検査陽性率の検討とCOVID-19の世界の現状(2020年10月末時点)

前回の記事で、現在第2波が来ているとされる西欧の解析のデータを示しました。要点は以下になります。
・現在、欧州ではCOVID-19の第2波が来ているのは確実である
・死亡数の増加はその程度も含めて陽性数ではなく陽性率(陽性者数/全検査数)の増加に一致して推移している。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2852586808399653


今回の記事は、世界の主要な80カ国のデータをまとめ、流行の現在のトレンドを概観し、陽性率と死亡率の関係も検討しました。


解析した80カ国のリストを図1に示します。この80カ国は、前回(7/22)に解析したものと同じ国になります。つまり、私の主張に合う様に意図的に国を選んでいるわけではありません。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2756597614665240


今回は、この中でPCR検査数のデータが不十分な14カ国を除いた66カ国(赤色は除外)で解析しています。


新型コロナウイルスの発生から現在まで(1/23〜10/25)の検査陽性数の推移から各国を以下の5つのグループに分けました。
①第1波が継続中の国(もちろん第2波は来ていない) 14カ国
②第1波収束後で第2波が来ていない国 8カ国
③第2波の継続中の国 37カ国
④第2波がすでに収束している国 6カ国
⑤分類不能の国 2カ国


さらに③の第2波が継続中の国には以下の2つの小グループに分けています。
・第1波と同程度か数倍程度の第2波が来ている国 24カ国
・第1波より遥かに大きい第2波が来ている国 11カ国


結果を表にまとめています。


現時点のCovid-19の世界の流行の大まかな傾向は以下になります(図2も参照)。
・ 西欧と東欧の全ヨーロッパでは、すべての国で第2波の始まりに入っている
・東アジアと中東の全アジアでは、第1波中の国、第1波収束後で第2波を認めない国、第2波中の国、第2波収束後の国がそれぞれほぼ同じ割合で混在している
・北米は、主に第2波中であり、第1波が継続中の国も少しある
・南米は、すべての国で長い第1波の終わりにさしかかっている。あるいは、小さい第1波後に継続して第2波が来たため、長い第1波のようにみえているかもしれません
・オセアニアでは、2カ国とも第2波が収束している
・アフリカはほとんどの国が第1波が収束しつつある時期であるが、第1波継続中の国と第2波が来ている国が1カ国ずつある


一つの流行は一時的には収束しますが、その後も少数の発生が続き、発生がなくなることはありません(おそらく今後ワクチンや治療薬が登場しても)。そして、その状態から第2波、第3波・・・はいつ来てもおかしくありません。


今までも繰り返して書いていることが全世界の解析から確かめられました。「コロナがない」としてしまうと現実との整合性がとれなくなります。


次に、陽性率(陽性数/検査数)を計算し、死亡数との関係について以下の2点を検討しました。
①陽性率と死亡数の推移(増加、減少、横ばい)が一致している
②死亡率の増減の程度がほぼ陽性率の上下の程度に一致している


表では以下のように色分けして示しています。
①②とも満たした場合を青 53カ国=80.3%
①だけの場合を緑 10カ国=15.2%
①②とも違う場合を赤 3カ国=4.5%


青と緑を合わせた国(つまり陽性率と死亡数の推移が一致している国)は95.5%にもなります。西欧だけでなく、世界中のほとんど国でみても、陽性率により死亡数の増減が程度も含めてほぼ予想できることがわかりました。


実は、各国から報告されている検査陽性数は以下の様々な理由により大きな違いがあります。
・検査自体の問題
  擬陽性など検査の精度の問題、検体のとり方、輸送、保存方法などの違い
・検査をする対象の違い
  積極的に検査する国、対象を絞って検査する国
・検査したくても出来ない国もある(途上国など)
  経済的な事情、スタッフや機器、検査薬の供給
・同じ人が何回も検査している数をどうするか
・回復後の陰性確認の検査数をどうするか
・抗原検査数を含めるか
・行政と民間の検査数を合わせるか
・曜日による変動
・データの抜けや後日になってからの修正がとても多い国がある
・検査の集計や解析方法、さらには報告基準
・・・


