発酵食品

発酵食品は、様々な微生物の発酵によってつくられる食品です。微生物の力により、もとの食品から比べ、美味しく、長期に保存可能となり、栄養素が増すなど素晴らしい特徴があります。

私は、以下の様ないろいろな調味料や発酵食品を自作しています。

  • みそ
  • しょうゆ
  • 塩みりん
  • 塩麹・しょう油麹
  • 甘酒
  • 豆乳ヨーグルト
  • ラッシー
  • 納豆
  • 漬け物
  • ピクルス
  • キムチ
  • 奈良漬け

私が発酵食品を強くお勧めする理由は、私たちの健康に最も大切といえる腸や腸内細菌の状態を整える作用がとても強いからになります。

同じ発酵商品でも、原料は天然素材(有機無農薬か自然農)のものを使い、様々な添加物を使用しないで伝統的な製法(天然醸造)で作られた国産ものが良いのです。

発酵を支えているのは、さまざまな微生物ですが、なかでも日本の調味料類づくりはすべて、「麹菌」からはじまります(図)。私は、稲につく天然の稲こうじから麹菌を取り出し、麹をつくり、すべての調味料を作っています。

発酵食品の作り方、利用の仕方は、詳しくは拙書『病気にならない食と暮らし』をご覧ください。

PageTop