回の記事は、これを踏まえて、日本とUSA でのCOVID-19の状況を解説します。 はじめに、日本です(図1)。COVID-19の発生初期から現在(2/23〜11/14)までの陽性数、陽性率、死亡数の推移を図に示します。 検査陽性数でみると、現在、日本は現在第3波の始まりに入っているように見えます。  まず第2波ですが、第1波に比べてピ […]

no image

塩みりんの仕込み

米麹が完成しました。とても良い出来です^^ 焼酎の在庫がありますので、この米麹を使って「塩みりん」を仕込みます。 モチ米3kgをせいろで蒸し、蒸し米にします。せいろいっぱいの大量仕込みになりました。後は、この蒸し米に米麹、天日塩、焼酎を入れ、混ぜるだけです。6か月以上たったら使えます。 後の写真は、わが家で仕込んだみりんの1年物(左)と2年物(右)になります。ゆっくりと熟成が進んでいきます。熟成が進むほど美味しくなりますね^^    

PageTop