全米でヘンプ(大麻)栽培の合法化

ついに、全米でヘンプ(大麻)の栽培が合法化するとのことです(州レベルではすでに解禁されていました)。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2279668325691507

全世界で大麻の解禁(合法化)がものすごい勢いで進んでいます。医療用大麻はすでに20か国以上で使われていますし、嗜好用大麻もウルグアイとカナダで解禁になっています。

大麻にはカンナビノイド と呼ばれる特有の成分(化学物質)が60〜100種類以上含まれています。代表的なカンナビノイドの一つであるテトラヒドロカンナビノール(THC)が大麻の主な向精神性(欧米では主に多幸感であり幻覚などはほとんどないとされる)の成分とされています。この含有量により、大まかに嗜好用大麻(通常THC含有量が5%以上で医療用大麻を含みます)と産業用大麻(同0.3%未満)に分けられています。

日本で古代から使われてきたとされる元々自生していた大麻にはTHCがほとんど含まれていません。現在許可を得て栽培されている大麻も同様です。

産業用大麻には以下のようにとてもたくさんの優れた特長があります。
・毎年栽培可能で成長がものすごく早い(3~4か月で2~4メートルにもなる)
・栽培に肥料や農薬(防虫剤、除草剤)を必要としない
・土壌を回復し、土(微生物)を育てる(放射能を除去する可能性も)
・種、穂、葉、茎、根の全てが利用可能でほとんど捨てるところがない
・衣・食・住の全般に利用可能である
・数万種類以上の製品に加工可能で、現在石油で出来ることのほとんどを補うことができる
例えば、紙、繊維、服、プラスチック、コンクリート、化粧品、建材(基礎材、床材、壁材、断熱材、塗装材、浄化材など多様な用途に対応可能で耐火性、耐断熱性、耐水性、耐害虫性、吸音性、調湿性、耐久性に優れる)、燃料(バイオマス)・・・などあらゆることに利用できます。

大麻が解禁になれば、日本でも、石油や原子力に頼らずともエネルギーや繊維の自給自足が可能になります(米国の6%の農地で大麻を栽培すれば、米国の燃料の需要をまかなえるとされています)。車に使えば車体は12倍鉄より軽く、強度は10倍になり、さらに、燃料はヘンプ(大麻)オイルで走れます。

つまり、大麻は地球にやさしく環境保全だけでなく環境回復も期待できる循環可能な資源なのです。大麻は、現代社会が抱えている様々な問題を解決できる可能性を秘めている植物になります。

医療大麻は医療に使われる大麻でTHCやその他のカンナビノイド(とてもたくさんの種類があります)の薬効を利用します。

大麻の薬効は、強い抗酸化、神経防護、鎮痛、抗がん作用が有名ですが、その他にもとても多くの薬理作用があるとされています。例えば、沈静、催眠、食欲増進、眼圧の緩和、嘔吐の抑制、脳細胞の新生、抗けいれん、抗菌、利尿、抗不安・抗うつ、抗肥満、便秘の抑制作用などになります。

実際に大麻で何らかの治療効果が得られた疾患には図に示すように250種類以上のものが挙げられています(ウィキペディアより)。

様々なドラッグ=薬物は、依存(やめられないことで禁断症状を含む)や耐性(次第に多くの量が必要になる事)が問題になりますが、大麻はタバコ(ニコチン)やお酒(アルコール)よりはるかに依存や耐性が少ないとされていますし、砂糖やカフェイン以下という意見まであります。

日本の報道では、大麻がゲートウェイドラッグ(あらゆるドラッグを使用し始めるきっかけ)となることを危惧するものが多いですが、むしろ大麻には、コカイン、アルコール、オピオイド(鎮痛麻薬)の依存を緩和するという研究結果もあります。

私は「自然に沿った暮らしをしていれば病気にならない」「病気の多くも生活を自然に戻すことにより改善する」とお伝えしています。病気とは、今していること、今までしてきたことが自然から外れてしまったというサインです。

ですから日常生活(主に食、生活、メンタル)を正すことだけが根本療法であり、それ以外の全ては対症療法になります。つまり、大麻を薬として使用する時も、あくまで対症療法であり根本療法ではないことを理解した上で利用するのが良いと思います。

