ステロイド依存症

乳児湿疹やアトピー性皮膚炎(以下アトピー )の子がものすごく増えていますが、私は治療にステロイド剤の使用をお勧めしていません。理由は、これらの治療にステロイド剤が必要ないためですし、ステロイド剤の副作用、抵抗性、依存性を考えると逆に使用してはいけないと考えています。

私は、ステロイドを使わない医師の団体に入っています。この団体に所属している医師数は約50人程になりますが、現在の日本の総医師数は約31万人ですので、割合としてはとてもとても少ないことになりますね。

このリンク先の子どもへの医師の治療は、私がお勧めしている治療のほとんど真逆をしています。しかし、病院を35カ所受診しても解決にはならなかったのです。ワクチンにも共通しますが、多くの人がやっているから、多くの医師が指導しているから正しいということはありません。
https://www.chietoku.jp/isaiahs-skin/?fbclid=IwAR2XwUJepRrh33WhdshPWjxtQGIcLkGbHZtNfbN76dfSUODrEI1cBZt1Jq8

アトピーの治療ガイドライン(医師の標準治療)ではステロイド剤の使用が第一選択になっています。ですからほとんどの医師は、ガイドラインに従ってまずステロイド剤を処方します。

この場合、ステロイド剤を使用しない場合に、その後症状がどのように経過するのか、悪化した時どのように対処すればいいのか全くわからなくなります。

つまり、ほとんどの医師は、まずステロイド剤を使用するという選択肢しか知りません。医師は「わからない」とは言えない職業ですので、自分の知らないことを聞かれたり、そのような状況になることを非常に嫌います。ですから、ステロイド剤を塗らない選択をした患者に説教までして塗ることを強く勧める(場合により虐待という言葉を使いますが、怒りは恐怖の裏返しですね)のです。

私の本「自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全」には、アトピーや乳児湿疹について、考え方から対処法まで誰にでもわかるように詳しく解説しています。
例えば、
・乳児湿疹やアトピー性皮膚炎の本質とは?
・乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違い
・これらが急増している本当の理由
・食事、生活、心との関係
・これらに対する基本的な考え方
・これらに対する実戦的な対策
・ステロイド剤、保湿剤、その他の軟膏の考え方、使い方
・・・

西洋医学的な視点、自然療法的な視点、その他の包括的な見方からまとめている他には類をみない本になっていると思います。アトピーや湿疹でお悩みの方は勿論ですが、全ての医療関係者に読んでいただきたいと考えています。ぜひご参照くだされば幸いです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4479784349/

関連記事

no image

全米でヘンプ(大麻)栽培の合法化

ついに、全米でヘンプ(大麻)の栽培が合法化するとのことです(州レベルではすでに解禁されていました)。 https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2279668325691507 全世界で大麻の解禁(合法化)がものすごい勢いで進んでいます。医療用大麻はすでに20か国以上で使われていますし、嗜好用大麻もウルグアイとカナダで解禁になっています。 大麻にはカンナビノイド と呼ばれる特有の成分(化学物質)が60〜100種類以上含まれています。代表的なカンナビノイドの一つであるテトラヒドロカンナビノール(THC)が大麻の主な向精神性(欧米では主に多幸感であ […]

no image

ワクチンの効果を公正に評価してみます

昨日の記事で「無効率」なるものを紹介したのですが、予想通り「難しい!」という声が相次ぎました^^https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2873076219684045 本日の記事は、とっても簡単です! 「無効率」は私が考案しました。なぜこのようなものを考えたかというと「ワクチンを受けなかった時」にどうなるのかの目安がなかったからです。「有効率」という言葉がトリックのような数字ですので、まったく逆のトリック的な計算をしてみたのです^^ 難しく考える必要はありません。「無効率」とは、ワクチンを受けなかったらどのくらい損をするのか(発症しないとい […]

no image

欧州の超過死亡からみえるCOVID-19の真の姿・超過死亡② 「COVID-19第1波のまとめ②」

今回の記事は、検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)の方法や正確性に左右されない超過死亡のデータからCOVID-19の真のインパクトを推定してみます。 超過死亡についての解説は前回の記事を参照してください。 データは超過死亡の解析が詳しくなされている欧州の主要20カ国のデータのまとめサイトをもとにしています。 https://www.euromomo.eu/graphs-and-maps?fbclid=IwAR30F1u-9Rv1F9-_ebil6XYFojxBEyflM6wcBFCc-QSAvZg0uiacdgipeOw 日本の超過死亡の記事を書く予定だったのですが、大きな問題が生じています […]

no image

超過死亡について・超過死亡①「COVID-19第1波のまとめ①」

日本を含めたアジアや欧米ではCOVID-19の第1波は収束しつつあります。そこで、現時点でのまとめを何度かにわけてまとめます。 COVID-19の第2、3波の備えを考える上で、第1波から見えてきた新型コロナウイルスの本当の実態を明らかにし、今までの国の対策の評価をすることが大切になります。その際にとても重要になるのが抗体検査と超過死亡になります。 抗体検査に関しては、すでに何度も解説しましたが、現在の市販のキットでは正確性に大きな問題が指摘されています。正確性の高い実験室レベルの抗体検査の1日も早い開発が望まれます。 一方の超過死亡がなぜ重要なのかと言うと、超過死亡は検査(PCR検査、抗原検査 […]

no image

現時点(8/18)での第2波について全世界のデータから考える

情報には自分の意見に都合の良い部分(国など)のデータだけでまとめて簡単に結論づけているものがとても多くなっていると感じます。新聞やテレビ、ネットだけでなく医学論文であっても同様ですので、情報の解釈、活用には注意が必要になります。 今回の記事は、情報の得られる全世界208カ国すべてのデータから第2波について検査陽性数と陽性率、さらに死亡数との関係をまとめました。まず、いままでの私の記事からわかることを確認しておきます。 ・検査陽性と感染者を明確に区別する必要がある・流行は収まるが陽性者が完全に無くなることはなく、少数の陽性者が出る「くすぶりの状態」がこれからも続いていく・検査数が増えれば陽性者数 […]

PageTop