つまり、検査の基準や方法、報告の仕方がそれぞれの国によりまったく異なります。それにも関わらず、陽性率と死亡数の傾向が全体で95.5%の一致率というのは驚異的な結果になります。

陽性率は上に挙げた様々な要因の影響を受けないで解析できると考えられます。


全世界のほとんどの国で、陽性率により死亡率の推移(つまり流行の本当の深刻度)が(とくに、日本を含めた先進国では、ほぼ間違いなく)予測できることがわかりました。


各国の解析図は図21〜図70を参照してください。


日本やアメリカなどの主要国、現在第2波が来ている国の詳しい解析は次回以降の記事にします。


これまでに書いた記事のまとめは以下を参照してください。
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2728645230793812
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

no image

ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンの高い有効性に対する疑問

世界で最も権威のある医学雑誌の一つとして有名なBMJ(British Medical Journal誌)がホームページでファイザー社の新型コロナウイルスワクチンの高い有効性に対する疑問を表明しています。https://blogs.bmj.com/…/peter-doshi-pfizer-and…/ ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験の報告論文は以下になります。https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2034577 疑問を表明しているのはBMJの副編集長であるPeter Doshi博士で、以下のいくつかの点について、早急に生のデータ […]

no image

最も伝えたいこと

プロフィールにも書きましたが、私は、地域の勉強会や講演会で主に健康や医療に関してのお話をさせていただいています。   このブログでも、今後様々な話題を取り上げたいと考えています。例えば・・・ 病気の原因と対処法、自然流の生活、自然療法、予防接種(ワクチン)、薬、 アトピー・アレルギー、脱ステロイド、自律神経、 自然食、食養法、砂糖、牛乳、肉食、油、 自然農、発酵食品、微生物、経費毒、放射能、脳毒 など   テーマや内容にはとてもたくさんのものが含まれるのですが、実は、最も伝えたい大切なことはたった一つです。 「病気の原因のすべては自然に反した生活にある」ということです。 & […]

no image

しょう油麹の仕込み

今週末6月1日〜6月2日の健康合宿で行うしょう油作り講座のために、しょう油の仕込みをしています。 私の周りでも自前のみそを作る方が増えて来ていますが、しょう油は難しい印象があるためか、自作されている方はほとんどいないようです。 しかし、しょう油は豆麹を作る事が出来れば(あるいは種麹が手に入れば)とっても簡単に(みそよりも簡単に?)仕込む事が出来るのです。今回の講座では、しょう油作りの醍醐味を伝えられた嬉しく思います。 自分で作れば、材料を厳選することができますし、自分好みにもアレンジする事もできます。必ずしも完璧に出来なくとも、できたものの味わいは格別で健康にもいいものになると思います。 実践 […]

no image

ワクチンの効果を公正に評価してみます

昨日の記事で「無効率」なるものを紹介したのですが、予想通り「難しい!」という声が相次ぎました^^https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2873076219684045 本日の記事は、とっても簡単です! 「無効率」は私が考案しました。なぜこのようなものを考えたかというと「ワクチンを受けなかった時」にどうなるのかの目安がなかったからです。「有効率」という言葉がトリックのような数字ですので、まったく逆のトリック的な計算をしてみたのです^^ 難しく考える必要はありません。「無効率」とは、ワクチンを受けなかったらどのくらい損をするのか(発症しないとい […]

no image

「ワクチンの効果は有効率だけで判断しないようにしましょう」

「ワクチンの効果は有効率だけで判断しないようにしましょう」 〜効果についての新しい考え方を提案しています〜 先日はワクチンの有効率についての記事を書きました。今回の記事を読む前にぜひこちらも読んでください。 今回は、少し複雑ですが、ワクチンを受けないとどうなるのかの目安となるものを考案しました。時間がありません。多くの人に拡散をお願いいたします。 前回の記事で示した4パターンのいずれの場合もワクチン学ではまったく同じ有効率90%になりました。これは、一般の人がイメージするもの(図1)とは異なりますが、すべて発症した人を1/10の「割合」に減らしているから有効率は90%になるのです(科学的に間違 […]

PageTop