催幻性の問題もあります(日本と欧米で大きく意見が分かれている)ので嗜好品としての大麻には現時点では賛否両論があると思います。

日本は、大麻の扱いについて明らかに世界の趨勢に反しています。個人的には、現在の大麻がモンンサント大麻に置き替わらないうちに、解禁になって欲しいと思います。

関連記事

no image

月刊「壮快」2019年5月号記事「日本人にとって小麦粉製品は主食ではなく嗜好品」

健康雑誌の月刊「壮快」に「自然派医師が土をいじる。菌とたわむれる。」という記事を連載中です。今月号(2019年5月号)は連載第17回目 です。 戦後一貫としてあらゆる現代病、アレルギー、自己免疫疾患(膠原病)、がん、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)、うつ、自閉症、発達障害・・・がまさに激増しています。 これらの現代病は、日本では戦後から激増しています。病気は食事の影響だけではありませんが、食事から病気や健康を考察するときはこの視点がとても大切です。 先住民や原始人の食事から食事法を解説する意見もみられますが、その時代の食事や生活環境は想像や仮定のものであり、何でも言えることになりま […]

no image

免疫のとても簡単なまとめシリーズ③「自然免疫系について」

シリーズで、できるだけだれにでも分かるように免疫の解説をしております。いままでの記事を読んでいただくと理解が深まります。https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2805909419734059 前回、免疫系には大きく自然免疫系(通常時免疫)と獲得免疫系(感染時など災害時免疫)の2種類あることを説明しました。今回は自然免疫系について少し詳しく説明します。 自然免疫系は免疫という体を守るシステムのはじめのステップです。正確には、病原体(ウイルスや細菌)が入ってくる前から常に働いています。決まった相手ではなく、異物なら何にでも反応するのと記憶を持た […]

no image

ワクチンの有効率とは

ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンの第3相試験の中間結果が出ており、有効率90%だそうです。詳しい数字のデータは明らかになっていません。 皆さまはワクチンの有効率90%と聞いてどのような印象を持たれるでしょうか? 100人ワクチンを受けると90人の発症が防げるというのが一般的なイメージになるのではないでしょうか(図1)。 しかし、ワクチンの有効率という科学的な定義は全く違います。 ワクチン学での有効率とは、ワクチンを受けた場合、受けなかった時と比べて発症をどのくらいの割合で減らすかになります。 わかりにくいので、例を図2に挙げて説明します。文章だけでは難しいので、ぜひ図も見てください。 […]

no image

「検査陽性と感染と発症の違いをわかりやすく説明します」

新型コロナウイルスでは「検査の陽性者」を「感染者」として報道されていることがほとんどで、これはとてもとても重大な問題です。報道機関をはじめ、医師や専門家がこのことを指摘しないことはそれ以上に問題と言っていいでしょう。 今回の記事はこれらをわかりやすく、明解に説明します。 ①検査陽性とはCOVID-19では、途上国を含め、すべての国で検査はPCR検査によるものがほとんどですので、ここではPCR検査陽性のことを解説します。 PCR検査陽性とはPCR検査でウイルスが検出されたことを意味します。PCR法は何を検出しているのかというと、ウイルス遺伝子(コロナウイルスRNA)の断片(全遺伝子=ゲノムのごく […]

no image

超過死亡について・超過死亡①「COVID-19第1波のまとめ①」

日本を含めたアジアや欧米ではCOVID-19の第1波は収束しつつあります。そこで、現時点でのまとめを何度かにわけてまとめます。 COVID-19の第2、3波の備えを考える上で、第1波から見えてきた新型コロナウイルスの本当の実態を明らかにし、今までの国の対策の評価をすることが大切になります。その際にとても重要になるのが抗体検査と超過死亡になります。 抗体検査に関しては、すでに何度も解説しましたが、現在の市販のキットでは正確性に大きな問題が指摘されています。正確性の高い実験室レベルの抗体検査の1日も早い開発が望まれます。 一方の超過死亡がなぜ重要なのかと言うと、超過死亡は検査(PCR検査、抗原検査 […]

PageTop